メジロと河津桜


河津桜も結構咲き始めました。
”スクショNG”に「ラブひな」赤松健氏も苦言…時代に適応できない日本の姿はコピーコントロールCDの時と同じ? 東京工業大学の柳瀬博一教授は「音楽業界におけるCCCD(コピーガードCD)の問題とよく似ている。90年代の終わりから2000年台前半にかけて、音楽の違法ダウンロードが流行った。これに対し、日本ではCCCDの動きが出たが、著作権侵害に対してはむしろ日本よりも厳しいアメリカではインターネット時代の新しいコンテンツの流れ方や情報共有を潰すのではなく、それをビジネスの仕組みに取り入れようとした。その発想からiTunesも出てきたし、その延長にAmazonミュージックやSportifyといったサブスクリプションモデルのビジネスが出てきた。日本はこれができずに、コンテンツの領域で負け続けている」と話していた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

焦点:エアバスA380生産中止、「欧州の夢」なぜ失速したか | ロイター世界の航空機の運航量は記録的な速さで増加している。だがこれにより需要が伸びたのは、旅客を目的地まで直接運べる、小回りの利くエンジン2基の双発機であり、ハブ空港まで旅客を運んで乗り換えさせるエンジン4基の巨大旅客機ではなかった。
A380の最大顧客であるエミレーツ航空など忠実な顧客は、544座席の機体は満席の場合、利益が出るとしている。だが、2階建て構造の巨大な機体を飛ばすための燃料代がかさむため、空席が1つ増えるごとに航空会社の財務に穴が開くことになる。

2036年の医師不足2.4万人 厚労省試算 「偏在解消」達成できず(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 厚生労働省が将来の地域の医師数を新たに試算した結果、医師の偏在を解消する目標年としている2036年でも全国335地域のうち約220地域で約2万4000人の医師不足が見込まれることが、関係者への取材で判明した。厚労省は試算に基づき青森、千葉、静岡、山口など15県を「医師少数区域」と定め、地元で一定期間働くことを義務付ける大学医学部の「地域枠」を重点的に配分するなど対策を加速させる。

「アルバイトへのボーナス不支給は違法」、大阪医科大が一転敗訴 大阪高裁判決(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 学校法人・大阪医科大学(大阪府高槻市、現・大阪医科薬科大学)のアルバイト職員だった50代の女性が、正職員との待遇格差は違法として、法人に約1270万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は15日、請求を退けた1審・大阪地裁判決を取り消し、約110万円の支払いを命じた。江口とし子裁判長は「賞与を支給しないのは不合理」と述べ、労働契約法に違反すると判断した。女性の弁護団によると、同種訴訟で賞与の格差を違法とする高裁判決は全国で初めて。

天皇陛下を「主犯の息子」扱い 韓国では罪や恨みは子が継ぐもの – ライブドアニュース さらに興味深いのは「主犯の息子」という言葉だ。
「近代法の概念では、親と子は別の人格権を持ちますが、韓国では、相手の罪はその死後、子が受け継ぐのです。恨みも同じで、親の恨みは子が継がなければいけません。先祖の恨みは水に流し、われわれの代では仲良くしましょう、という考え方は彼らにはありません。なぜなら、それは最大の親不孝だからです。よって、彼らの辞書に“和解”の2文字は、どこにもないということを知るべきです」と但馬氏。
 いずれにせよ、韓国は何かあれば「謝罪」を求めてくる。
「では、彼らはこちらが謝れば納得するのでしょうか? 逆です。韓国に謝るということは、飲めば飲むほど喉の渇く酒で乾杯するようなものです。謝られた方の韓国も焼けるような喉の渇きに身もだえして、おかわりを求めます。謝られた彼らも苦しいのです」(同)
 韓国がなぜここまで日本の神経を逆なでし、なおも今回のように虎の尾を踏むような言動に及ぶかといえば、一種の“懲罰願望”ともとれるという。
「徹底的に痛みの分かる形で対応することが、健全な日韓関係を築くための道にもつながるのです」と但馬氏は指摘している。

韓国の反日行動 どうして日本人は悪者にされるのか 戦争被害は彼らの祖父や曽祖父の世代が経験した話であり、その意味で、日本を糾弾する若者の意識は戦前に引きずられていると言える。もちろん、そうした過去の話を忘れられない人がいてもいいが、私はあえて、『北朝鮮と中国から受けた戦争被害にはなぜ引きずられないのか』と問いたい。
 太平洋戦争による韓国人の犠牲者は約2万人ですが、朝鮮戦争では50万人もが犠牲になっている。徴兵による強制連行は旧日本軍によるものよりさらに多かった。日本から受けた戦争被害とは桁が違うんです。でも、現代韓国の若い人にはこうした事実が教えられることはない。実はこうした韓国の偏向教育は、政権が保守系であろうが左派系であろうが変わるものではありません。教育現場やメディアの裏では、左翼活動に邁進する労働組合が蠢いているからです」
「日本=悪者」とレッテル貼りをした上で行なわれる韓国の反日活動に対しては、真に受けて怒りを表明したり、あるいは反対に「謝罪」を繰り返したりするのは有効な対抗策とは言えない。まず、その裏に何が隠されているかを見極める必要がありそうだ。

メルカリに続いて「いきなりステーキ」の海外展開苦戦のニュースからふと考える「確率思考の戦略論」の存在メルカリ、ペッパーフードサービスはそれぞれの勝算が描ける仮説を何かしらのデータから得たから進出に踏み込んだのでしょうし、それに至る過程でテストマーケティングなどを行っていないとは考えにくいので、断片的な報道からだけではどこに問題があったのかを判断することは止めておきましょう。
確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力 (角川書店単行本) | 森岡 毅, 今西 聖貴 | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon「ビジネス戦略とは確率論である」「成功確率はある程度操作できる」「需要予測はそのための有用な道具である」など、企業戦略に役立つ智慧と数式が詰まった上級者向けのマーケティング実践書。

Apple Watch Series 4の心電図機能、なぜ日本で使えないのか | 日経 xTECH(クロステック) 強固な建造物のような日本の医療制度でApple Watchの心電図機能が医療機器認証を取得するためには、あまりにも頑強で高い壁が存在する。その中で、ビジネスとしての合理性を見いだしにくいことは、ご理解いただけたであろう。

コメントを残す