今日のリンク

歯の神経抜く治療は半数が再発!?…感染防御が不十分のケース多く(読売新聞(ヨミドクター)) – Yahoo!ニュース そんな疑問を持って、歯の根を治療する「歯内(しない)療法」を専門にする歯科医を取材して回りました。
 そして知ったのは、驚くべき事実です。筆者やみなさんの多くが受けた治療は言ってみれば、「なんちゃって歯内療法」としか言いようのないものだったのです。
 どの歯科医が、基本に忠実に根の治療をしてくれるのでしょうか。日本歯内療法学会の宇井さんは「学会の専門医を選択するのもひとつの方法」と言います。ホームページで 専門医とさらに上位の指導医の名簿 を公表しています。保険か自費かという扱いはそれぞれです。動画を提供いただいた吉田さんは日本顕微鏡歯科学会という学術団体の副会長。根の治療は重要なテーマのひとつだそうです。そこでも 認定医制度 を設けています。こうした専門性を持つ歯科医に相談してもいいかもしれません。
 「神経を抜く歯内療法はうまくいかないから『しない』方がいいでしょ。だから『しない療法』って言うんですよ」と、虫歯外来を担当する親しい歯科大学教授が「なんちゃって歯内療法」をシャレにしていました。
 しないですめば苦労はしませんよ。筆者もすでに根にトラブルを抱える身、どうするか現在進行形で悩んでいます。そこで、せめて新たに歯を傷めないために、定期的に歯科に通って、虫歯が進む前に対処するべく努めてはいます。それが歯にとってベスト、長い目で見てきっと安上がりですね。

パスワード管理ツールの問題、セキュリティ研究者が指摘 メーカーは反論 – ITmedia エンタープライズ 場合によっては、マスターパスワードが抽出される恐れがあることも分かったといい、こうしたツールを使う6000万人のユーザーに影響が及ぶとISEは主張している。
 ただしISEは、パスワード管理ツールを使わないよう勧告しているわけではなく、「パスワード管理ツールは使った方がいい」という前提は変えていない。その上で、「パスワード管理ツールのメーカーはユーザーの秘密を守るために追加的な対策を講じる必要がある」と述べ、ユーザーに対しては、パスワード管理ツールを使っていないときは、完全に終了させるなどのベストプラクティスを提言している。
 Kaspersky Labのニュースサービス「threatpost」によると、ISEの報告に対しては、1Password、Dashlane、KeePass、LastPassの4社とも反論を寄せ、「この問題を解決すれば、もっと大きなセキュリティリスクが発生する」「この問題による現実的な脅威は限られている」(1Password)などと説明している。
続きを読む 今日のリンク