nogami のすべての投稿

今日のリンク

インフルエンザ全国で猛威 患者163万人、警報水準(共同通信) – Yahoo!ニュース 国立感染症研究所は18日、全国約5千の定点医療機関から13日までの1週間に報告されたインフルエンザ患者は1医療機関当たり38.54人で、警報レベルの30人を超えたと発表した。全国で推計約163万人の患者が医療機関を受診。約58万人だった前週の3倍近くなった。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

「テクノロジーナショナリズム」はサイバー攻撃者を利するだけ。透明性向上による信頼関係の再構築を | 広告企画 | ダイヤモンド・オンライン「国家間の対立が深まり、協力関係が失われれば、国境を越えて暗躍するサイバー犯罪者を利することになる」。そう警鐘を鳴らすのは、世界中の政府や民間企業に高度なセキュリティソリューションを提供するKaspersky Lab(以下、カスペルスキー)パブリックアフェアーズ担当バイスプレジデントのアントン・シンガリョーフ氏だ。同社は、各国の政府機関や企業がセキュリティソリューション企業に対して抱く疑念を払しょくするため、ユーザーから収集した脅威に関するデータを処理する施設をスイスに移転し、加えて製品のソースコードを規制当局に公開するなど、透明性向上への取り組みを開始した。その経緯と、取り組みの進捗状況について聞いた。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

知育玩具の定額制「トイサブ!」がおもちゃ業界にもたらす構造破壊 | サブスク化する世界 | ダイヤモンド・オンライン「トイサブ!」は0~3歳向けの知育玩具の定額制のサブスクリプション型レンタルサービスです。半年でおもちゃを交換するプランだと月額1580円から。また昨年末に4~8歳向けの「トイサブ!プラス」というサービスも立ち上げました。
ママさんプランナーがおもちゃを提案
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

日本の大病「報われてない感」への特効薬:日経ビジネス電子版 フォードの創業者のヘンリー・フォードは「1日5ドル」という、当時としては破格の賃金を払うことで、同社を世界的な企業に育てた。彼はのちに取材を受けるたびに、生産性向上と離職対策に大きな効果を上げたこの賃金政策について、「我々が考案した中で最高の費用削減の手段の1つが、1日5ドルの賃金を決めたことだ」と繰り返した。
 また、米スタンフォード大学経営大学院教授で組織行動学者のジェフリー・フェファー博士は、経営学を労働史から分析し「人件費を削ることが長期的には企業の競争力を低下させ、経営者の決断の中でもっともまずいものの元凶であることは歴史を振り返ればわかる」と説く。
 もし、もし、本当に「だってあげるカネがないんだもん!」というならわかる。だが、日本企業の内部留保はこの15年で倍以上に増えて446兆円超になり、そのうち221兆円を現預金が占める(2017年度「法人企業統計」)。また、経常利益は11.4%増となったが、設備投資は5.8%増、人件費は2.3%増にとどまった。
 なので経営者のみなさま、賃金をきちんと上げてください。もっともっと上げてください。安倍首相どもども、強く、強く、お願い申し上げる次第である。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

就業者、40年に1285万人減も=女性、高齢者の参加重要に―厚労省(時事通信) – Yahoo!ニュース これに対し、経済が成長し、女性や高齢者の就業が進む場合は就業者6024万人を確保し、17年に比べ506万人減にとどまる。人口減で就業者数が長期的にマイナスに陥る事態は避けられないが、発達した人工知能(AI)などを活用して生産性は向上し、一定の成長を実現できるとみている。 
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ららぽーと豊洲の緋寒桜と雀

大リーグ夢見て15歳から磨いた菊池の英語力:日経ビジネスオンライン スポーツにおけるグローバル化とは、単に国際感覚を磨くことではない。もちろんそれも大事なことだが、その本質は、戦う相手を知ることにある。そして、そうした思考や経験がアスリートとしての自信を深めることになっていく。
 だからこそ語学が必要になるのだ。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

経団連を標的、中国人ハッカー集団 ウイルスは2年潜伏(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 経団連が被害を受けた不正アクセス事件に、米司法省が「中国の国家安全省と関連している」と断定した中国人ハッカー集団「APT10」が関与していた疑いがあることが、朝日新聞社の取材で分かった。経団連に仕掛けられたウイルスの種類や外部通信先が、ハッカー集団を追跡している英国政府機関などの調査結果と一致した。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

中国サイバー攻撃、巧妙化…ミサイル情報も盗む(読売新聞) – Yahoo!ニュース 【ワシントン=大木聖馬】中国による米政府機関や米軍、民間企業に対するサイバー攻撃の手口が巧妙化している。大量の個人情報を集めてビッグデータの解析を行っているほか、サイバーセキュリティーの弱い企業を標的にするケースもある。米国の安全保障に関する情報も狙われており、米政府は摘発を強化している。

資産運用EXPO|リードエグジビションジャパン

ESVA「江東区英語会話力認定者協会」へようこそ
(ESVA:Koto English Speaking Volunteers Association)
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

10年後に“人余り”の可能性、政府は説明すべき:日経ビジネスオンライン このままAIの開発が進むと、日本で働いている人の約49%の仕事は、10~20年後にはAIに代替されるというのである。
 さらに18年には、「シンギュラリティ(技術的特異点)」という言葉が注目された。AIが発達して人間の知性を超え、人々の生活に大きな変化が起こるという概念である。早ければ45年、遅くとも55年には、今人間のやっているあらゆることがAIに代替され、人の仕事の90%がAIに奪われてしまうという。
 今年大学を卒業した世代にとっては、まさに彼らの働き盛りの時期にシンギュラリティが起こる可能性がある、というわけだ。
 こういった大きな問題があるということを、文部科学省と経産省はすでに把握している。経産省によるデータでは、5年後に145万人の人手不足となるが、10年後には人手が余ると出ているのである。
続きを読む 今日のリンク