nogami のすべての投稿

今日のリンク

ゲーム依存の実態とは 現実逃避し、借金しても止められず(産経新聞) – Yahoo!ニュース
 世界保健機関(WHO)総会は25日、オンラインゲームやテレビゲームのやり過ぎで日常生活が困難になる「ゲーム障害」を新たな依存症として認定した。薬物や酒などと違い、治療のための支援態勢が整っているとはいえず、関係者は「リスクが改めて認識されるきっかけになれば」と話す。

手取りが10万円減っている?厚生年金の保険料増加の背景にあるもの – ライブドアニュース年収500万円の人は8年前と比べて、手取りが10万円減少しているとのこと
ここ13年で、厚生年金保険料が約35%アップしていると家計コンサルタント
少子高齢化が影響しているようで、今後も改正が続くだろうと予想している
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

24日 きのうより更に暑く 真夏日地点続出の予想(tenki.jp) – Yahoo!ニュース24日も広く晴れ。関東以西は最高気温30度以上の真夏日の所が多くなる。福島で29度など、東北南部も真夏日に迫る所がありそう。

『あさイチ』にも登場したおからパウダーがすごい! 糖質オフ&健康生活が無理なくできる | ダ・ヴィンチニュース「パスタもピザも、サクサク衣の揚げ物も、おやつだって食べたいけれど、糖質オフダイエット中だから…」。そんな“食べられない”ストレスを、おからパウダーが解決します! しかもヘルシーなメリットがいっぱい。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

人生100年時代の蓄えは? 年代別心構え、国が指針案(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 人生100年時代に向け、長い老後を暮らせる蓄えにあたる「資産寿命」をどう延ばすか。この問題について、金融庁が22日、初の指針案をまとめた。働き盛りの現役期、定年退職前後、高齢期の三つの時期ごとに、資産寿命の延ばし方の心構えを指摘。政府が年金など公助の限界を認め、国民の「自助」を呼びかける内容になっている。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

オートロック不正解錠→住人殴る 「珍しい手口」に注意:朝日新聞デジタル 男性は翌日、警察官らとともにマンションのエントランスに設置された防犯カメラの映像を確認。バインダーを持った男がインターホンを鳴らす様子が映っていた。男はその後、紙のようなものをオートロックの自動ドアの隙間に差し込み、動かした。すると、センサーが誤作動したのか、自動ドアが開いた。男は小走りで、エレベーターへ向かっていった――。
オートロックは安全?メリットデメリットと侵入対策、内見時のポイント【スマイティ】センサー誤作動
外側からの侵入を防ぐオートロックシステムですが、内側(居住エリア)から屋外に出る場合、センサーが作動し自動的に開錠する仕組みです。この誤作動を利用して侵入できてしまうことがあります。
2014年にも実際に、この部分を利用しエントランスの外側からドアの隙間へチラシなどを差し込み、内側のセンサーの誤作動を起こさせるという侵入例がありました。事件として大々的になっていない事例まで含めれば数はもっと多いはずです。最新のオートロックでは対策がされているものも多いですが、希望物件のオートロックが未対応である可能性はゼロではありません。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

日本の道路、先進国の中でもっとも歩行者の死亡事故率が高い 2016年の国際道路交通事故データベース(IRTAD)によれば、日本と欧米諸国の年間死亡事故のうち、歩行者・自転車が巻き込まれた事故の割合を比較すると、フランス20.8%、スウェーデン23.7%、ドイツ27.6%、イギリス30.5%に対し、日本は50.2%に上る。
 このデータを見る限り、日本の道路は“歩行者にとってリスクが高い”ことは明白だ。歩行者が自動車事故に巻き込まれないための施策は急務だろう。

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

妊娠中絶を拒否するアメリカ 「アメリカは興奮して狂ってしまった(America went haywire)」からトランプ大統領を誕生させたのか。アンダーセンは、このポピュリズムは「この国の当然の宿命(nation’s natural destiny)」であるという(Kurt Andersen “Fantasyland : How America went haywire : A 500-year history”(Random House, 462pp) New York Times, September 2-3, 2017)。
fake news,post-truth, alternative facts などは、いわばアメリカのDNAであり、それがアメリカを例外的な国にしているのであり、トランプを当選させたものである。
 そのDNAの元祖はピューリタンであり、その宗教的熱狂が幻想、神秘主義を生む。ニュートンやロックが影響力を持つ「理性」のヨーロッパとは対称的である。アン・ハッチンソンは17世紀前半にアメリカ植民地で活躍した反体制的宗教活動家であるが、「真実と自分が感じたものが真実」という考え方は、今のalternative facts の考えかたにつながる。幻想(fantasy)と現実(reality)が混同してしまっているのである。
 キリスト教こそがfake newsを生み、アメリカ人を集団的妄想に導いていく。そして、それは極端な相対主義にも導く。アメリカという「幻想の国(Fantasyland)」をどうすれば理性の方向に変えていけるのか。
 キリスト教原理主義を理解しなければ、アメリカの民主主義の本質が分からなくなる。

実験記録 No.02 : 【日本語訳】一九八四年(Nineteen Eighty-Four)
続きを読む 今日のリンク