今日のリンク

今月のサイバー攻撃、北朝鮮ハッカー集団関与の可能性高い=米社[ワシントン 22日 ロイター] – サイバーセキュリティー大手の米シマンテックは22日、世界各国で被害が確認された今月の大規模なサイバー攻撃について、北朝鮮と関連があるハッカー集団が仕掛けた可能性が高いとの見方を示した。
焦点:北朝鮮にサイバー攻撃専門「180部隊」、西側の脅威に米国防総省が議会に昨年提出した報告書によると、北朝鮮は「自国ネットワークがインターネットとほぼ切り離されていることもあり、報復攻撃を受けるリスクがほとんどない、費用効率が良く、非対称かつ否定可能な手段としてサイバー攻撃をみている」可能性がある。

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

糖質オフのあんぱん&ドーナツ!ローソンに「ブランのあんぱん」「ブランのドーナツ」 [えん食べ]ブランのあんぱんは、パン生地に米ブランとオーツブランを配合したあんぱん。中の餡には北海道産小豆が使用されている。1個あたり糖質13.5g、カロリー162kcal。価格は165円(税込)。
ブランのドーナツは、生地にオーツブランを配合したドーナツ。一般的なケーキドーナツ(同重量)と比較し、糖質約60%オフとなっている。1個あたり糖質13.1g、カロリー265kcal。価格は100円(税込)。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

最後の「電王戦」、将棋ソフトの勝利で幕 佐藤名人は雪辱ならず (ITmedia NEWS) – Yahoo!ニュース 将棋ソフト「PONANZA」とプロ棋士・佐藤天彦名人が対局する「第2期 電王戦」の第2局が5月20日に姫路城(兵庫県)で行われ、PONANZAが勝利した。2番勝負は、PONANZAが2連勝で幕を閉じた。
速報:電王戦第2局もPonanzaが勝利。序盤は佐藤叡王が優勢で進んだものの、受けきれず惨敗 – Engadget 日本版姫路城のチの櫓で行なわれていた、第2期電王戦第2局、佐藤天彦叡王対Ponanzaの対局は、94手まででPonanzaが勝ち、2戦全勝という結果で幕を閉じました。結局、Ponanzaはプロ棋士に対して負けず知らず。コンピューターが人間をすでに超えているという結果をもって電王戦が締めくくられました。

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

式辞に歌詞引用、著作権料を 京大HP掲載でJASRAC (京都新聞) – Yahoo!ニュース 文化庁によると、大学の入学式式辞をウェブ上に掲載することは、著作物を複製する条件が緩い教育目的とは見なされない。しかし文章全体の内容の上で、引用する必然性があることなどの条件を満たせば「引用」と認められ、許諾なしで使用できる。ただ「引用の明確な基準はなく、個別の事例ごとに判断するしかない」とする。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

ドル/円下落、一時110円台 米大統領巡る疑惑受け=NY市場 (ロイター) – Yahoo!ニュース[ニューヨーク 17日 ロイター] – 終盤のニューヨーク外為市場では、ロシアの米大統領選関与疑惑を巡りトランプ大統領に対する弾劾裁判の可能性が持ち上がったことなどを受けて、ドルが主要通貨に対し売られた。一方、比較的安全な資産とされる円に投資資金が流入し、ドル/円<JPY=>は一時、1.95%安の110.93円をつけた。

新たな大規模サイバー攻撃、水面下で進行 WannaCry超える規模 (AFP=時事) – Yahoo!ニュース WannaCryはデータを暗号化し、感染したコンピューターを完全に使用不能にするが、Adylkuzzでは、コンピューターを動作させたまま、仮想通貨「モネロ(Monero)」の「採掘(マイニング)」をバックグラウンド処理で行い、その通貨をウイルス作成者に送信する。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

「10勝1敗でも損する」株式投資で収支トントンにする方法 | 自分だけは損したくない人のための投資心理学 | ダイヤモンド・オンライン 例えば、上がった時は3割上がったら、そして下がった時は1割下がったら、その時点で売ってしまうといったやり方だ。こういうやり方が必ずしも正しいとは言えないが、単純にこういうルールを作っておけば、利益が3割、損失が1割となるから、1勝2敗と負け越しても収支はプラスということになる。少なくとも、不合理な心理に惑わされて10勝1敗でも儲からないという事態は避けられるだろう。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

マイクロソフト、WannaCry被害でNSA批判 「トマホークミサイルを盗まれたのと同じ」 – Engadget 日本版諜報機関からの流出は従来になかったパターンであり、ひとたびそれが悪用されると「トマホークミサイルが盗まれた場合と同様に広範な被害につながる」とスミス社長は主張します。この2月、マイクロソフトはサイバー攻撃から民間人を守るため、企業や政府などが発見した脆弱性を報告することを要求する「デジタル・ジュネーブ条約」の必要性を訴えていました。しかし、NSAやCIAがそれに賛同して従うかといえば、そのようなことはないと考えられます。
日本マイクロソフト、WannaCry対策ガイダンス公開。Windows 10に影響なし、Defenderは最新定義で対応済 – Engadget 日本版

松屋の「ライスを湯豆腐に変える」サービスが全国拡大になったので試してみた – mitok(ミトク)
全国の松屋に販売拡大!「ライスを湯豆腐に変更可能なサービス」のご提案!|松屋フーズ
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

週明け、メールを開く前に気をつけたい3つのこと–IPAが呼びかけ、大規模サイバー攻撃で (CNET Japan) – Yahoo!ニュース 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は5月14日、5月13日に発覚した大規模なランサムウェアによるサイバー攻撃の発生をうけ、国内における週明け(5月15日)の対策について発表した。不審なメールの添付ファイルを開封したりリンクをクリックしたりしないよう呼びかけている。
日本国内で被害2件確認=データ暗号化―世界規模サイバー攻撃で・警察庁 (時事通信) – Yahoo!ニュース 警察庁によると、国内で確認された被害は、コンピューター内のデータが暗号化され、暗号を解除する代わりに仮想通貨ビットコインを要求されるものだった。いずれも人命に影響を及ぼすような被害は確認されていない。

食事で治す心の病 : 心・脳・栄養─新しい医学の潮流 | 大沢博 | 心理学 | Kindleストア | Amazon低血糖症で起こる暴力、ストレス・うつ・認知症・統合失調症……心の病に食事が深く関わっているのに、精神医学者の視野には今のところ「栄養」はない。薬づけ医療への警告と栄養療法のすすめ。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

「週明け、日本でもメールに注意」…専門家指摘 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 今回、攻撃に使われて世界各地で被害が出ているのは、「WannaCry」(泣きたくなる)と呼ばれる新種のランサムウェア。
 情報セキュリティー会社トレンドマイクロによると、4月以降、メール本文などに書かれたアドレスをクリックすると感染する手口で全世界に拡散した。欧米のほか日本や台湾、インドなどでも攻撃の痕跡を検出しているという。
サイバー攻撃:ランサムウエア NSAのソフト技術利用か – 毎日新聞 関与が疑われるハッカー集団は「シャドー・ブローカーズ」。米メディアによると、この集団は昨年8月、「サイバーウエポン(コンピューター上の武器)」をNSAから盗んだと主張。入札を行い、一番高い金額を提示した人に技術を提供するとの声明を出したが、入札者が現れなかったため、先月14日に300メガバイトのファイルを無料で公開した。サイバー攻撃に使われたランサムウエアの「ワナ・クライ」には、このファイルに含まれていた技術が利用されているという。
WannaCry対策、MSがWindows XPやServer 2003にも異例のパッチ提供 (アスキー) – Yahoo!ニュース
「ランサムウェア」とは? 世界70カ国以上で大規模なサイバー攻撃、日本でも感染かIPAはランサムウェアの感染経路について、メールに添付された不明なファイルを開いたり、ランサムウェアが仕込まれたウェブサイトを閲覧するなどして感染する例を挙げている。
ランサムウェアに感染しないための対策として、IPAは、
OS およびソフトウエアを常に最新の状態に保つ
セキュリティソフトを導入し、定義ファイルを常に最新の状態に保つ
メールやSNSの添付ファイルやリンク先URLに注意する
などを紹介。また、万一感染したとしても被害を最小限に留めるために、ファイルを定期的にバックアップしておくなどの対策を呼びかけている。
続きを読む 今日のリンク

http://nogami1.net から https://moo-nog.ssl-lolipop.jp/blog に引越