今日のリンク

白昼銃声、緊迫の小学校 児童に「先生はみんなを守る」(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 当時校内には、校外学習だった4年生を除き、児童約400人がいた。児童は前庭を避けて教室から体育館に移動。「先生はみんなを守る」と伝え、児童は落ち着いた様子で待機していた。
警官の拳銃奪取防止装備を導入へ 警察庁、前倒しで計画(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 警察庁によると、警察官が腰などの位置に付けている拳銃入れ(サック)を改良する。装着している警察官は現行のサックと同じようにすぐに拳銃を取り出せるが、他の人物が外から容易に取れないような仕組みにする。既に複数の試作品を作っており、今後、装備を確定させる。同庁幹部は「奪おうとする者に手の内をさらすことになるので、具体的な機能は明らかにできない」としている。

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

なぜ増加?6月からの脳梗塞リスク(海原純子) – 個人 – Yahoo!ニュース

ではどうすれば脳梗塞のリスクを下げられるか。次のポイントを押さえてください。

1.6月から8月は水分補給を怠らない

2.TIAを疑う症状があれば遠慮せず救急車で脳神経科の専門医がいる病院へ

3.TIAの症状の24時間以内は専門医の指示に従う

4.TIAを起こした後は脳梗塞をおこすリスクがあることを認識する

5.ABCD2スコアが高い人はTIA から脳梗塞を起こしやすいことを知っておく

6.朝おきたら、ミネラルウォーターをコップ1杯のむ習慣をつける

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

W杯セネガル戦 平均30・9% 瞬間最高37・1%!初戦に及ばずも日曜深夜に驚異の高視聴率(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース
ポーランド戦引き分け以上で決勝T/日本の進出条件(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース
柴崎、乾弾演出!絶妙ロングパス 体張った!攻守で躍動西野ジャパン引っ張った(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース 「ロシアW杯・H組、日本2-2セネガル」(24日、エカテリンブルク)
 H組で国際サッカー連盟(FIFA)ランキング61位の日本は同27位のセネガルと2-2で引き分けて1勝1分けとし、2大会ぶりの決勝トーナメント進出に前進した。常に先行を許したが、MF乾貴士(30)=ベティス=とMF本田圭佑(32)=パチューカ=のゴールで2度追い付く粘りを見せた。日本はポーランドと対戦する28日の1次リーグ最終戦で勝つか引き分ければ、自力で2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出を果たす。
日本代表、次戦は引き分け以上で突破決定…敗戦でも決勝T進出の可能性(SOCCER KING) – Yahoo!ニュース
「無秩序で楽しい」「W杯最高の試合の一つ」「日本には根性があった」…世界中がセネガル対日本に魅了される(GOAL) – Yahoo!ニュース
敵エースの“恨み節”に笑顔の麻也「ゴタゴタ言ってきたから」(ゲキサカ) – Yahoo!ニュース
英メディアは日本の引き分けを絶賛「気迫と攻撃の直感」「勤勉プレー」(THE PAGE) – Yahoo!ニュース
川島パンチミス失点 FIFA速報は「コメディー」(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース
【ロシアW杯】本田の同点ゴールにSNS「すみませんでした」の嵐

【社長に取材】規格外野菜を使った「野菜シート」が凄い!欧州の星付きレストランも使用 – ライブドアニュース
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

日本の指導者にも読ませたい? デンマークの「子どものサッカー指導10カ条」が話題①子どもたちはあなたのモノではない。
②子どもたちはサッカーに夢中だ。
③子どもたちはあなたとともにサッカー人生を歩んでいる。
④子どもたちから求められることはあってもあなたから求めてはいけない。
⑤あなたの欲望を子どもたちを介して満たしてはならない。
⑥アドバイスはしてもあなたの考えを押し付けてはいけない。
⑦子どもの体を守ること。しかし子どもたちの魂まで踏み込んではいけない。
⑧コーチは子どもの心になること。しかし子どもたちに大人のサッカーをさせてはいけない。
⑨コーチが子どもたちのサッカー人生をサポートすることは大切だ。しかし、自分で考えさせることが必要だ。
⑩コーチは子どもを教え導くことはできる。しかし、勝つことが大切か否かを決めるのは子どもたち自身だ。

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

ハリルホジッチ氏を忘れる勿れ:日経ビジネスオンライン カウンターとはつまり、相手の守備陣が守備陣形を整える前に、1本か2本の少ないパスで、時間的には自陣から遅くとも10秒以内でシュートに持ち込む攻撃法で、「攻撃」というよりは「反撃」と呼ぶに近い戦い方だ。別の言い方をするなら、カウンターは、攻めている側ではなくて、攻められている側が突然牙を剥く形の攻撃だということだ。
 してみると、このサッカーは、前々回の南アフリカW杯でスペイン代表が優勝して以来王道となった「ポゼッションサッカー」(常にボールを保持し、相手に攻撃を許さないことで勝利の確率を高めるサッカー)の、正反対の戦術ということになる。
 そして、その堅守速攻のカウンター志向のサッカーこそは、ハリルホジッチが日本代表の戦術として定着させようとして、最終的に(誰によってなのかは知らないが)拒絶されたところのサッカーでもある。
 なんということだろう。
 われわれは、追放した人間によって授けられた戦術によって勝利を得たわけだ。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

ドクター江部の糖尿病徒然日記  糖質制限食とマラソン。つまり、普通に糖質制限食をしているランナーがそのまま、
ウルトラマラソンやトライアスロンをしても、
筋肉中のグリコーゲンの量及び増減と回復パターンは、
糖質摂取群と比べて、全く遜色ないという研究報告です。
ドクター江部の糖尿病徒然日記  芋焼酎と日本酒、ビール、食後の血糖値上昇が低いのはどれか?①日本酒と芋焼酎と水の結果を考慮すれば、
 アルコールそのものに血糖上昇抑制作用がある可能性が高い。
②芋焼酎には血糖上昇抑制作用があるが、それが、アルコール以外の成分も関与しているかは 現時点ではわからない。

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

「加計学園」理事長の記者会見 不信感しか残らなかった原因とは? ~臨床心理士が分析する~- 岡村 美奈人は真実とは違うことを言おうとすると、頭の中にある真実を抑制する必要がある。すると言い淀んだり、言い間違ったり、話の途中に不自然な間が空いたりする傾向が多くなるのだ。
「総理に対して獣医学部の話はしなかったか」など、答えたくない質問には、「はい」と短く返答をした加計理事長。真実を話そうとする人は、それを証明しようと詳しく細かく説明をしようとするものだ。同じ質問を繰り返されれば、前とは違う情報をそこに少しでも加えていこうとする。
だがそうでなければ、同じ質問をしても、短く答えるか、同じことを繰り返すだけだ。「覚えていません」「ありません」「思いませんでした」など、短く同じ答えを繰り返している様子は、下手に説明して辻褄が合わないことを言わないようにしようとしか、聞こえない。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

W杯初戦コロンビア戦 今年最高48・7% 瞬間最高は勝利の瞬間55・4%(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース
日本が大迫のゴールで勝利!日本中が「半端ないって」日本代表はロシアW杯初戦のコロンビア戦に2-1で勝利。一度は同点に追いつかれるも後半28分、FW大迫勇也がコーナーキックに合わせ、ヘディングで決勝弾を決めた。
海外メディアも日本の番狂わせを続々報道「感動火花」「評論家の度肝抜く」(THE PAGE) – Yahoo!ニュース この試合で日本がマークした記録についても「日本はアジアのチームとしてワールドカップで初めて南米チームを破った(18試合で1勝3分け14敗)」、「ワールドカップで1974年大会以来、初めて南米の4チーム以上が初戦勝利を逃した」、「本田圭佑がワールドカップの3大会でアシストを記録した初のアジア選手となった」と連記した。
奇跡ではなかった。西野J「サランスクの大金星」が生まれた理由とは?(THE PAGE) – Yahoo!ニュース ゲームコントロールと、コミュニケーションによるゲームプランの共有である。

続きを読む 今日のリンク

ラグビーW杯ボランティア説明会門前払い

本日2018年6月19日19時から予定の、上智大学四谷キャンパス、ラグビーW杯ボランティア説明会
5分前に到着。多数が会場外にて待機。係の人は少ない模様。数少ない係の人が小さい声で、
会場が立ち見も含めてすでに満員、入れませんと。多数のボランティア候補者が、会場を別にとって
入れるとか、教室はたくさんある大学なのだからできるだろ、とか声をあげるも、何もせず、中に消えた。
帰ろうかとも思ったが、協会の運営能力を測り知る機会かと思い直し、しばらく待機。
様子を眺めているうちに定時を過ぎた。
約5分後か、やっと係の説明、一人、拡声器を持ってきている。
「会場に先着順と案内した。・・・。もう一杯。また別途案内する。」などと説明
(説明の様子はビデオに撮っている。)
説明後、いくつか質疑応答しているので、自分も、
「もらったメールでは、先着順とは書いてないが。」と質問。
「そのようなものもあるかもしれないが、先着順ともしている」と。

いずれにしても、協会の事務局の、大会運営能力の欠如を示すものと、考えることが出来る。
残念ながら、ヴォランティア参加は見送らざるを得ない。
追記:協会からメール
【お詫び】 6月19日ボランティア説明会について
ラグビーワールドカップ2019日本大会ボランティア東京会場にご応募頂いた皆様へ

平素より、ラグビーワールドカップ2019日本大会へのご支援を賜り、誠にありがとうございます。
本日6月19日、上智大学にてボランティア説明会を開催させて頂きました。

多数の方に会場までお越し頂き、会場の定員である800名を大きく上回る方にご来場頂きましたが、
その結果、多数の方が会場にお入り頂けず、説明会にご出席頂けないという事態が発生してしまいました。
皆様には、ご多忙の折お越し頂いたにも関わらず、このような事態が発生してしまい、申し訳ございませんでした。
深くお詫び申し上げます。

本説明会の案内は、東京会場へご応募頂いている方を対象に、6月11日にメールにて送信させて頂きました。
その際の案内に、入場は先着順であることや、申込についての説明がなく、多くの方に混乱をきたす結果となってしまいました。
重ねてお詫び申し上げます。

なお、本日の説明会への参加は、ボランティアの選考に関わるものではない点を申し添えさせて頂きます。

本日の説明会で流させてただいた動画および配布させて頂いた募集要項は以下のURLから確認いただけます。
https://www.rugbyworldcup.com/news/317426?lang=ja

本日頂きましたご意見を真摯に受け止め、大会ボランティアの円滑な運営、また大会の成功に向けて邁進して参りますので、
引き続き、ご支援頂きますようお願い申し上げます。
**************以上 メールの引用

とりあえずは、先着順で案内したから、こちらに非は無い、とでも言いたげな、当日の係りの
説明よりは、一歩前進した。