今日のリンク

「ダークペダゴジー」が、危険タックルを引き起こした。教育学者が指摘若者を教育する場である学生スポーツの現場で、なぜこうした状況がもたらされてしまったのか。山本宏樹・東京電機大学助教(教育社会学)は、「”ダークペタゴジー(闇の教授法)”による心理的支配の典型例」と、ハフポスト日本版への寄稿で指摘する。危険タックルを招いた「指導」の構造を読み解き、解決へのヒントを示してもらった。
今回のケースを分析する際に有効なのが、ダークペダゴジーという概念です。ダークペダゴジーは、倫理的に問題のある手法を用いて他者の成長発達、価値観や知識の獲得に介入する行為を指すものです。より具体的には「暴力・強制・嘘・賞罰・欲求充足の禁止・条件付き愛情・心理操作・監視・屈辱」などを用いた教育行為がダークペダゴジーに当たります。今回のケースの「追い込み指導」はまさにダークペダゴジーの典型例です(★注1)。
監督やコーチは無自覚に行ったのだろうと思いますが、今回のケースの「追い込み指導」において、ラフプレーを行った選手が直面したのは「相手のクオーターバックをつぶせ」という「指示」に対して承諾しても拒絶してもペナルティが待っているという逃げ場のない状況でした。これは児童虐待やパワーハラスメントの場面で見られる「ダブルバインド」状況です。「指示」を出された時点でバッドエンドは既に確定しており、しかもどちらかを選択したという事実によって結果を自己責任化されてしまうのです。
今回のケースのように、支配者からの指導によって、被支配者が加害の一端を担わされる事態は、現実社会のいろいろな場所で起こりえます。たとえば、虐待的な家族関係のもとでは、子どもが保護者の意向に従って暴行や窃盗、売春、麻薬摂取などに手を染めさせられる場合があります。親子は「庇護と支配」が表裏となった「条件付き愛情」関係に陥りやすいのです。ヤクザの親分・子分関係もまたそうした親子関係を誇張的に表現したものだといえます。
もちろん「意思の強さがあれば、それでも拒否できたはずだ」ということはできるでしょう。しかし、たとえるならば、今回のケースの指導は大多数の人間がダークサイドへと転落する険しい「崖路」のようなものなのです。高い運転技術と繊細な注意力をもって進めば無事に通れるかもしれませんが、それをできる人間が現に限られている以上、国や業界団体が「ガードレール」を設置したり、「警戒標識(幅員注意)」や「規制標識(通行止め)」などを出したりしたほうがよいと思います。
また、つけ加えるならば、今回のケースのような「崖」から落ちるのは、勤勉で従順な者たちである点にも注意が必要です。
ミルグラムのアイヒマン実験において、電気ショックを与え続けた市民の心中では、監督者への恐怖心や実験を中止させることによる損害賠償請求へのおそれだけでなく、引き受けた仕事に対する義務感や実験者への礼儀心が働いていました。ホロコーストで膨大な殺戮指令を下したのも、道徳規範を超越した悪魔的異常者というより、従順かつ勤勉な役人だったのかもしれないのです(★注6)。
対策① ガイドラインの策定
対策② リミッターの設定
対策④ 暴力的文化に対する対抗
対策⑤ 加害者に対する支援
なぜ学校で体罰や指導死が起こるのか?――社会に蔓延する“ダークペダゴジー(闇の教授法)” / 教育社会学・教育科学 、山本宏樹氏インタビュー | SYNODOS -シノドス-
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

難解なブロックチェーン、仕組みをひも解く:日経ビジネスオンライン なお、本稿の冒頭で、第4次産業革命時代に世界を変える技術としてIoT、AI、ブロックチェーンを挙げました。これら3つに近々、「量子コンピュータ」が加わってきます。次々に登場してくる新しいテクノロジーに対し、ビジネスパーソンは常に目を光らせていなければなりません。

ダメダメ会議の原因は「新鮮な情報」の欠如にある!:日経ビジネスオンライン 過去情報などのインフォメーション(情報)は事前にメールで送っておけばいい。これから起こる未来への予測、対面した場で人間同士、参加者が交わすからこそインテリジェンス(情報)に練り上がっていくのだ。

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

EUの新規制「GDPR」の影響で、米主要紙サイトが欧州で閲覧できない状態に 欧州連合(EU)が25日から個人情報保護の新規制「一般データ保護規則(GDPR)」を施行したことを受け、ロサンゼルス・タイムズ(LAT)など一部の米主要紙のニュースサイトが欧州で閲覧できない状態になっている。新規制への対応が間に合わず、主要紙側が一時的にサイトを閉鎖しているとみられる。
 ワシントン・ポスト紙のサイトは、欧州の新規制への対応と説明したうえ、閲覧前に「クッキー」の利用などについて閲覧者に同意を求めるようになった。

Amazon.co.jp: 【最新版】 ICOCO-LESHP プロジェクター wifi接続 Bluetooth6.0機能 3200ルーメンフル HD 1080p入力対応 1920×1080最大解像度 ホームシアタープロジェクター Miracast /Airplayに対応 LED無線投影機 台形補正 DVD iPhone ゲーム機 パソコン タブレットスマホ対応 HDMI USB VGA TV入力 PDF日本語説明書 Android 6.01 (ブラック): パソコン・周辺機器

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

小池知事「え、これが日大?経営難しくなるのでは」 – 社会 : 日刊スポーツ 東京都狛江市の高橋都彦市長の女性職員に対するセクハラ問題、財務省前事務次官のセクハラ問題と、今回の問題を並べ、「昨今は、ハラスメント(嫌がらせ)の判断基準の度合いが、昭和の時代から考えると、ぐんと上がってきている。それに気付かない方が、(高い判断基準の)ハードルにつまずいて、こけているということ」と指摘。「良い、悪いの議論はあるが、社会はいつも変革するもの。社会においてはどういうハードルで、(行動する上で)どこがよくて、どこが悪いのか、客観的に見極めることが必要。特に、教育に身を置く方は、(他人から)厳しく見られているという自覚が必要だ」と述べた。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

高等教育、年収380万円まで3段階の支援へ(読売新聞) – Yahoo!ニュース 骨格によると、例えば4人家族で子ども2人のうち1人が国立大に進学した場合、住民税非課税世帯には授業料と入学金の全額を免除する。娯楽費などを除く生活費についても、返済不要の給付型奨学金を支給する。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

ラグビーワールドカップ2019■ラグビーワールドカップ2019日本大会ボランティア「TEAM NO-SIDE」募集中!
応募は公式ボランティアサイト応募フォーム(https://volunteers.rugbyworldcup.com/vms/mypage/staffRegist)から!
募集期間: 2018年4月23日(月)12:00から7月18日(水)11:59まで

個人のネット利用、スマホがPCを上回る 総務省が調査(ITmedia NEWS) – Yahoo!ニュース 総務省が5月25日に発表した2017年通信利用動向調査によると、個人がインターネットを利用する機器は、スマートフォンが54.2%を占め、PC(48.7%)を初めて上回った。年代別にみると、特に20~29歳ではスマホが87.8%、PCが63.8%と差が出た。一方、60歳以上はPCがスマホを上回っている。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

スポーツ庁の危機対応に弱点…反則タックル問題で直接的な調査権限なく「助言・協力」のみ(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース だが、今回のような不祥事が発生した場合はどうか。スポーツ庁は大学の部活動に対する直接的に調査する権限はなく、限定的な対応しかできない。法的にはスポーツ振興という観点で「助言・協力」しかできないことになっている。
監督会 日大を除く全15チームが対戦拒否で一致 指導体制の改善求める(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース 関東学生アメリカンフットボール連盟所属の1部リーグ監督会の緊急会合が24日、都内で行われ、日大を除く全15チームが、日大の指導体制などに改善がなければ、今秋のリーグ戦での対戦を拒否する方針で一致した。
「正直」を連発する日大アメフト内田監督彼の記者会見を数分だけ見ていたら「正直」を10回以上連発していた。
この言葉は「私は正直じゃないけど正直者に見られたい」と思っている人がよく使う。
「まぁ、〇〇〇~」と話す人も、否定から入るプライドの高い人が多い。
無くて七癖と言うが、口癖は人格がわかって面白い。
フット岩尾、日大広報司会ぶりに「会見潰してこいと指示されたとしか…」/芸能/デイリースポーツ online これに岩尾は「すごいなと思って。この人が一番酷いなって思って」と振り返ると「トップから『会見潰してこい』と。『会見潰したら広報部に置いてやる』と。悪質司会指示されたとかじゃないと、考えられない」とコメントし、スタジオは爆笑。「あっちの人(広報職員)の方が悪者になったから、ひょっとしたら役目は果たしたのかも」と話し、スタジオは更に失笑がもれていた。

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

<順天堂大研究>やせた50~60代女性、糖尿病リスク高く(毎日新聞) – Yahoo!ニュース やせた50~60代女性は糖尿病の発症リスクが高くなるとする研究結果を、順天堂大のチームがまとめた。年齢と共に糖を蓄える筋肉が減ったり、筋肉が糖を取り込みにくくなったりするためとみられる。チームは、適度な運動やバランスのよい食事を進めて筋肉の量と質を高めるよう訴えている。

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

「ご飯論法」は安倍政権に共通する感覚では (1/2) 「ご飯論法」とは上西が特徴づけた言い逃れ答弁の論法で、「朝ごはんを食べましたか?」という質問に「(朝、パンは食べたけど、ごはん=米飯は)食べていない」と答えるようなやり方である
文書改ざんはアウトにされているが「ご飯論法」はセーフにされている
菅官房長官も「ご飯論法」
「霞が関文学」一般の話ではない
 ゆえに「ご飯論法」が認められるのであれば、足元が崩壊する、つまり議会論戦そのものが成り立たなくなるという感覚に襲われたのである。
 そして、佐川といい菅といい、そして加藤といい、この「ご飯論法」は安倍政権に共通する感覚・体質ではないのか、という思いを上西記事を読んで強くした。

ついに被害届提出。日大アメフト騒動の根底にある「昭和の監督体質」昭和の監督たちの終焉~レスリング協会や日大アメフト部の危機管理
1.危機管理の間違い
2.小学生でもぶん殴っていた昭和の体育教師
3.名選手と名監督は別物
4.事態収拾の道、一発逆転策はあるのか?

Amazon | Fire TV Stick
続きを読む 今日のリンク