今日のリンク

米朝会談が「対話のための対話」に終わらざるを得なかった理由 | 田岡俊次の戦略目からウロコ | ダイヤモンド・オンライン「非核化」で消えた
「検証可能」と「不可逆的」
 従来トランプ大統領ら米政権は「CVIDが達成されるまで、最大限度の圧力をかけ続ける」と言い、安倍首相も口癖のようにそれを繰り返していた。ところが今回、トランプ大統領は非核化に着手さえすれば非核化を果たしたと同然、と言うのだから大違いだ。まるでマラソンで走り出せばメダルを授与するような形だ。
「完全な検証」はもともと無理だった
戦争で負けたイラクとは違う
「不可逆」はさらに困難
技術者の知識、経験は消せない
 今回の首脳会談後の記者会見でトランプ大統領は、北朝鮮が「非核化に向かって具体的行動を取れば」制裁緩和などの見返りを出す姿勢を示した。これは、北朝鮮が求めていた段階的対応を承諾したことを示している。
トランプ大統領は
“困難な現実”に屈した
選挙前に「外交上の得点」を優先
日本は「対米従属」が強まる懸念
戦争回避の利益は大きい
無意味な対話ではなかった

続きを読む 今日のリンク