ラグビーW杯ボランティア説明会門前払い

本日2018年6月19日19時から予定の、上智大学四谷キャンパス、ラグビーW杯ボランティア説明会
5分前に到着。多数が会場外にて待機。係の人は少ない模様。数少ない係の人が小さい声で、
会場が立ち見も含めてすでに満員、入れませんと。多数のボランティア候補者が、会場を別にとって
入れるとか、教室はたくさんある大学なのだからできるだろ、とか声をあげるも、何もせず、中に消えた。
帰ろうかとも思ったが、協会の運営能力を測り知る機会かと思い直し、しばらく待機。
様子を眺めているうちに定時を過ぎた。
約5分後か、やっと係の説明、一人、拡声器を持ってきている。
「会場に先着順と案内した。・・・。もう一杯。また別途案内する。」などと説明
(説明の様子はビデオに撮っている。)
説明後、いくつか質疑応答しているので、自分も、
「もらったメールでは、先着順とは書いてないが。」と質問。
「そのようなものもあるかもしれないが、先着順ともしている」と。

いずれにしても、協会の事務局の、大会運営能力の欠如を示すものと、考えることが出来る。
残念ながら、ヴォランティア参加は見送らざるを得ない。
追記:協会からメール
【お詫び】 6月19日ボランティア説明会について
ラグビーワールドカップ2019日本大会ボランティア東京会場にご応募頂いた皆様へ

平素より、ラグビーワールドカップ2019日本大会へのご支援を賜り、誠にありがとうございます。
本日6月19日、上智大学にてボランティア説明会を開催させて頂きました。

多数の方に会場までお越し頂き、会場の定員である800名を大きく上回る方にご来場頂きましたが、
その結果、多数の方が会場にお入り頂けず、説明会にご出席頂けないという事態が発生してしまいました。
皆様には、ご多忙の折お越し頂いたにも関わらず、このような事態が発生してしまい、申し訳ございませんでした。
深くお詫び申し上げます。

本説明会の案内は、東京会場へご応募頂いている方を対象に、6月11日にメールにて送信させて頂きました。
その際の案内に、入場は先着順であることや、申込についての説明がなく、多くの方に混乱をきたす結果となってしまいました。
重ねてお詫び申し上げます。

なお、本日の説明会への参加は、ボランティアの選考に関わるものではない点を申し添えさせて頂きます。

本日の説明会で流させてただいた動画および配布させて頂いた募集要項は以下のURLから確認いただけます。
https://www.rugbyworldcup.com/news/317426?lang=ja

本日頂きましたご意見を真摯に受け止め、大会ボランティアの円滑な運営、また大会の成功に向けて邁進して参りますので、
引き続き、ご支援頂きますようお願い申し上げます。
**************以上 メールの引用

とりあえずは、先着順で案内したから、こちらに非は無い、とでも言いたげな、当日の係りの
説明よりは、一歩前進した。