今日のリンク

ドクター江部の糖尿病徒然日記  糖質制限の大百科(洋泉社) 【監修】江部康二 刊行。インスリンは、別名“肥満ホルモン”とも呼ばれます。
過剰に分泌されることで体脂肪が蓄積され、肥満を引き起こすからです。
これらを引き起こさない糖質制限は、血糖値の乱高下をなくし代謝を安定させることで、精神的にも落ちつきます。
全身の血流も改善するため、美肌や美髪など、美容にも役立つのです。
糖質制限の大百科 | 江部 康二 |本 | 通販 | Amazonひと目でわかる!OK・NG食品別糖質量。5分でわかる!糖質制限の基礎知識。コンビニ&外食フル活用!糖質制限のコツ。疑問も不安も解消!糖質制限Q&A。時短&作りおき!かんたん糖質制限レシピ92。知って納得!糖質制限のメカニズムと効果。食品別糖質含有量一覧付き。

アルツハイマー病が“脳の糖尿病”と言われるのはなぜなのか|日刊ゲンダイヘルスケア■発症の重要危険因子は「高インスリン」と「高血糖」
■インスリン抵抗性が神経増殖とAβ分解を阻害
■高血糖が全身に慢性炎症を作り出す
■「脳だけ糖尿病」がADを招く
アルツハイマー病は「脳の糖尿病」 2つの「国民病」を結ぶ驚きのメカニズム (ブルーバックス) | 鬼頭昭三, 新郷明子 | 医学・薬学 | Kindleストア | Amazonアルツハイマー病は1906年の発見以来、いまだ治療法が存在せず、日本人にとっても「国民病」というべき深刻な脅威となっている。これまでの薬は、なぜ効かなかったのか?もう一つの「国民病」である糖尿病との関係から見えてきた元凶は「インスリン抵抗性」だった!注目の新鋭が示唆する、根本的治療薬の可能性。

砂糖入り飲料の摂取、がん発症リスクと関連 仏研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News【7月12日 AFP】炭酸飲料やフルーツジュースなど砂糖入り飲料の摂取と一部のがんの発症リスクの上昇には関連があるとの研究結果が11日、英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)に発表された。

Amazon.co.jp: 【AT&T】ハワイ・アメリカ本土 プリペイドSIM 30日 データ容量8GB 大容量通話付き: 家電・カメラ価格: ¥1,450 & 配送料無料

コンビニの糖質オフ、糖質制限商品23選|パン、ランチにおすすめ、スイーツも!【全商品の糖質量つき】 (1/1)| ダイエットポストセブンローソンの『もち食感クリームチーズ&ダブルベリーパン2個入り』糖質19.9g(1個)
ローソンの『NL ブランのパンケーキ(メープル) 2個入』糖質9.7g(1個)
ローソンの『こんにゃくチップス 淡路島産玉ねぎ味』糖質10.0g
ローソンの『大豆スティック しお味』糖質9.9g
ローソンの『ブランのミルクスコーン 2個入』糖質9.8g(1個)
ローソンの『NL ブランパン 2個入』糖質2.2g(1個)
ローソンの『サラダチキンスティック バジル』糖質0.4g
ローソンの『オクラと沖縄県産もずくのネバネバサラダ』糖質9.4g
ローソンの『素焼きくるみ』糖質0.9g
ナチュラルローソンの『NLトマトレモネードゼリー ~高リコピントマト使用 150g』糖質9.3g
ファミマの『RIZAP チョコチップケーキ』糖質16.1g
ファミマの『1日不足分の食物繊維が補える大豆チップ チリサルサ味』糖質9.2g
ファミマの『2層のカスタードケーキ』糖質9.8g
ファミマの『ミニチョコチップスコーン』糖質16.9g
ファミマの『RIZAP 糖質0g麺汁なし担々麺風』糖質0g
低糖のギリシャヨーグルト『明治 THE GREEK YOGURT 低糖』糖質6.2g
高たんぱくの『スリムシークレット プロテインバー キャラメル 40g』糖質12.9g
低炭水化物の『一週間分のロカボナッツ』糖質1.6g
糖質オフグラノーラ『カルビー フルグラ糖質オフ(糖質25%オフ)』糖質18.9g(1食分50g)
ダイエッター界の名品『玉子とうふそうめん風』糖質12.8g
脂肪燃焼を促進する『旨だし膳 おとうふの豆乳仕立てスープ』糖質7.6g
麺なしでも大満足『日清麺なしどん兵衛 肉だし豆腐スープ』糖質4.6g
糖質ゼロ『はごろも サラダシーチキン』糖質0g

同じ培養肉でも、牛より「昆虫」のほうが高効率? ラボ生まれの“培養昆虫肉”の現実味|WIRED.jp動物細胞を培養させてつくった「培養肉」についての議論が巻き起こるなか、昆虫の細胞は牛の細胞よりも簡単かつ効率よく培養できるという研究結果が発表された。まだ課題は山積しているが、“ラボ生まれの培養昆虫肉”の実現も理論上は可能という。これが果たして、わたしたちが求める「未来の食べ物」の選択肢になる日が本当に来るのだろうか?

やっちまったな、新国立競技場。五輪後改修せずで、負の遺産化懸念|その他競技|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva いよいよ完成が間近に迫ってきた新国立競技場だが、五輪終了後の「後利用」問題を巡っては迷走状態が続いているようだ。2017年には「五輪終了後は球技専用に改修する」と決まっていたのだが、先日、一転して「陸上トラックを残すことになった」と報じられたのだ。
 しかも、その最大の理由は「陸上競技振興のため」とかでなく、「改修費がかかりすぎるから」というのだ。まったく理念のかけらも感じられない論議が続いている。
 新国立競技場でも、「後利用」を決めてから設計しておけば、エティハド・スタジアムのようにサッカー場に改修することもできたし、アトランタ五輪(1996年)のメインスタジアムのように野球場(アトランタ・ブレーブスの本拠地)に転用することもできた。あるいは、大会後にダウンサイジングして3万人収容程度の陸上競技専用スタジアムにして、空いたスペースにサブトラックを作ることも可能だったはずだ。
 どうしても「後利用」のアイデアが見つからなかったら、いっそのこと「取り壊し」も視野に入れるべきだろう。もちろん取り壊すにしても数百億円の費用はかかるが、これから数十年も巨額の維持費を負担し続けるよりはマシだ。

コメントを残す