今日のリンク

ドクター江部の糖尿病徒然日記  糖質制限の大百科(洋泉社) 【監修】江部康二 刊行。インスリンは、別名“肥満ホルモン”とも呼ばれます。
過剰に分泌されることで体脂肪が蓄積され、肥満を引き起こすからです。
これらを引き起こさない糖質制限は、血糖値の乱高下をなくし代謝を安定させることで、精神的にも落ちつきます。
全身の血流も改善するため、美肌や美髪など、美容にも役立つのです。
糖質制限の大百科 | 江部 康二 |本 | 通販 | Amazonひと目でわかる!OK・NG食品別糖質量。5分でわかる!糖質制限の基礎知識。コンビニ&外食フル活用!糖質制限のコツ。疑問も不安も解消!糖質制限Q&A。時短&作りおき!かんたん糖質制限レシピ92。知って納得!糖質制限のメカニズムと効果。食品別糖質含有量一覧付き。

アルツハイマー病が“脳の糖尿病”と言われるのはなぜなのか|日刊ゲンダイヘルスケア■発症の重要危険因子は「高インスリン」と「高血糖」
■インスリン抵抗性が神経増殖とAβ分解を阻害
■高血糖が全身に慢性炎症を作り出す
■「脳だけ糖尿病」がADを招く
アルツハイマー病は「脳の糖尿病」 2つの「国民病」を結ぶ驚きのメカニズム (ブルーバックス) | 鬼頭昭三, 新郷明子 | 医学・薬学 | Kindleストア | Amazonアルツハイマー病は1906年の発見以来、いまだ治療法が存在せず、日本人にとっても「国民病」というべき深刻な脅威となっている。これまでの薬は、なぜ効かなかったのか?もう一つの「国民病」である糖尿病との関係から見えてきた元凶は「インスリン抵抗性」だった!注目の新鋭が示唆する、根本的治療薬の可能性。

砂糖入り飲料の摂取、がん発症リスクと関連 仏研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News【7月12日 AFP】炭酸飲料やフルーツジュースなど砂糖入り飲料の摂取と一部のがんの発症リスクの上昇には関連があるとの研究結果が11日、英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)に発表された。

Amazon.co.jp: 【AT&T】ハワイ・アメリカ本土 プリペイドSIM 30日 データ容量8GB 大容量通話付き: 家電・カメラ価格: ¥1,450 & 配送料無料
続きを読む 今日のリンク