今日のリンク

関東 大雪のおそれ 東京都心でも5センチの予想降雪量(ウェザーマップ) – Yahoo!ニュース 東京23区でも多い所で5センチの降雪量となる見込みだ。これは降る量の予想だが、気温が低い場合はそのまま5センチ程度の積雪となるおそれもある。

国の借金1100兆円=1人当たり885万円-財務省(時事通信) – Yahoo!ニュース2/8(金) 16:29配信 時事通信
 財務省は8日、国債と借入金などを合計した「国の借金」が、2018年12月末現在で1100兆5266億円と過去最高を更新したと発表した。

【特集】「劇場型詐欺」1枚のハガキから法務省・弁護士巻き込んで…(MBSニュース) – Yahoo!ニュース「電話がかかってきて、オレオレって言われるのが特殊詐欺だと思っている人に、ハガキが来るとこれは詐欺ではないと思わせる効果がこのハガキに今あるんだと思いますね。(詐欺の手口を)考えている人が必ずいます。(詐欺の手口を)考えだした人がマニュアルと名簿を誰にでも売るんでしょう。それが少し修正されながら広がっていく。また次の詐欺の方法が出てくるでしょうね。これで生活している人がいるわけですから」(龍谷大学・犯罪学研究センター 石塚伸一センター長)

ロボット掃除機がストーブ押す、火災に注意 東京消防庁(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース ロボット掃除機が電気ストーブを勝手に押して動かしたことが原因とされる火災が今冬、東京都内で2件確認された。東京消防庁が8日、発表した。いずれもけが人はいなかったが、現場の調査や火元住民への聞き取りに加えて実験でも裏付けられたとして、同庁が注意を呼びかけている。

圧着式ダウンは「時限爆弾」? クリーニング店拒むわけ(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 同意を求めているもののひとつが、ユニクロが2015年に発売した「シームレスダウン」だ。軽くて暖かい上に、縫い目が少ないため羽毛がふき出さず、雨もしみこみにくいのがセールスポイントだ。同様のダウンは他社が既に売り出していたが、ユニクロは1万円台と手頃な価格で人気を集めている。だが、同社によると、圧着に使われるポリウレタン樹脂は、空気中の水分や紫外線などと反応して、経年劣化が避けられない。新品のまま保管しても3年ほどで、剝離やべたつきなどの問題が生じるため、ラベルにも明記してきた。

自動車事故、AIが過失判定=最短1週間で支払い-損保ジャパン(時事通信) – Yahoo!ニュース 自動車に搭載したドライブレコーダーの映像と全地球測位システム(GPS)のデータから、AIが事故時の速度や位置関係、周辺状況を解析。過去の事故データや判例と照合し、過失割合をはじく。 

【世界初】「鏡に映る姿は自分」魚も認識 大阪市立大とドイツの研究チームが発見 | ハフポスト我々は魚に対して「大きな勘違い」 をしていたのかもしれません。
研究に当たった幸田正典教授は「魚類の記憶力や認知能力は低い(=魚はバカ)と、人は昔から考えてきました。本発見は魚にも自己認識など高度な知性や洞察力があることを示唆しています。我々は魚に対し「大きな勘違い」をしていたのかもしれません。ヒト中心ではなく、魚類を含め脊椎動物の知性を見直すべき時が来ていると思われます」とコメントしている。

オールシーズンタイヤは万能にあらず 凍った路面は苦手 最大の弱点は「凍った路面に弱い」ということです。圧雪路は大丈夫でも、アイスバーンには苦手です。もちろん、サマータイヤと比べれば得意ですが、「スタッドレスタイヤ」(※注/積雪路や凍結路などを走行するために開発されたスノータイヤの一種)には負けてしまいます。

”無理筋なところに無理やり使おうとするのを危惧”日本のAI開発の課題は? 日本経済新聞社の村山恵一氏は「一つはデータバイアスというもの。AIはビッグデータを教材にして学んでいくが、それが偏っていた場合、非常に偏見に満ちた結果が生み出されてしまうこともある。与えるデータをいかに用意し、いかに学習させるのが大事だ。もう一つはブラックボックス問題といって、人間にはプロセスがいまひとつよくわからない。何かとてつもない問題が起きた時に検証して修正することがどこまでできるのか。検証可能、説明可能なAIをどう作るかが大きなテーマだと思う」と指摘。「倫理の問題、場合によっては宗教や文化の問題など、多角的な観点から考えないと、テクノロジーが進むから自分たちも突き進もうでは済まない問題が出てくると思う」と話していた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

ドン・キホーテに登場した1万2800円の激安「360度撮影ドラレコ」その実力は? – Engadget 日本版高機能ではないけど映像記録用としては十分

マイクロソフト、企業にInternet Explorerの使用をやめるよう要請。「IEは技術的負債もたらす」 – Engadget 日本版そろそろ新しい環境に更新しましょう

中国、22年には監視カメラが27億台に?人口のほぼ2倍―米メディア|レコードチャイナRFAは「現在、中国の至るところにある顔認識システムが通行人の一挙一動を記録している。政府はこれを『スマートシティ』と称する」とも伝えた。(翻訳・編集/野谷)

日本の防犯カメラ、500万台に迫る:日経ビジネス電子版 三菱電機ビルテクノサービスが実施した意識調査では、「様々な場面で防犯カメラがついていると安心するか」という問いに、8割が「安心する」と回答した。防犯カメラによって見守られ、犯罪が抑止される安心感があるようだ。

全文表示 | 「創業者の死」に疑問あり? カナダ仮想通貨「引き出せない」騒動の奇々怪々 : J-CASTニュース 「ミステリー」の様相もみせてきたカナダの仮想通貨問題。今後の展開に注目が集まる。

MIT Tech Review: 自律自動運転車で都市の交通渋滞はむしろ悪化?UCSCが予測だが、無人運転乗用車は交通渋滞に拍車をかけることになるだろう。なぜなら、駐車しているよりも走行し続ける方が安上がりだからだ。カリフォルニア大学サンタクルーズ校(UCSC)で環境学を研究するアダム・ミラード=ボール准教授は、学術雑誌『交通政策(Transport Policy)』で上記のように述べている。さらに悪いことに、低速で走るほどコストが安くなるため、無人乗用車はゆっくりと走行し、結果として全体がのろのろ運転になる恐れがある。「自律型自動車は大混乱を引き起こすあらゆる誘因をはらんでいます」と、ミラード=ボール准教授は述べる。

MODX Evolution 1.0.21J をリリースしました|MODX 日本公式サイト

コメントを残す