メジロと白梅

社会の害悪「劣化したオッサン」が量産される理由 | 要約の達人 from flier | ダイヤモンド・オンライン 劣化して社会の害悪となってしまった「オッサン」が量産される構造的な問題について、数々のベストセラーを生み出してきた山口周氏は、人文科学的な知見をもとにその原因を分析し、解決策としての処方箋を提示する。なおここでいう「オッサン」とは、いわゆる「オジサン」と呼ばれる世代の人たち全員を指しているわけではない。古い価値観に凝り固まって、過去の成功体験に拘泥し、謙虚さや学ぶ姿勢を失ってしまった人たちこそが「オッサン」なのだという。
(1)バブル崩壊の影響を受け、オッサンたちは社会や会社に対して恨みを抱えている。
(2)組織は大きく古くなればなるほど、三流の人材が増えて劣化していくという宿命を負っている。
(3)「劣化したオッサン」に立ち向かうには、「オピニオン」と「エグジット」を行使しなければならない。そのためには汎用性のある知識を身につけて、「モビリティ」を高めることが必要である。
(4)これからの年長者が社会貢献するためには、「教養」を身につけた支援型リーダーシップの発揮が必須だ。
(5)オッサン化を防ぐもっともシンプルな処方箋は、謙虚に新しいものを学び続けることである。
 年をとっただけで「老いる」ことはない。いくつになっても創造的で知的パフォーマンスが落ちない人々は、常に目標をもってチャレンジをし続けている。劣化したオッサン社会に対するもっともシンプルな処方箋は、わたしたち一人ひとりが謙虚に新しいものを学び続けることなのである。


スキルス胃がんの早期発見は可能か?「5年生存率7%未満」の現実 | 男の病気 | 健康 | ダイヤモンド・オンライン

中国の「鉄のラクダ」が世界を動かす 現代のシルクロードでいま起きていること:朝日新聞GLOBE+絹や茶をラクダに積んで西域に向かうキャラバンの起点だった中国・西安。かつて全土から運河を伝って届いた物資をラクダに載せる港だった場所は今、「西安港」と呼ばれる巨大な物流拠点に姿を変えていた。
大型クレーンが警報音を鳴らしながら、長さ約12メートルのコンテナを貨車に次々と積み込んでいく。カザフスタン、ロシア、ベラルーシ、ポーランドを経て、ドイツなど欧州へ。40両以上を連ねて、1万キロに及ぶ鉄路を2~3週間で駆け抜ける貨物列車「中欧班列」の発着地だ。「鉄のラクダ」とも称される。

「人間は間違いを選ぶが、AIの言うことは聞かない」 米軍の科学者らが結論 – Sputnik 日本軍の専門家らがカリフォルニア大学サンタバーバラ校の研究者らと共同で実施した調査によって、コンピューターから得られる結論よりも自分自身の判断の方をはるかに信用する人が大多数に上るとの結論が導き出された。

結局、1円も払わず踏み倒し……「神戸アニメストリート事件」の岸建介氏、新店舗は評判上々で結婚まで!? (2018年10月1日) – エキサイトニュース 昨年、世間を騒がせた「神戸アニメストリート」の騒動を覚えているだろうか。神戸市長田区の再開発ビルに2015年に開業した「神戸アニメストリート」の運営会社である株式会社神戸アニメストリートが、売上金の踏み倒しを重ねた揚げ句に、昨年6月末で閉鎖した事件である。

なぜ? LINEからも逃げ出し始めた若者たち : 深読み : 読売新聞オンライン フェイスブックは、それほど親しくない人も含め、多くの人とつながって、最低限の連絡が取れる「名刺」的な役割を果たしている。
 そんなフェイスブックと同じように、LINEも今や、若者にとっては、あまり親密ではない人とも連絡を取れるインフラの一つになっているようだ。利用はするものの、一時ほどの「熱狂」はほとんど見られなくなった。
 若者たちは、新しく「大人があまりいない場所」にいつも心を惹ひかれるものだ。このため、若者たちにとって、SNSの「流行はやり廃すたり」はとても早い。企業が採用活動やマーケティングで10代にアプローチしたいと考えるのなら、常に若者のSNS利用動向を把握すべく努めることが肝要といえそうだ。

中国共産党の元スパイが激白「俺は日本人情報源をこうして籠絡した」(クーリエ・ジャポン) – Yahoo!ニュース酒と女、これに尽きる。
俺は1993年に台湾へ本帰国するまでの40年間を日本で暮らしたが、日本のインテリジェンスも積極的に俺への接触を図ったことは話してもいいだろう。
公安調査庁初代長官の藤井五一郎、内閣安全保障室(現・内閣官房国家安全保障局)初代室長の佐々淳行らは、俺が東京池袋で経営する中華料理店に自らやって来て、日本の立場でいかにして台湾や中国を俯瞰すべきかといった観点から意見を求めて来た。
ファーウェイが解放軍や国家安全部と連携しているのは疑いようもない。カナダ当局に逮捕された孟晩舟・最高財務責任者(CFO)が8通以上の「正式なパスポート」を所持していた点からも、彼女が中国政府の諜報任務を負っていることは明白だ。
100歳の台湾人革命家・史明 自伝 理想はいつだって煌めいて、敗北はどこか懐かしい | 史明, 田中 淳 |本 | 通販 | Amazon

米英など5カ国「ファイブアイズ」、日独仏と連携 サイバー攻撃、中国の機密情報共有 – 毎日新聞 「ファイブアイズ」と呼ばれる米国や英国など英語圏5カ国の情報機関が、日本、ドイツ、フランスの3カ国と連携し、中国などのサイバー攻撃に関する情報共有の新たな枠組みをつくった。サイバー攻撃に共同で対処するのが狙いで、5カ国は日独仏に対策強化を要請。日本が政府調達から中国企業の通信機器を事実上締め出す方針もこれを受けたもので、今後はインターネット上で大量のデータを管理する「クラウドサービス」についても、政府への納入業者を対象にした厳しい安全基準を策定する方針だ。

年収180万円程度の日本人が「激増」する未来 | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準リーマンショック以降、世界中で富の格差が広がりました。
ではこれから先、格差の未来はどうなるのか? 実は2020年代に入ると富の格差はさらに広がり、先進国では新下流層というあたらしい階級が生まれると予想されます。『格差と階級の未来』の中でこれから起こりうるあたらしい経済格差について分析を展開する鈴木貴博氏が、将来のサバイバルのために必要な考え方を総括します。
ただ、結論として世の中は新下流層という新しい階級と、資本家階級に二分化されるようになります。ではどうすればいいのでしょうか。
もう少しわかりやすく言えば、ほとんどゼロに近い金利しかつかない銀行預金をやめて、iDeCoやつみたてNISAのような投資信託の運用を始めること。それもグローバル企業に投資する投資信託を少しずつ積み立てていくこと。こういった行動を取ることが、これから格差が拡大する未来に抵抗する非常に重要な視点だというのが、この話の最後の結論です。
格差と階級の未来 超富裕層と新下流層しかいなくなる世界の生き抜き方 (講談社+α新書) | 鈴木貴博 | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon

Tカードだけじゃなかった 個人情報提供どこまで(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 情報提供はポイントカードだけではない。交通系ICカード「PASMO(パスモ)」を扱う東京メトロは照会書での依頼に対し、自動改札機の通過記録(カード番号と時刻)を提供。利用者名は提供していないという。

落書き1121件 防犯カメラを無償貸与 東京・港区、対策強化へ (毎日新聞) – Yahoo!ニュース 東京都港区が区内全域の「落書き実態調査」を23区で初めて実施したところ、六本木や麻布、新橋などの繁華街、高級住宅地を中心に計1121件が確認されたことが分かった。区は2020年東京五輪・パラリンピックを控え「景観の悪化は治安の悪化につながる」(防災課)と憂慮。同じ場所に繰り返し落書きされる例が多いため、区は19年度から、防犯カメラを無償貸与して再犯防止に乗り出す。【高橋昌紀】

第3回 胃がん、ピロリ菌、十二指腸潰瘍と血液型の不思議な関係:日経ビジネス電子版 まず、PSCA遺伝子の方は、十二指腸潰瘍になりやすいタイプの人は、そうでない人に比べてリスクが1.84 倍高い。さらに血液型のABO遺伝子では、O型の人ではA型に比べ1.43倍、リスクが高いことが分かったという。血液型が関係しているというのは意外だが、実は血液型を決めるABO遺伝子は胃、十二指腸、大腸などの消化管で多く発現しており、O型の人はコレラやO-157感染が重症化しやすいことが知られている。つまり、何らかの細菌に対する防御応答に関与していることが示唆されており、ピロリ菌の感染についても、それと似たメカニズムが働いているのかもしれない。

図書館が「老人の館」に!トラブル続発で逆ギレ、怒号も | 消費インサイド | ダイヤモンド・オンライン超高齢社会の日本では、2065年には約3.9人に1人が75歳以上になるという。そんな日本の姿を反映するように、公共図書館には高齢者の姿が目立つようになり、今までなら考えられないようなトラブルが起こっている。
 認知症への対応はもちろん、健康や相続など、高齢者を取り巻く環境から、新しい高齢者向けサービスのヒントを図書館で見つけることができるかもしれない。図書館は理想を語ることのできる場所。周囲もポジティブに高齢者が社会参加できる仕組みづくりを応援することで、「キレる老人の館」という誰の役にも立たない、世にも恐ろしい図書館の出現を防ぐことができるのである。

障害者対象、初の国家公務員試験 倍率は13倍 | ハフポスト 中央省庁での障害者雇用者数の水増し問題を受け、政府が初めて行う障害者対象の国家公務員統一試験が3日、全国9都道府県の22会場で実施された。676人の採用枠に対し、約13倍となる8712人が申し込んだ。この日の1次選考は筆記と作文で、2次選考を経て年度内に採用が決まり、働き始める。

「ウナギを食べたいから守る」 密漁で消える水産資源の将来 勝川俊雄×鈴木智彦 (1/2)漁業の現場に暴力団が深く浸透している実態を描いた『サカナとヤクザ 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う』(小学館)が注目を集めている。29日、同書の著者であるフリーライター鈴木智彦さんと、日本の水産業の実態に詳しい東京海洋大学准教授の勝川俊雄さんによるトークセッション「ゆれ動く日本の水産業と食文化を考える――豊洲市場移転、漁業法改正…そして、サカナとヤクザ」が、東京都品川区のイベントスペース「ゲンロンカフェ」で開かれた。

かつてベトナム戦争で死闘を演じていた米軍と北朝鮮空軍同放送は、ベトナムに派遣されたパイロットの数は報じていないが、韓国の聯合ニュースなどの報道では約200人が参戦し、うち十数人が死亡したと見られるという。
ちなみに、北朝鮮は第4次中東戦争に際しても、エジプトとシリアに空軍パイロットたちを派兵し、イスラエル空軍と戦った。

「就活支援」に超熱心な大学ベスト10校

「通信障害ありえない」楽天・三木谷氏の聞き捨てならぬ問題発言楽天・三木谷社長「大規模通信障害、基本的にうちではありえない」━━クラウドベースの最先端ネットワークに自信
どのキャリア、ベンダーも通信障害を起こさぬよう、日々、尽力しているにも関わらず、ちょっとしたトラブルで大規模障害が発生しているのだ。

コメントを残す