今日のリンク

豊洲新市場開業で周辺の湾岸マンションの資産価値は上がるか 目ざとい者は、すでに売り急いでいる。空気の変化を読めない人々は、「祭りの後」に呆然とするかもしれない。


大迫傑1億!日本新更新し3位/シカゴマラソン詳細 – 陸上ライブ速報 : 日刊スポーツ<陸上:シカゴマラソン>◇7日◇シカゴ◇42・195キロ
世界最高峰シリーズ「ワールド・マラソン・メジャーズ」のシカゴで、大迫傑(27=ナイキ)が2時間5分50秒(速報値)で3位だった。設楽悠太(Honda)がつくった2時間6分11秒の日本記録を更新し、日本実業団連合による報奨金1億円を手にした。
優勝はモハメド・ファラー(英国)で2時間5分11秒だった。

女子中高生「インスタいじめ」の執拗なやり口(東洋経済オンライン) – Yahoo!ニュース 裏を返せば、インスタグラムでは運営元による対策が必要なほど日常的にいじめが行われていると言える。今、インスタグラムで何が起きているのか。

加計理事長が疑惑を晴らすには問題となっている2015年2月25日に、安倍総理と会っていないのであれば、「記憶にない」だけではなく、その日にはこれをしていたから会っていない、と証明すべきです。

カリフォルニア州でデバイスのデフォルトパスワードを禁ずる法律が成立 – Engadget 日本版その法律によると、ルーターやスマートホーム製品など、同州で生産されるすべての新しいガジェットは、最初から”リーズナブル”なセキュリティ機能を持っていなければならない。とくにパスワードについては、各デバイスが、あらかじめプログラミングされたユニークな(他機と共通でない)パスワードを持っていなければならない。

世界で一番わかりやすい!英検CSEスコアを説明します! | 4skills

福岡:イエバエで食糧危機解消 昆虫技術をバイオ企業開発 – 毎日新聞旧ソ連の研究引き継ぐ
 福岡市のバイオベンチャー「MUSCA(ムスカ)」がイエバエを使い、家畜の排せつ物や食品残渣(ざんさ)などの有機廃棄物を1週間で分解して肥料にし、同時に動物性たんぱく質飼料も作る「昆虫技術(Insect Technology)システム」を開発した。今年度中にこのシステムを使ったリサイクル事業の実用化と量産体制構築を目指している。同社の暫定CEO(最高経営責任者)に7月就任した流郷綾乃さんは「昆虫の力で、食糧危機に終止符を」と意気込んでいる。

世界気温:早ければ2030年にも1.5度上昇 IPCC特別報告書 – 毎日新聞 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は8日、地球温暖化の影響で早ければ2030年にも産業革命前からの平均気温上昇が1.5度に達し、サンゴ礁の大部分が死滅するなど地球環境の悪化が進むと予測した特別報告書を公表した。温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」で目標とした2度上昇に比べ、海面上昇のリスクにさらされる人々を1000万人ほど減らせるなど、1.5度上昇に抑えることで被害を軽減できる可能性も示した。
Intergovernmental Panel on Climate Change – WikipediaThe Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) is a scientific and intergovernmental body under the auspices of the United Nations,[1][2] set up at the request of member governments, dedicated to the task of providing the world with an objective, scientific view of climate change and its political and economic impacts.[3]

コメントを残す