今日のリンク

「ロヒンギャって呼ばないの?」日本からは見えない難民問題の根っこ「旧日本軍も関係していた」って本当?(withnews) – Yahoo!ニュース ロヒンギャ問題解決のためには、国籍をどうするか、宗教的な違いをどう乗り越えるかなど、様々な問題が絡んでいます。でも、一つだけ言えることがります。それは、日本にとって決して他人事ではないということです。

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

初のアレルギー戦略策定 厚労省「防ぎ得た死ゼロに」「革新的治療の実現」(産経新聞) – Yahoo!ニュース 花粉症患者の全国的な人数は明らかではないが、東京都が今年まとめた調査では、都民の48・8%がスギ花粉症で、10年前から17・4ポイント増加。花粉症は今や「国民病」とも称される。厚労省によると、気管支ぜんそくなどアレルギー疾患による死亡者も26年に約1500人に上った。

早慶など17私大、3年で合格者3万8千人減 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 大都市圏の有力私立大が近年、合格者数を大幅に減らしている。都市部への学生の集中を防ごうと、文部科学省が入学定員の管理を厳しくしたためだ。早慶など17大学の2018年春の合格者数(一般入試)は、厳格化前の15年春に比べて計3万8000人減少した。浪人生も増えており、大手予備校は「来春も狭き門が続く」と分析している。

むずかしすぎる!五輪大会ボランティア応募フォーム(神田敏晶) – 個人 – Yahoo!ニュース多少、辛口な評価だが、8万人集めなければならない無料ボランティアの応募フォームだ。筆者の応募フォームに30分どころか、約半日費やしたことを考えると、1日も早く改善されなければならない。それでないとボランティアは集められない。
また、この応募フォームが、天下の広告代理店の電通さんの仕事だったとしたら始末書ものだろう。営業担当は頭を丸めてすぐに謝罪にいくべきだ。いや、そんな暇があればこのフォームのエラーを見直すべきだ!

災害時の「まさか」はなぜ起きるのか 正常性バイアスの恐ろしさ – Yahoo!ニュース「素直になれるかどうか、です。警報や周囲の注意喚起を、素直に受け入れることです。そのためにもまず、人間には正常性バイアスなどの心理的傾向があるということを知り、自分の中にもそれがあるのだと意識することが必要です。もう一つ重要なのは、自問自省することです。災害時だけでなく、日頃から『今自分はバイアスにとらわれていないだろうか』と意識することで、行動が変わってきます」

今日のリンク

Login東京2020大会ボランティア マイページログイン

ネイティブ発音の「Have to」が聞き取れない理由“have to”の部分を
“haf ta”というように
発音を心がけましょう。
can I キャナイ
look out ルッカウト
in a インナ
have a ハヴァ
what I ワライ
kind of カインダ
talk about トーカバウ
tell him テリム
make it up メイキラップ
give me ギミ
should have シュダ
would have ウダ
could have クダ
what do you ワダヤ
when do you ウェンダヤ

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

名医は虫歯を削らない 虫歯も歯周病も「自然治癒力」で治す方法 | 小峰 一雄 |本 | 通販 | Amazon削れば削るほど、歯は悪化し体は不健康になる!
人間が持つ「自然治癒力」を活かし、虫歯や歯周病の改善どころか全身の健康寿命を伸ばす画期的治療法のすべてが、いま遂に明らかに!
“世界のスーパードクター”としてカリスマ的信望を得る名医が、35年に渡る歯科研究の成果を一冊に著す待望の初著作‼
〈巻末特典〉として、“削らない虫歯治療”ドックベスト療法が受けられる全国の歯科医院リストを収録!

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

ハンコよさらば! 茨城県庁の決裁、ほぼ100%電子化(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 電子決裁のメリットは、文書ファイルの検索・再利用が容易となる▽ペーパーレス化で書棚スペースを削減できる▽出張先など庁外でも決裁作業ができるため在宅勤務を進められる――などだ。
 特に期待されているのが、文書保管後の書き換えができなくなり、改ざんを防げることだ。現在開会中の県議会で、大井川氏は「公文書の適切な管理は将来の説明責任を全うするためにも重要。電子決裁率を高めることで、改ざん防止の効果が期待できる」などと答弁し、電子化の推進に意欲をみせた。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

<ストーカー>「加害者の考え方変える」医師による治療(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 神奈川県内で唯一、県警から委嘱を受けストーカー加害者を治療している「大石クリニック」(横浜市中区弥生町)の大石雅之院長(64)が毎日新聞のインタビューに応えた。これまで、県警が仲介したケースを含む46人の治療に関わってきた。大石院長は「被害者の防御だけでは限界がある。加害者の考え方を変える治療もあることを知ってほしい」と呼びかけている。【杉山雄飛】

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

もう一回、バブル崩壊が見られるかも! (1/2)だから無理して購入するより、賃貸に住み続けてればいいんです。
でもバブルの頃も、多くの(真面目な)人がめっちゃ無理をして家を買ってました。
「また上がってる! 少し無理をしてでも今買わないと、一生、買えなくなる!」と焦りまくり、
「ぜったいに買ったほうがいい理由」をいくつも並べ立て、自分で自分を洗脳しながら。
私は就職した直後にバブルとその崩壊に遭遇し、「ほんとに貴重な経験だった。もう二度とこんな経験はできないだろう」と思ってました。
でも・・・ もしかしたらもう一度、あれを経験できるのかもと思い始めた今日この頃です。
くわばらくわばら。
続きを読む 今日のリンク