今日のリンク

食べられると野菜も痛みを感じる?米国でヴィーガン論争を巻き起こした日本人研究者の大発見 (1/2)植物が実は痛みを感じているーそんなニュースが大きな話題になっている。より正確に言うと、脳や神経を持たない植物が傷つけられると、その情報を他の部分に伝える仕組みが解明されたのだ。
「痛みを感じる」植物を食べると殺生なのか
この研究は、ニューヨークタイムスやフォーブスやナショナルジオグラフィックでも大きく取り上げられました。アメリカにはベジタリアンやヴィーガンといった動物性のものを食べない人が多くいるんですけど、驚いたのは、これからヴィーガンはどうするのかと盛り上がっていたことです。米サイエンス誌のYouTubeではアメリカ人が熱く議論しているのを見ました。
アメリカでは多くの場合、大学院生は授業料を払わなくていいくらいの「給料」のようなものが受け取れます。アメリカの場合は州立大学でも何百万円とか大金がかかってしまいますが、学科や学部がアルバイト代として出してくれるんですよね。だから生活そのものは困らない。
だけど日本の学生って、博士課程とかでも学費も払わないといけないし、一人暮らしするなら生活費も稼がないといけない。だから多くの学生がアルバイトをしています。僕の時代でも、コンビニの深夜バイトをやっている人は周りにも結構いました。そういう貧しい時代に、唯一自分を支えてるのは「研究が楽しい」っていう科学に没頭する純粋無垢な気持ちだけでしたよ。
日本では、27歳の新卒で一般企業に就職するのは難しいという実態が根強くあります。僕がアメリカで経験した大きな違いの一つは、博士号の評価が高いということ。学位を取ってからベンチャーに勤めたり起業したりといったケースが多いんです。

【7時アップですが怒らないで】満員電車、お疲れさまですあの満員電車は、車イスの人は乗れません。
お年寄りも乗れません。
妊婦さんも乗れません。
松葉杖の人も乗れません。
仮にそういう人に席を譲ろうとしてもその人を発見することすらあの満員電車ではできません。
いわば”一定の人は乗れない”人権問題ではないかと記しました。
続きを読む 今日のリンク