今日のリンク

不可能といわれていた「100m走9秒台」の記録が増えてきたのはなぜ?<才能の正体> – 坪田 信貴 技術の話を、別の例で考えてみましょう。《第1章「才能」とは何か?》の中で、かつて人類には無理と言われた、フィギュアスケートの四回転ジャンプや100メートル走のタイムで10秒を切るということが、今はクリアできていることに触れました。
 これ、不思議なことに、一人ができるようになると、クリアできる人がその後に次々と出てきますよね。
 これも「技術」です。
 できるんだ! ということがわかると、すでに「技」を持つ彼らは、できる人を徹底的に研究して「術」を導き出し(コーチなどの指導者の力も借りて)、普通の人にとっては“ありえない目標”のクリアへと向かうことができるのです。
続きを読む 今日のリンク