今日のリンク

「ブロックチェーン信仰」が揺らぎ始めた理由 | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準金融は「電子化・集中化・規制強化」に向かう
しかし、今年6月に発行されたBIS(国際決済銀行)の「年次報告書」が、ブロックチェーンに致命的な欠陥があることを指摘したのである。先進各国の中央銀行、もちろん日本銀行も参加している。指摘があったのは報告書の第5章。ビットコインを例に挙げ、その仕組みを具体的に解説し、暗号資産の欠陥、特にブロックチェーンを用いた分散型台帳の欠点がはっきりと書かれている。このような説明が「BIS」から出たということ、そしてその”厳しい”論調に筆者も驚いた。
中央型(一元集中管理型クライアントサーバー)システムに比べ、ブロックチェーンを用いた分散型(分散型台帳)は、遅い、効率が悪い、スケーラブルではない(データ量が増えると機能しなくなる、大量の処理でネットワークの混雑が発生するなど)、莫大なエネルギー(電力)を消費する(多数のコンピュータを用いて演算を延々と行うために膨大なコンピュータの演算能力を消費するため)と説明されており、ごもっともといった感じである。

続きを読む 今日のリンク