今日のリンク

驚きの1000本ラリー 福原愛“衝撃の練習量”が卓球界に残したもの – 伊藤 条太 福原は子供の頃、マスコミから「天才卓球少女」と呼ばれた。4歳児が毎日1000本ラリーができたのだから天才と言えたかもしれない。一方で、あれだけ練習をしたら誰でもできるようになるだろうから天才ではないという声も聞かれた。本人にとってはどうでもよいことだ。選手は評論家ではない。自分を信じるしかないのだ。
〈天才はいるか。いる。君だ。君は「自分は世界にたったひとりしかいない天才だ」と思わねばならない。一方では、「他の人もみんな、一人ひとりが天才だ」と思うことのできる心の余裕を残してほしい。「自分は天才だ」と、ほんとうに思えるときは、「天才はいない」ということに人は気づくのである。〉荻村伊智朗(「中高校生指導講座Ⅱ」卓球レポート編集部刊)
「天才卓球少女」と呼ばれた福原が卓球界に残したもの、それは「天才はいない」ということだったのかもしれない。
愛ちゃん、本当にお疲れ様。そして、ありがとう。
続きを読む 今日のリンク