今日のリンク

米朝会談が「対話のための対話」に終わらざるを得なかった理由 | 田岡俊次の戦略目からウロコ | ダイヤモンド・オンライン「非核化」で消えた
「検証可能」と「不可逆的」
 従来トランプ大統領ら米政権は「CVIDが達成されるまで、最大限度の圧力をかけ続ける」と言い、安倍首相も口癖のようにそれを繰り返していた。ところが今回、トランプ大統領は非核化に着手さえすれば非核化を果たしたと同然、と言うのだから大違いだ。まるでマラソンで走り出せばメダルを授与するような形だ。
「完全な検証」はもともと無理だった
戦争で負けたイラクとは違う
「不可逆」はさらに困難
技術者の知識、経験は消せない
 今回の首脳会談後の記者会見でトランプ大統領は、北朝鮮が「非核化に向かって具体的行動を取れば」制裁緩和などの見返りを出す姿勢を示した。これは、北朝鮮が求めていた段階的対応を承諾したことを示している。
トランプ大統領は
“困難な現実”に屈した
選挙前に「外交上の得点」を優先
日本は「対米従属」が強まる懸念
戦争回避の利益は大きい
無意味な対話ではなかった


消防団:ポンプ車、使えなくなる? 道交法改正で困惑 – 毎日新聞中型免許が必要 団員確保懸念
 消火活動に使うポンプ車の多くが、道路交通法改正(昨年3月施行)後に普通免許を取得した人が運転できず、茨城県内の消防団が頭を抱えている。改正を受けて運転できる車両が総重量5トン未満から3.5トン未満になった一方、3.5トン未満でポンプ車に水槽は付けられず、3.5トン以上が主流のためだ。消防団の若手不足が深刻な中、新規入団者に準中型免許の取得を義務付けるのも難しく、「どうしたらいいか」と困惑している。【吉田卓矢】

カジノ法案、採決強行へ きょう午後衆院委員会(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

国家公務員、副業容認へ…公益性高い業種のみ(読売新聞) – Yahoo!ニュース 政府は、原則禁止されている国家公務員の副業を特定非営利活動(NPO)法人など公益性の高い仕事に限って認める方針を固めた。民間企業でも副業を容認する動きが広がっており、政府としても多様な働き方を後押しすることにした。社会的な人手不足に対応する狙いもある。

国産ナマコに漁獲証明制度=暴力団の資金源根絶へ―水産庁(時事通信) – Yahoo!ニュース 価格高騰で密漁品の輸出が横行し、暴力団などの資金源になっているとされる。税関で都道府県の漁業協同組合連合会が発行する原産地証明書の提示を求め、暴力団などの資金源になるのを防ぐ。

<東京ディズニーシー大規模拡張>パークNo.1保てるか 巨額投資で集客強化 効果などに注目(千葉日報オンライン) – Yahoo!ニュース 来園者の増加に伴い課題となっている混雑対策について、上西社長は「混雑を全く感じないというのは難しいが、その中でも来園者の体験価値を高めることで、満足度を上げることが大切だ」と大規模拡張の意義を説明。

コメントを残す