今日のリンク

五輪ボランティア「近郊交通費」提供へ 現金以外を検討(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 組織委は今年9月から、8万人の大会ボランティアの募集を始める。3月に募集要項の素案を公表した際には、提供する物品はユニホームや活動中の飲食に限られていた。だが、その後の有識者会議で「活動環境を整える上でも、近郊交通費ぐらいは出せないか」との意見が出た。実際にかかる運賃に関わらず全員に一定額相当を提供する方針で、現金支給ではなく、交通系カードや商品券などの形を検討する。地方から参加する人への東京までの交通費や宿泊費は支給されず、自己負担となる。

セクハラ罰則は見送りへ 政府、省庁幹部の研修義務化(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 前財務事務次官のセクハラ問題を受けて、政府が検討していたセクハラ被害防止策に、罰則を含めた法整備が盛り込まれないことがわかった。法整備は野田聖子・男女共同参画相が意欲を示していた。被害防止策は各省庁の幹部職員への研修の義務づけなどが柱で、12日の「すべての女性が輝く社会づくり本部」(本部長・安倍晋三首相)で決定する。

お金なし、知名度なし、人気生物なし 三重苦の弱小水族館に大行列ができるワケ(ITmedia ビジネスオンライン) – Yahoo!ニュース 予算がない、スタッフが少ない、そもそも客が来ない。かつての竹島水族館のような状況にある会社は世の中に多い。言い訳のネタならば事欠かない。しかし、環境が悪ければ悪いほど、「お客さんが求めることをなりふり構わずにやってみよう」と開き直ることもできる。起死回生の改革案や本当に顧客に喜ばれるアイデアはそこから生まれるのだ。小林さんが率いる竹島水族館の成功と現在進行形の奮闘は、「仕事とは何か」という問いへのシンプルな答えを教えてくれる。
(ライター大宮冬洋)

「円」はなぜ安全資産と呼ばれるのか–日本が持つ世界最大の対外資産とは(BUSINESS INSIDER JAPAN) – Yahoo!ニュース27年連続で世界最大の対外債権国

みずほFG、背水のシステム移行 「3度目」許されない(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース みずほフィナンシャルグループ(FG)は9日から、銀行業務をつかさどる基幹システムを新型に移す作業を始める。作業は1年がかりで、週末に現金自動出入機(ATM)が一時使えなくなるなどの影響が利用者にも出る。過去に2度の大規模なシステム障害を起こし、「3度目」は許されないだけに、作業の現場は緊迫している。

穂積絵莉/二宮真琴が決勝進出、日本人ペア史上初の快挙 [全仏テニス](テニスマガジンONLINE) – Yahoo!ニュース 日本人ペアによるグランドスラムの同種目での決勝進出は、史上初の快挙となる。

セクハラ禁止、初の条約化採択=ILO総会、各国の対策後押し―来年に詳細持ち越し(時事通信) – Yahoo!ニュース 委員会報告は、通勤時や休憩中も含めた業務中に「身体的、心理的、性的、経済的に損害を与える」恐れのある行為を「絶対に許容しない」ことや、予防措置の導入を提言。求職者や被解雇者も対象にすべての労働者を保護する必要があるとしている。 

カズオ・イシグロさん「サー」に ナイトの爵位授与へ(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 英国政府は8日、エリザベス女王の誕生日にちなむ叙勲名簿を発表した。長崎出身で昨年ノーベル文学賞を受賞した作家カズオ・イシグロさん(63)に、「サー」の称号で呼ばれるナイトの爵位が授与されることになった。

火山噴火のハワイ島、住民が溶岩より恐れるものとは(読売新聞(ヨミウリオンライン)) – Yahoo!ニュース米ハワイ島のキラウエア火山で5月初めに発生した火山活動は現在も続き、赤みを帯びた溶岩が流れる様子が世界中で報道されている。その 凄(すさ)まじい光景に観光客は激減。AP通信によると、ハワイ州の観光事業が被った経済的損失は5月23日までに1億6600万ドル(約183億円)に及んだと推定されるという。しかし、現場近くに住む写真家の石川結雨子さんは「本当に危険なのはごく一部の地域だけ。現地の人々は落ち着いている」と話し、むしろ、海外での過剰反応による“二次被害”を心配している。(聞き手・読売新聞メディア局編集部 中根靖明)

進化するサッカーボール ロシアW杯はICタグ付き(NIKKEI STYLE) – Yahoo!ニュース

硫黄島、火山活動で急激に隆起…滑走路にひびも(読売新聞) – Yahoo!ニュース 国土地理院によると、直近の隆起は2006年頃に始まり、11年頃から加速した。防災科学技術研究所によると、観測が始まった1976年から現在までに約10メートル隆起しているという。地下のマグマが上昇し、地盤を押し上げているとみられる。長期間にわたる隆起のペースとしては世界的にまれという。

モンスターペアレントや客からの無茶ぶり、プロならこう受ける下手に自分で判断すると、火傷をする。何とかなる要求に無下に「ノー」を出してしまうと、学校自体にマイナスが及ぶ可能性がある。一方、断るべき要求に「イエス」を出してしまうのが更に痛い。「○○先生はやってくれた」という痛い前例を作ることになる。判断が難しいものは、即時対応せずに「持ち帰り」が基本である(確実にわかりきったようなことを管理職に聞くのもNGだが、間違った対応をされるよりましである)。

これぞ次世代政治!ブロックチェーンを活用した政治情報共有アプリ「PoliPoli」の中の人に会ってみた
「日本の政治をブロックチェーンで変える」19歳慶応生の挑戦——6兆円市場はブルーオーシャン | BUSINESS INSIDER JAPAN

陰惨画像に晒されサイコパス化したAI「ノーマン」。MIT、偏った学習ではAIも鬱屈すると証明 – Engadget 日本版この研究は、機械学習が入力される情報によって大きく左右されること、AIのアルゴリズムのバランスが崩れていると思われる場合、むしろアルゴリズムを形成する材料となったデータそのものに偏りがあるということを証明するために行なわれました。

コメントを残す