今日のリンク

「米韓同盟廃棄」カードを切ったトランプ:日経ビジネスオンライン「完全非核化」と交換、メディア通じさりげなく伝達

その症状、認知症ではなくうつ病かも:日経ビジネスオンライン意外に知られていない高齢者の特性
困った老人のトリセツ (宝島社新書) | 和田 秀樹 |本 | 通販 | Amazon本書は、私たちの親や将来の自分にも起こりうる様々な困った行動に対して、原因を知り、それに合った対処法について解説しています。対処法を身につけて高齢者への理解が進めば、高い確率で「困ったこと」はなくなっていきます。超高齢化社会となった日本で、知っておきたい老人との上手な付き合い方を教えます。


ジーコ氏「問題はメンタル。強さあれば」日本エール(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

談合防止へ「同業者と飲み会禁止」大林組、メール監視も(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

サケが高級魚に?日本の“朝の定番”ピンチ(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュースサケの生態を調べる研究機関「水産研究・教育機構北海道区水産研究所」によると、潮の流れが変わったことや、日本周辺の海水温が稚魚に適さず死んでしまったことなどが不漁の原因だという。
たこ焼きからタコが消える?! 世界で人気高まり価格高騰(FNN PRIME) – Yahoo!ニュース「アフリカのタコの不漁というのと、日本食がグローバル化されてる中で、ヨーロッパやアメリカ、中国でも食べられるようになった。価格的にはヨーロッパやアメリカは結構、高級商材みたいな感じで値段ドンドン上げて、去年の大体7割くらい上がってる」

<銀河鉄道999>初の実写ドラマ化 メーテルは栗山千明、鉄郎は前田旺志郎 異例の生放送(まんたんウェブ) – Yahoo!ニュース 松本零士さんの人気SFマンガ「銀河鉄道999」が、スカパー!で実写ドラマ化され、メーテルを栗山千明さん、星野鉄郎をお笑いコンビ「まえだまえだ」の前田旺志郎さんが演じることが15日、明らかになった。同作が実写ドラマ化されるのは初めて。ドラマを生放送する生ドラマという異例の形式で、6月18日午後8時からBSスカパー!で放送される。栗山さんがメーテルに扮(ふん)し、前田さんが鉄郎に扮したビジュアルも公開された。

<カンボジア>国王への不敬罪、初適用 小学校校長を逮捕(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 14日はシハモニ国王の誕生日で、カンボジアは13~15日が祝日となっている。7月に下院選を控えており、国際人権団体などは不敬罪が政権批判の口封じに政治利用されないか懸念している。

<千葉>「いじめ通報アプリ」全国へ 初めて導入の柏で効果(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 中学生を対象にしたスマートフォン用のいじめ通報アプリ「STOPit(ストップイット)」の活用が全国の自治体に広がっている。公立中のなかで昨年初めて導入した柏市で相談件数が急増し、効果を上げていることが影響しているとみられる。千葉大などは今後、いじめ対策の授業で使われる教材を産学官連携で増やしていく方針だ。

「どんぶり一杯」の薬を医者が出す理由:日経ビジネスオンライン特別編1回 薬を多く処方しても医者は儲からない
指揮者不在のオーケストラ

「4時間でぼろ儲け企業」と塀なき刑務所の接点:日経ビジネスオンライン 信頼の上に信頼は築かれ、期待の先に結果がある。そのシンプルな「人」の摂理を私たちは忘れているのかもしれない。

今年は4年に1度の出没多発年? クマに襲われたときはどうしたらいいのか「クマよけの鈴を鳴らしたり、携帯ラジオをつけっ放しにして、クマに人の気配を感じさせれば、クマは身を隠したり遠ざかる習性があります」
「クマとバッタリ出会ったら、クマがどこにいるか確認しながら後ずさりして距離を徐々にあけます。そうするとクマのほうから逃げていく場合が多いです」(後藤さん)
それでもクマに襲われたときはどうしたらいいのか、後藤さんがアドバイスします。「身を縮めて地面に伏せ、両手で急所の首を覆ってください。クマは自分にとって危険でないとわかれば立ち去ると考えられます」

金正恩に好意を感じる韓国人の心理 – 崔 碩栄(ジャーナリスト) 「一度騙されたらミス、二度騙されたら馬鹿だが、三度騙されたら共犯である」

海外旅行で骨折したら、目玉が飛び出るほどのおカネがかかった話(花房 麗子) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)ドクターヘリの料金は、仮に1万ドルとして計算しておこう。総計は3万1301ドル。290万1602円!
この時ほど、がんばれニッポンと思ったことはない。円高基調よ、続いてくれ。
入院費用「1日90万円」のこともある
「救援者費用」の合計のほうは後日連絡とのことだったが、おおむね、エスコートナース日当と渡航費用、羽田から自宅までの輸送費 で約200万円ということで、400万円の保険でカバー可能だった。

「ウズベキスタンに桜が植えられた理由」に視聴者涙 イモトの大健闘に喝采 – しらべぇ | 気になるアレを大調査ニュース!■ウズベキスタン・タシケントの桜
日本と同じく、春になると桜が咲き誇り、風物詩とされているウズベキスタン。13日の放送では、そんなウズベキスタンと日本の歴史について触れられた。
第二次世界大戦の終戦後、ウズベキスタンに連行された日本人捕虜のうち500名に、中央アジアでもっとも格式が高いとされる、ナヴォイオペラ劇場の建設が命じられる。
彼等は、ほとんどが手作業であったにも関わらず、細かな装飾や彫刻、壮麗な内装まで一切手を抜かずに、わずか2年で完成させた。
そのナヴォイオペラ劇場は、1966年に発生したタシケント大地震にも耐えて一面瓦礫の山と化した現地で避難所などとして活用され、多くの人々の命を救うことに。
そして、祖国に帰ることなくこの地で生涯を終えた日本人に「せめて桜を見せてあげたい」と、日本人墓地をはじめ、街に1,000本以上のソメイヨシノが植えられたのだという。

コメントを残す