今日のリンク

「ご飯論法」は安倍政権に共通する感覚では (1/2) 「ご飯論法」とは上西が特徴づけた言い逃れ答弁の論法で、「朝ごはんを食べましたか?」という質問に「(朝、パンは食べたけど、ごはん=米飯は)食べていない」と答えるようなやり方である
文書改ざんはアウトにされているが「ご飯論法」はセーフにされている
菅官房長官も「ご飯論法」
「霞が関文学」一般の話ではない
 ゆえに「ご飯論法」が認められるのであれば、足元が崩壊する、つまり議会論戦そのものが成り立たなくなるという感覚に襲われたのである。
 そして、佐川といい菅といい、そして加藤といい、この「ご飯論法」は安倍政権に共通する感覚・体質ではないのか、という思いを上西記事を読んで強くした。

ついに被害届提出。日大アメフト騒動の根底にある「昭和の監督体質」昭和の監督たちの終焉~レスリング協会や日大アメフト部の危機管理
1.危機管理の間違い
2.小学生でもぶん殴っていた昭和の体育教師
3.名選手と名監督は別物
4.事態収拾の道、一発逆転策はあるのか?

Amazon | Fire TV Stick
続きを読む 今日のリンク