今日のリンク

2018年の「ローラーボール」 (1/2)悪質な反則も、一部の不心得な選手や指導者が悪意で行うというより、上記の路線、すなわち、怪我をおして競技に出る選手、勝利のためにはすべてを犠牲にすることを厭わない選手が讃えられる社会の延長線上にある、と思う。このことへの自覚と反省が社会の中で広く共有されなければ、この種の悲劇がなくなることはないのではないか。そんな気がしてならない。

新社会人が絶対に手を出してはいけない「マネー3悪商品」 | 山崎元のマルチスコープ | ダイヤモンド・オンライン(1)リボルビング払い
(2)カードローン
(3)医療保険を含む生命保険
【マネーの判断ミスを避ける4原則】
(1)他人(金融マンも、友人も)が確実に儲かると教えてくれる儲け話は、信用しない方がいい。特に金融機関は、本当に有利に儲かるなら、他人に教えずに、その機会を自分で利用するはずだ。
(2)金融マンやロボアドバイザーのようなプログラムに、運用を「お任せ」したり、「相談」したりすることは、自分の状況を悪化させた上に手数料を払う愚行である。自分で判断できないことは、やらないと決めておこう。専門家に相談すると気が楽だという依頼心が隙を生む。
(3)少なくとも「相談」の相手と、「商品を購入する」相手を分けることが肝心だ。また、金融マンでもフィナンシャルプランナーでも、プロの時間を使うと高くつく。人間から運用商品を買うと幸せにならない。彼らを、敬して遠ざけよ。
(4)自分のお金の状況に関して、金融ビジネスを含む他人に情報を持たせない方がいい。特に、銀行はお金の動きを知っているので、銀行で運用商品を購入しないことが肝心だ。

続きを読む 今日のリンク