今日のリンク

医学書9千冊電子化「解体新書」もネットで 京大付属図書館(京都新聞) – Yahoo!ニュース 平安時代から明治時代に至る日本医学史を渉猟した富士川游(ゆう)(1865~1940)の約9千冊に及ぶ医学書のコレクションを、京都大付属図書館が電子化して公開を始めた。教科書などでおなじみの「解体新書」から戦国大名の家に伝わる医書まで、日本の医学史を総覧する和漢の典籍、西洋医学の翻訳書を読むことができる。
 京大貴重資料デジタルアーカイブの「富士川文庫」のコーナーから閲覧できる。18世紀後半に杉田玄白らが訳して出版した解体新書は、頭蓋骨のスケッチの細かな筆遣いまで読み取れる。1703年に上梓(じょうし)された「日用食性和解大全(にちようしょくしょうわげたいぜん)」では、健康のための体操をユーモラスな図柄入りで説明している。戦国大名の今川家に伝わる医書もあり、多彩な角度から古い医学の世界を垣間見られる。ダウンロードでき、無償で複製や加工、ウェブサイトへの掲載もできる。
富士川文庫 | 京都大学貴重資料デジタルアーカイブ
コンテンツの二次利用について | 京都大学貴重資料デジタルアーカイブ当ウェブサイト上のコンテンツのうち、京都大学附属図書館、吉田南総合図書館が所蔵する資料を複製した画像データ(以下「画像データ」といいます)は、特段の定めがない限り、以下の条件をすべて満たす場合に、特別な手続きを経ることなく無償で複製、加工、出版物やウェブサイトへの掲載等を行うことができます。
原資料所蔵館が提供する画像データであることを、著作権法に定める引用の方法に準じて明示してください。
(例)『資料のタイトル』(京都大学附属図書館所蔵)
(例)『資料のタイトル』(京都大学附属図書館所蔵)部分
(例)『資料のタイトル』(京都大学附属図書館所蔵)を改変
ウェブサイト等に掲載する場合は、掲載ページ内に当ウェブサイトへのリンクを含めてください。
画像データに対して加工、変形等の操作を行った場合は、その旨を明示してください。
画像データを利用する際は、自身で当ウェブサイトからダウンロードしてください(画像データの解像度は、公開しているものが最大です)。
続きを読む 今日のリンク