今日のリンク

40年以上未解決だった性的暴行事件が、4ヵ月で解決した驚きの理由(現代ビジネス) – Yahoo!ニュース犯人のDNAサンプルと家系図データベースを照合
 カリフォルニア州の警官たちが利用したのは、このGEDmatchの家系図データベースの方だ。
 警官らは2017年末、GEDmatch上に偽のユーザー・アカウントを作って、ここに過去の事件現場から採取された中でも、最も保存状態の良かった犯人のDNAサンプルを登録した。これをGEDmatchの家系図データベースと照合することで、1800年代に生存していた、犯人の5代前に当たる先祖(great-great-great grandparent)を探し出した。
 ここから警官達は「家系図専門家(genealogist)」の助けを借りながら、この先祖から分岐した多数の子孫たちを虱潰しに探索していった。その過程で過去の新聞記事、国勢調査、住民の死亡記録など、多種多様なデータと照合しながら候補を絞り込み、ついに今年4月、容疑者と、その現住所を探し当てた。
 この容疑者Joseph DeAngeloは72歳の男性で、元警官だった。
 DeAngelo容疑者の自宅近くに張り込んだ警官らは、彼が出した生活ゴミの中から、その体液(恐らく唾液)を採取。これをDNA鑑定したところ、「黄金州の殺人犯」のDNAサンプルにピタリと一致した。これを受け、4月末にDeAngelo容疑者は逮捕された。
 国民の多くは、遺伝子検査に基づく家系図データベースを警察捜査に転用することを、究極のプライバシー侵害と見るかもしれない。また仮に、自分の親族が犯罪を犯した場合、自分が提供したDNAデータによって、この犯人(親族)の逮捕に結びつく可能性もある。


金正恩が核放棄後にいきなり直面する「最も深刻な問題」(現代ビジネス) – Yahoo!ニュース 体制保証が果たされるのなら、核保有と核放棄は「等価」だ。トランプ政権は北朝鮮の核放棄と引き替えに体制保証を約束する。
 金正恩は核放棄で「外部の敵」からは体制保証を貰える。だが「内部の敵」から世襲独裁体制の安心立命を得られる保証はどこにもない。

マンション修繕、割高契約に注意 国交省「相場」を公表(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース マンションの大規模修繕工事の際、割高な代金で契約させられるなどトラブルが相次いでいることから、国土交通省は各地の工事を調査し、11日に結果を公表した。調査対象は過去3年間に施工された944事例で、1戸あたり「75万~100万円」が31%で最も多く、「100万~125万円」が25%、「50万~75万円」が14%と続いた。

生き残りへ、スーパーが最後の“陣取り合戦”か(ニュースイッチ) – Yahoo!ニュース スーパー業界で広がっているのが、グロサリー(食品雑貨)とレストランを組み合わせた業態「グローサラント」だ。食品売り場で買った商品を食べられるイートインスペースの機能に加え、その場でサンドイッチや総菜などを提供する。

「透明なノンアルビール」サントリーが投入 “昼のオフィス”需要創出へ(ITmedia ビジネスオンライン) – Yahoo!ニュース また、近年市場が拡大している「無糖炭酸」飲料にも目を付けた。オールフリーといえば「ビールの代わり」というイメージが強いが、無糖炭酸としての潜在的ニーズもある、と捉えたのだ。無糖炭酸市場では、ブームの火付け役となったアサヒ飲料の「ウィルキンソン」に追随し、各社が炭酸水の商品を投入している。最近でも、コカ・コーラシステムやサントリー食品インターナショナルが新商品を発売した。

<加計問題>柳瀬氏答弁広がる矛盾 愛媛知事、証拠示し反論(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 前鳥取県知事の片山善博・早稲田大大学院教授も「今の政府はうそをつきすぎて、しどろもどろになっている」と国側の対応を批判。愛媛県が柳瀬氏の名刺などを公開したことについては「政府が本当のことを明らかにしないなら、当然の対応だ」と擁護し、「柳瀬氏は早く真実を話すべきだ」と訴えた。【矢追健介、真野敏幸】

仮想通貨の業者撤退相次ぐ 監視強まり「再出発が最善」(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 仮想通貨の取引を担う交換業者が、事業からの撤退を決める例が相次いでいる。ずさんな資金管理やリスク対策の甘さが指摘され、コストをかけて態勢を整えることを断念している。緩い規制で業界の育成を優先してきた金融庁は、業者の数を絞って規制を強化する方向へ転換している。

「無法状態放置したくない」 NTT社長、海賊版サイト遮断で(ロイター) – Yahoo!ニュース[東京 11日 ロイター] – NTT<9432.T>の鵜浦博夫社長は11日の会見で、漫画などをインターネット上に無断掲載している海賊版サイトに対する接続の遮断(ブロッキング)を表明したことについて「ネット社会では私はやや悪者になっているようだが、無法状態を放置したくないという強い思いで準備をしてきた」と述べ、理解を求めた。

新東名、最高速110km/h区間の試行から半年、事故や違反は増えた?減った?(くるまのニュース) – Yahoo!ニュース 警察庁では、設計速度120km/hの高規格高速道路において「一定の条件が整えば最高速度を120km/hに引き上げる」方針を示していますが、実現するかは今のところ未定とのことです。

町田市ではしか患者を確認 沖縄からの患者と同じ医療機関で受診(ハフポスト日本版) – Yahoo!ニュース東京都町田市は5月9日、新たにはしかの患者が出ていたと発表した。同市によると、発症前に市内のバスを利用していたという。バスに乗り合わせた人たちに感染している可能性があるため、同市は注意を呼びかけている。

コメントを残す