今日のリンク

「誰がわかっているか」わからない問題情報が世に溢れる中で、本当に知っているというのはどういうことを自ら知っていること、また本当に知っている人は誰かを知っていることはとても価値があるように思う。相談する相手によって、最初にお願いする人によって、その後の展開が大きく変わる。最初に引く芋によって、ずるずる出てくる芋の方向が決まる。

ヤクザに迫力負け…韓国警察「へっぴり腰」動画で心配な統一の未来公開された動画を見ると、たしかにこれはひどい。警察官は、明らかに迫力負けしており、腰が引けている。男たちは警察官に対しても、腕力で抗っているように見える。明らかに公務執行妨害だろう。日本だったら、少なくとも警視庁や大阪府警など大都市の警察管内では、あり得ない光景ではないだろうか。

東京国際消防防災展 2018会  期平成30年(2018年)5月31日(木)から6月3日(日)まで 4日間
開場時間10:00から17:00まで(最終日は16:30まで)
会  場東京ビッグサイト 東5・6・7ホール、東屋外特設会場

キリンが“独り負け”からシェア急伸に好転した理由(ダイヤモンド・オンライン) – Yahoo!ニュース 目先の利益を求めて派生商品などの新商品を展開し、投資が分散されて悪循環に陥っていた。主力商品を絞り込んで販促費にめりはりをつけることで、攻める商品を明確にしたのが好調の理由だ。

「資産2407億円」実際は99億円 廃止11林業公社(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 借金で木を育て、売った収益で返済する。そんな青写真で事業を続けてきた都道府県の外郭団体「林業公社」の廃止が近年相次いでいる。これまで公社を抱えていた39都道府県に朝日新聞がアンケートしたところ14府県が公社を廃止し、うち11県が森林資産の実際の価値を回答。計2200億円の債務に対し、時価評価額は100億円弱だった。差額の多くは税金での穴埋めになる。

スルガ銀、11営業拠点で不正見逃し 融資の資料改ざん(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース シェアハウス投資などへのスルガ銀行(静岡県沼津市)の融資で資料改ざんが相次ぎ見つかった問題で、改ざんされた資料をもとにした融資が同行の11支店・出張所で行われていたことが、朝日新聞の取材でわかった。銀行側は通帳原本などの確認を行員に求めていたが、広範囲にわたって多数の不正が見逃されたことになる。スルガ銀は不正には関与していないとしているが、金融庁の検査などで不正の原因がどこまで解明されるかが焦点だ。

進まぬ職場のメンタルヘルス対策、管理職の対応が企業の損失を決定づける(ニュースイッチ) – Yahoo!ニュース しかし長時間労働や慢性的な残業が従業員の仕事継続の意思に影響がなくても、メンタルヘルスを悪化させる。たとえ休業や退職に追い込まれなくても、メンタルヘルスの不調によって4兆円を超える経済損失が出ているとの報告もある。

写真家・岩合光昭、原点はガラパゴス ネコにいい顔してもらえる秘訣とは?(THE PAGE) – Yahoo!ニュース ネコを撮るとき、岩合はネコに話しかけるという。
 「毎回そうです。『世界ネコ歩き』の撮影中、僕が一番口にする言葉は『いい子だね』っていう言葉だと思うんです。『いい子だね』って言うと、自然にこちらの表情なんかもやさしくなるんで、それがネコにいい顔をしてもらうきっかけになるんです」

1世紀ぶり夜空で“競演” 木、土、火星が相次ぎ最接近、同方角に(産経新聞) – Yahoo!ニュース 最接近するのは木星が5月10日、土星が6月28日、火星が7月31日。国立天文台の資料によると、現在も午前2時ごろには南西から南東の空に月とともに並んでおり、木星がマイナス2・5等級と最も明るい。
 この3惑星が連続的に最接近し、同じ方角に見えるのは大正11(1922)年以来。色は木星が薄茶、土星が黄、火星が赤で「肉眼でも色の違いが分かる」(同天文台)という。

宮崎・えびの市、ヒ素検出でコメ作りを一部で断念(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース 先月、噴火した霧島連山硫黄山のふもとの川で、環境基準を超えるヒ素などが検出された問題で、宮崎県えびの市では、川から直接水を取っている2つの地区の水田で、今季のコメ作りを断念することが決まりました。

<あわら温泉>昨年も火災、住民ら動揺「なぜこうも続く」(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 国登録有形文化財の老舗旅館から上がった火の手に、市民らは動揺を隠せない。5日、福井市あわら市温泉4の「べにや」を焼いた火災。あわら温泉街では昨年10月にも住宅など計6棟を焼く火災が起きており、地元住民からは「どうしてこうも続くのか」との声も出た。

秋吉 健のArcaic Singularity:格安SIM「mineo」が「通信の最適化」や「ポート規制」の問題で炎上!?企業倫理と法律の狭間から通信事業の在り方について考える【コラム】

電子国家エストニアの衝撃【孫泰蔵】(ダイヤモンド・オンライン) – Yahoo!ニュース 電子化の背景には、今もなお隣国ロシアの脅威があると聞きます。国民には「国土がロシアに占領されるかもしれない」という危機感があり、万が一、国土を失っても「国民も国家もオンライン上にある」という世界を本気でつくろうとしているのです。

東京新聞:監視カメラに不正アクセス キヤノン製、60台以上被害:社会(TOKYO Web) インターネットに接続されたキヤノン製の監視カメラが、相次いで外部からの不正アクセス被害を受けていることが、情報セキュリティー専門家への取材などで7日、分かった。千葉県八千代市と埼玉県上尾市では、水路に設置した水位監視カメラが乗っ取られ、操作できなくなった。これまでに全国の60台以上のカメラが不正侵入されたとみられる。

コメントを残す