今日のリンク

ドクター江部の糖尿病徒然日記  『糖質制限食十箇条』 2018年版一、 糖質の摂取を減らす。可能なら一回の食事の糖質量は20g以下とする。
二、 糖質制限した分、タンパク質や脂質が主成分の食品は充分量食べる。
三、やむを得ず主食(ご飯、パン、麺類など)を摂るときは少量とする。
四、水、番茶、麦茶、ほうじ茶などゼロカロリー飲料はOK。果汁・清涼飲料水はNG。
五、糖質含有量の少ない野菜・海草・茸類はOK。果物は少量にとどめる。
六、オリーブオイルや魚油(EPA、DHA)は積極的に摂り、リノール酸を減らす。
七、マヨネーズ(砂糖無しのもの)やバターもOK。
八、お酒は蒸留酒(焼酎、ウィスキーなど)、糖質ゼロ発泡酒はOK。辛口ワインも適量OK。
醸造酒(ビール、日本酒、など)は控える。
九、間食やおつまみはチーズ類やナッツ類を中心に適量摂る。菓子類、ドライフルーツはNG。
十、可能なら化学合成添加物の入っていない安全な食品を選ぶ。
*糖尿病の人がやむを得ず糖質を摂取するときは、食直前に、「αGI剤」か「グリニド系薬剤」を内服すると、
食後高血糖がある程度防げる。
*牛乳は100mlくらいならOK。成分未調整豆乳は200mlくらいOK。
*昆布は出汁をとるのは良いが、食べるのは糖質含有量が多いのでNG。
*肉と魚貝の摂取量は<1:1>が目安。

google map 政策学会の場所

テニス下部大会で「大量」の八百長行為、調査委員会が発表(AFP=時事) – Yahoo!ニュース【AFP=時事】テニスの下部大会で「大量」の八百長行為が横行していることが25日、同競技における不正を監視する独立調査委員会の発表で明らかになった。報告書によると、下部ツアーは競技の高潔性に反する行為の「温床」であり、賭博関連の不正がまん延しているという。

<希望・民進>四分五裂 新党は不参加続出、立憲派も根強く(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 希望の党と民進党は26日、大型連休明けに新党「国民民主党」を結成することを決定した。両党の民進出身議員が結集して与党への対抗勢力を作る目的だが、統一会派結成が頓挫した1月と同様、希望、民進双方の党内では消極論も噴出。新党参加を見送る動きが民進議員を中心に広がっており、四分五裂の状況に陥りそうだ。【樋口淳也、遠藤修平】

福島第一原発2号機 原子炉2か所に穴(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュースメルトダウンした福島第一原発の2号機で、東京電力が、これまでに撮影した内部の画像を解析した結果、原子炉には少なくとも2か所、穴が開いていることが新たに分かった。

電源タップ「5年以上の使用」で危険 思わぬ火災原因に(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 配線器具などを製造する企業が加盟する日本配線システム工業会は「長い間使っていると、コードなどが劣化し、そこから火花が出るなどして火事の原因となるおそれもある。3~5年に1回は交換を」と勧める。また、電気用品安全法の安全基準を満たした製品には裏側などに「コ」の文字が表示されており、表示のある製品の使用を呼びかけている。(有近隆史)

スマホ「4年縛り」、説明義務化…総務省方針(読売新聞) – Yahoo!ニュース 「4年縛り」によるスマホ販売は、KDDI(au)とソフトバンクが米アップルのiPhone(アイフォーン)などを対象に行っている。スマホを4年間の分割払いにして、購入から約2年後にスマホを買い替えて同じプランに再加入すれば、残った期間の分割払い分の支払いが免除され、スマホを実質半額で買える仕組みだ。

酒に弱い日本人が増えるよう「進化」 遺伝情報から判明(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース日本人2200人の全遺伝情報を解析すると、弱いタイプの酵素をつくる遺伝子のそばに、まれにしか見られない多数の変異が集まっていることが判明した。子孫に遺伝情報が受け継がれる際に、変異がこの遺伝子と共に失われずに蓄積してきたことを示しており、弱いタイプの酵素をもつことが有利に働いた証拠の一つとみられる。弱いタイプの酵素をもつ日本人は、過去100世代ほどかけて増えてきたこともわかったという。

<大川小訴訟控訴審>救えた命、認められた 学校防災の礎に(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 学校防災の礎となる判決--。東日本大震災で多くの児童と教職員が犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校の津波訴訟控訴審判決は、学校や市教委の事前防災の不備を認める画期的な内容となった。「子供たちが安心して通学できるように」。震災で2人の子供を失いながら、新たな命を授かった夫婦ら遺族はそんな思いを胸に、未来につながる判決に前を向いた。【百武信幸、本橋敦子】

だらしない野党と消えた反・非主流派の行方:日経ビジネスオンライン

華やかな敗北を見たがる人々:日経ビジネスオンライン 敗北に目がくらんで近視眼的になるのは、うちの国の民族の考え方の癖みたいなもので、前回のW杯でも同じだったし、さらにさかのぼれば、先の大戦でも同様だった。つまり、ミッドウェーで一敗地にまみれ、ガダルカナルで壊滅的な敗北を喫したのち、自分たちの戦術や戦力がまったく敵に通用していないことを思い知らされたにもかかわらず、それでもわれわれは、自分たちの「美学」だかを貫いて、美しく散ることを願ったわけで、つまるところ、ウクライナに敗北したあげくになぜなのか華麗なパスサッカーを志向するに至ったわれら極東のサッカーファンの幻視趣味は、帝国陸軍末期の大本営の机上作戦立案者のメンタリティーそっくりだということだ。

それでいいのだ、テレ朝女性記者。:日経ビジネスオンライン 政権がどうなるかよりも、この女性記者が今後出世するかどうかが私には気になる。エロいことを言われ続けながら身を張って取ってきた大スクープ。この値打ちが分からない男性組織、とても、つくづく、もったいない。

TOKIO・山口達也メンバーも入院 アルコール問題と依存症、苦しんだらどうする?彼らが指摘していたのは、それ以前に診察が必要なタイミングがあるということだった。一言でいえば、「自分で飲酒をコントロールできず、社会生活に支障をきたした時」がその時だ。
仕事があることがわかっていても、酒を飲んでしまって朝に起きられない。飲めないと眠れないからと手をだして、会議に遅れる。酒を飲むことで家族関係が悪化する。
いずれも、受診のタイミングだと彼らは言った。

「ヒトラーを殺せ」 -山荘と列車での攻撃は成功するか 英国国立公文書館で歴史的資料を開く 英公文書館には冷戦に関わる文書、スパイの暗躍・告白を綴るファイルが数多く収蔵されている。原本を見たい人はウェブサイトで検索して文書番号を探し出し、閲覧申請を出しておくと、来館した時に見ることが出来るようになっている。一部の書類(1912年に処女航海で沈没したタイタニック号のファイル、17世紀に活躍した英国の劇作家シェイクスピアの遺言書など)はデジタル化されており(一部有料)、公文書館に行かなくても確認ができる。

はしかが沖縄で流行中、専門医がGW旅行「キャンセルよりワクチンを」と呼びかけるわけかつて、はしかは日本社会に定着していました。たびたび流行が起きて、すべての日本人が大人になるまでに感染していたのです。よって、ほとんどの中高年は、すでに感染しているものと考えられます。このため、おおむね50歳以上の方は、はしかに感染する心配はないと考えられます。
もし、沖縄への渡航を自粛するなら、これらの国々には行けなくなってしまいますね。はしかは世界で流行している感染症です。東京オリンピックをはじめ世界との交流は密になっていく以上、どうぞ避けるよりは、ワクチン接種を優先していただければと思います。

【読書感想】ルポ 川崎 (1/2) 格差がどんどん広がっていっている日本では、今後、「川崎化」した街や地域が増えていくのでしょう。
 いや、不良になることすら煩わしいと感じている、もっと無害で無気力な、生活保護を受けて、ストロングゼロで酔うことだけが人生の楽しみ、という人たちが暮らす街が増えていくのかもしれないな。
ルポ 川崎(かわさき)【通常版】 | 磯部 涼 |本 | 通販 | Amazon

連続殺人・レイプの未解決事件で元警官を逮捕 米加州検察が「恐怖の支配」と呼ぶ連続犯罪は、サクラメントで始まり、その後サンフランシスコや州の中部や南部にも拡大。警察によると、それぞれの事件の関連性はDNA鑑定で明らかになった。

ハンターは減りすぎたのか。獣害問題の統計に操作疑惑 また山野の荒廃が野生動物の生息を厳しくした面もある。幕府や藩が定めた禁伐令が撤廃されて、森林の伐採が猛烈に進んだ。その結果、日本全土にはげ山が広がったのである。そのため棲家が奪われて数を減少させたことが想像できる。
 とすると、現在の獣害問題は保護策が稔って野生動物が増加した証拠と言えなくもない。増えたことは異常ではなく、ようやく江戸時代と同じ程度までもどったとも言える。統計のスパンをちょっと変えるだけで、日本の自然の姿をまったく違って見せてしまう。
 もちろん、だから獣害なんて気にするな、というわけではない。ただ対策を取る場合に基礎的な認識となるべき日本の自然状況を把握しておかねば、間違った施策を採りかねない。加えて世間に誤解を招きかねない。
 今回の統計の示し方も、シカやイノシシが異常に増えていることを印象づけようと恣意的に操作したかのように感じてしまう。もっと真摯に向き合うべきだろう。

内部告発者に冷酷な日本―欧米・中韓との比較にみる「隠蔽を黙認しやすい制度」とは (1/2) むしろ、内部告発を警戒しながら、法令に従わない慣習を続け、それが内部で声があがった時点で処理できずにスキャンダル化するというサイクルがこのまま続けば、日本という国全体が被る損失は、大企業の社長や官庁の責任者たちが(道義的)責任をとって辞職したくらいで購えるものではありません。だとすれば、内部告発者をむしろ優遇するくらいの制度改革がなければ、不祥事と隠蔽が横行する日本の再生は難しいといえるでしょう。

30年後には大きな違いに。20代から知っておきたい投資のアレコレただ20代の方は、仮に60歳で定年だとしても老後まで40年もあります。時間があるというのは、資産運用を考える上で非常に有利なんです。「もっと早く知りたかった」というセリフは、年代を問わずお金についての知識を得た方から、非常によく聞きます。年齢が上がれば上がるほどよく聞くので、この記事を読んでらっしゃる方が22~23歳だとしたら、その段階で、こうした知識を得ることができたと言うのは、それだけで大きなアドバンテージなので、チャンスを逃さないで欲しいなと思います。

日本がホンダジェットから学ぶべき教訓とは?:日経ビジネスオンライン四戸:だから私はホンダジェットは、実際には「フジノジェット」だと思っています。
Y:それ、大変に重要なことではないですか。国の検査制度うんぬんよりも、会社の規模よりも、なにより優れた先達からマンツーマンで、自分の求めるノウハウを学ぶことができる環境、というのが必須だ、と……。

抗うつ剤、長期使用で認知症リスク増の可能性 英研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News【4月26日 AFP】長期的な抗うつ剤の使用が認知症の発症と関連があるかもしれないと指摘する論文が、英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)に掲載された。ただ、研究者らは抗うつ剤が認知症の原因であるとは結論付けられなかったという。

コメントを残す