今日のリンク

常識外れ、批判招く=財務省のセクハラ疑惑対応―「最強官庁」崩壊寸前(時事通信) – Yahoo!ニュース 週刊新潮がセクハラを報じた当初は調査や処分を見送り、インターネットで音声が公開されると、被害女性に名乗り出て調査に協力するよう求めた。福田氏は一貫してセクハラを認めず、麻生太郎財務相もそれを追認する発言を繰り返している。世間の常識から懸け離れた対応は、「最強官庁」を崩壊寸前に追い込んだ。
続きを読む 今日のリンク