今日のリンク

【.htaccess】SVGまたはSVGZ画像が表示されない時に確認すべき設定。 – ONZEただし、前述したように、サーバー環境によってはブラウザー側で「.svg」「.svgz」を画像として認識してくれず、表示されないケースがあります。
そんなときは[.htaccess]ファイルに以下のコードを追加して対応します。
AddType image/svg+xml .svg .svgz
AddEncoding gzip .svgz

InkscapeでDesign – Inkscapeの使い方 – もくじ

携帯エリア対策の切り札「マンホール基地局」、ドコモが公開 – Engadget 日本版こうして基地局自体をなかなか作れなくなった結果、ドコモが考え出したのがマンホールをヒントにした「マンホール型基地局」です。直径70cm、深さ70cmの穴を掘り、その中に基地局を設置して周辺をエリア化する、というものです。これにより、スモールセル基地局と同等の約90mの範囲をエリア化できるといいます。
あくまで「マンホール型」なので、既存のマンホールに設置するわけではありません。これはフタの材質である鉄が電波を通しにくいためで、今回のマンホール型基地局では素材として独自開発したFRP製のフタを採用。電波を通しつつ、25tの重さにも耐える耐荷重を実現しました。
従来のスモールセル基地局に比べると、地面にあるためメンテナンスは楽になる反面、現時点で設置費用が1000万円弱とスモールセル基地局より割高になるそうです。これは量産効果で多少下がるとは言え、「スモールセル基地局並みにはならないが低減できる」(同社)としています。また、設置場所の関係上、景観に配慮してフタの外観を個別に自由に設定できるようにする予定で、これも設置コストに上乗せされます。しかし、そうしたコスト増を踏まえても基地局を設置できる方がメリットがある、というほど、基地局の設置場所の問題は深刻のようです。

NHK WORLD – English


まさか交番で…住民恐怖 滋賀、同僚発砲で警官死亡(京都新聞) – Yahoo!ニュース 住民の安心安全の拠点となる交番で、警察官が撃たれた。滋賀県彦根市の彦根署河瀬駅前交番で11日、井本光巡査部長(41)が銃撃され死亡した事件。事件に関わったとみられる同僚の巡査(19)が拳銃を持って逃走していたが、滋賀県警が身柄を確保し、逮捕した。拳銃には実弾が残っている可能性があり、付近の住民からは恐怖の声が上がっていた。

地下の岩石、著しく風化か 大分の土砂崩落、調査団見解(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 大分県中津市耶馬渓(やばけい)町で11日未明に起きた土砂崩れ。雨が降っていないなかで、これほど大規模な斜面崩壊がなぜ起きたのか。現地調査した専門家調査団は11日夜、斜面の地下の基礎となる岩石が著しく風化し、いつ崩れてもおかしくない状態になっていたとの見解を示した。

東京ディズニーリゾート悩ませる混雑 開園35周年で集客期待も…緩和策は限界?(産経新聞) – Yahoo!ニュース 東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)を運営するオリエンタルランドは10日、開園35周年を迎える15日から始める記念パレードなどを事前公開した。オリエンタルランドにとって節目の「周年イベント」は集客増が見込める絶好の機会だが、数年前に入場者の増加が顧客満足度の低下につながったこともあり、混雑の緩和策に頭を悩ませている。

出国税法が成立=観光振興へ1000円徴収(時事通信) – Yahoo!ニュース 出国税は、1回の出国につき航空券などに1000円上乗せされる仕組み。日本人、外国人ともに課税対象となる。19年1~3月の3カ月間で60億円、平年度ベースで430億円の税収を見込む。 

未明の土砂崩れ「母さん、逃げな」間一髪、助かった一家(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 幹子さんらによると、午前3時40分ごろ、幹子さんは聞いたことがないほど大きな物音で目を覚ました。地震のように家がガタガタと揺れ、屋根や窓にあられが当たるような音がした。幹子さんが台所を見ると、何かがガラス窓を突き破って家の中に入ってきた。次女が叫んだ。「母さん、逃げな!」
 3人は寝間着のまま外に飛び出し、近くの田んぼまで走った。ゴロンゴロンと大きな岩が転がる音や土が滑るような音が響いた。
 一帯は停電し、暗くて状況が分からなかった。「なんで近所の人たちは家から出てこないんだろう」

トランプ氏、日本の拉致問題を提起へ 米朝首脳会談で(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース トランプ米大統領が、6月初旬までの実現を目指す北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長との米朝首脳会談で、日本人の拉致問題を提起することが11日明らかになった。米政府高官が語った。安倍晋三首相は17、18日に米フロリダである日米首脳会談で拉致問題の解決に向け協力を求めるが、米政権にとっても人権問題が北朝鮮への「交渉カード」になると判断した模様だ。

台湾から「輸入はしか」沖縄で感染拡大 「三次感染」も(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 沖縄県ではしか(麻疹)の感染が広がっている。10日時点で患者は計38人に上る。国内のはしかは予防接種の普及で「排除状態」とされているが、今回は台湾からの旅行者が感染源の「輸入はしか」だった。旅行者から感染した人から、さらにうつる「三次感染」とみられる患者も出始めた。専門家は「訪日客が増える中、日本のどこでも起きうる」と警鐘を鳴らす。

大谷讃える米国とトランプ流が通る米国:日経ビジネスオンライン 大谷フィーバーの米国をみていると、そうした「良質の米国」が色濃く表れているようにみえる。そこには、なにより変化への順応性と柔軟性がある。
 その一方で、「トランプの米国」には「古き良き米国」への回帰現象が潜んでいるようにみえる。グローバル社会から押し寄せる大きな変化への拒絶反応ともいえる。それは欧州も含め世界に広がる「昔は良かった症候群(シンドローム)」かもしれない。

82歳でアプリ開発「老後の準備なんて無意味ね」:日経ビジネスオンライン【40代の皆さんにお伝えしたい4つのメッセージ】
1.大いに忘れましょう
年齢とともに記憶力が衰えていくのは当たり前。「覚えるのはコンピューターの仕事」と割り切りましょう。ネットで検索すれば、周辺情報まで手に入るというメリットも。大いに忘れて大いに調べましょう。
2.「“今さら”は禁句」です
「今さら始めても遅すぎる」などと思わず、興味がわいたことは楽器でも語学でも何でも手をつけてみましょう。「モノにならないかも」などと心配しないこと。いつ何が役立つなんて、分からないのですから。
3.「老後の準備」なんてナンセンスです
世の中はどんどん変わるので、「老後のため」などと考え準備していることが全部ムダになることもあり得ます。特に「老後のために、今は我慢する」なんて、全く意味がない。「今を充実させること」だけを考えましょう。
4.人生は風待ち。焦る必要はありません
周りと自分を比較して一喜一憂するのはやめましょう。私のように80代にもなると、40代に気にしていたことはすべて、単なるちっぽけなエピソードに過ぎません。人生は風待ちのようなもの。今、自分が沈んでいるように感じても、今を精一杯楽しく生きれば、自分が輝ける時期は必ず来ます。

記事は素晴らしい ただ多発性骨髄腫に対する患者さんの知識は間違いだから前提が違う でもそれを導いたのは勉強しない医療従事者たち!幸いこの患者さんは代替療法を否定される立派な方でした。そして今治療は始まっています。きっと自家移植をする前にもう一度いろんな人間から話を聞くでしょう。ダラツムマブも知ってくれるでしょう。きっと5年と言わず10年、いや治癒してくれることを期待しましょう。それだけ骨髄腫の世界は進歩し続けています。

なぜ日本で「歴史の真実」を探るためには、アメリカの公文書に頼るしかないのか ~ 旬選ジャーナル 目利きが選ぶ一押しニュース – 岩田 温 奥山氏がアメリカの公文書を駆使してロッキード事件を追ったのは、日米の公文書の保存に関する圧倒的な格差があったからだったという。日本の公文書の扱いが記録の仕方、保存も含めて、アメリカに遠く及ばないが故に、歴史の真実を探ろうとすれば、どうしてもアメリカの公文書に頼らざるを得ないというのだ。
 日本の公文書が各国と比較して質量ともに傑出していれば、歴史の真実を知ろうとする人々が日本の資料を求めにくるはずだ。誇りある日本とは、こうした日本ではないだろうか。

体温で発電、充電不要のスマートウォッチが明日発売。MATRIX PowerWatch日本上陸 – Engadget 日本版なお、こうした機構で発電しているため、腕から外した(体温が得られない)状態での動作が気になるところです。この状態ではスリープモードに移行し、内蔵のリチウムイオンバッテリーを使ってデータをバックアップ。再度腕に装着すると温度差でこれを感知しスリープからの復帰を行なうそうです。

ついに未来の話が現実に!? 自動運転車が警官に停められ、交通違反切符を切られる事態が発生! – Engadget 日本版今回の一件は、ますます必然として迫ってきた自動運転による未来の安全を、慎重な一般市民に納得させることの難しさを浮き彫りにした。また、車内に人が乗っていない完全自動運転車が走るようになったら、警官はどうやって停めるのか?という疑問を我々に抱かせることにもなった。これに関しては時間が解決するのを待つしかない。

ソニー「Xperia Ear Duo」4月21日発売決定、LINE Clova対応の遮音しない左右独立イヤホン – Engadget 日本版

加計問題の質疑で「違う」 首相秘書官、玉木氏にヤジ?:朝日新聞デジタル この秘書官は、経済産業省出身の佐伯(さいき)耕三氏。加計(かけ)学園の獣医学部新設への関与が問われる柳瀬唯夫・元秘書官の後輩にあたる。
 玉木氏が首相に加計学園の計画を知った時期などをただしていると、佐伯氏は繰り返し発言。玉木氏によると「違う」「間違っている」などと繰り返したという。抗議を受けた佐伯氏は首相への助言だと説明し、首相も同調したが、玉木氏は「私じゃなくて総理に向かって言うべきだ」と指摘。佐伯氏は何度もうなずき、その後は首相に近寄って助言するように改めた。
 質問後、玉木氏は記者団に「首相秘書官がヤジを飛ばすなんて前代未聞。安倍政権の傲慢(ごうまん)な姿勢が隅々まで行き届いている」と批判した。

コメントを残す