今日のリンク

Rippleの技術を使った銀行間送金アプリ「Money Tap」–コンソーシアムは61行が参加 – CNET Japan また、「2000年代前半は、日本がおサイフケータイでリードしてきた。ここ数年はスマホ対応の遅れで、キャッシュレスに向けた取り組みは、欧米・アジアに対して周回遅れに近い形になっている。ただし、ブロックチェーンや分散台帳技術は世界のトップランナーとして日本が走っているといっても過言ではない。各国が実現していない分散台帳技術を使ったサービスは、遅れを取り戻すだけでなく、テクノロジでリードするチャンスになるのでは」とした。

地球を破壊するEV、レアメタル王がそのカラクリを解く  WEDGE Infinity(ウェッジ) 資源の観点からみるとコバルト(前回号『アップルはなぜアフリカのコバルトを買い占めるのか?』参照)も、リチウムも、資源制約があるため、リチウムイオン電池(LIB)市場への大量の安定供給は難しい。LIBが正常に生産できないと電気自動車(EV)の普及は挫折するかもしれない。前回はコバルトの資源問題について書いたが、今回はもう一つの深刻なリチウム資源について書いてみたい。
 地球環境の保全のためにわざわざリチウム資源を開発し、コバルト資源を開発するのは逆に地球環境を劣化させていると理解している。かん水はまだしも、スポジュメンの資源開発と精錬のために多大なるエネルギーが必要になる。
 コバルト製錬についても同様で、エネルギー多消費型産業を経由してわざわざリチウムイオン電池を生産するぐらいなら、ガソリンを自動車の動力に直接使用したほうがトータルのエネルギーコストは安上がりである。ソーラーエネルギーや風力エネルギーも同様である。再生可能エネルギーを利用するために金属精錬をするのは、むしろ地球規模で考えると無駄だし、第一環境に与えるマイナスは計り知れないのではないだろうか。
 機械仕掛けの自動車を走らせるにはガソリンを直接使えばよいのだが、電気仕掛けの自動車(EV)を走らせるべく、石油エネルギーをわざわざ電気に変え、リチウムやコバルトを精錬し、さらにLIBを作って、手間暇をかけてEVを走らせるのである。電気充電の設備も必要だし気の遠くなるようなインフラ整備にもエネルギーは使われる。
 その上、地球に遍在するリチウムやコバルトをわざわざアフリカの奥地や南米のアンデスの高地で開発するなどとどんな切り口で考えても正気の沙汰ではない。

アングル:米朝対話にはらむ日本のリスク、外交的に孤立も (ロイター) – Yahoo!ニュース[東京 7日 ロイター] – 米国との直接対話を模索する北朝鮮の変化は、日本が外交的に孤立するリスクもはらんでいる。日本にとって最悪のシナリオは、米朝が頭越しに接近すること。日本の安全保障や国益が無視されたまま、米朝間で取り引きが行われる可能性を専門家などは指摘する。

湾内でクジラ放し飼いへ 学術研究と観光で太地町 (紀伊民報) – Yahoo!ニュース 和歌山県太地町は6日、森浦湾での小型鯨類の放し飼いに向け、2018年度に湾内に浮き桟橋のような遊歩道を兼ねた仕切り網を設置する工事に取り組む計画を発表した。町は、事業費1億9500万円を盛り込んだ一般会計当初予算案を12日開会予定の町議会3月定例会に提案する。

<森友文書>財務省が提出 書き換え有無、明言せず (毎日新聞) – Yahoo!ニュース 財務省は8日午前、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書が書き換えられたとされる疑惑について、参院予算委員会理事会に決裁文書の写しを提出した。元の文書は大阪地検へ提出済みで、写しは国会議員らに既に開示した文書と同じとみられる。しかし同省は、書き換え前と後の2種類の文書が存在するか否かを明言せず、民進、共産、立憲民主などの野党は「説明が一ミリも前に進んでいない」と猛反発。その後の予算委集中審議への出席を拒否した。

サケ幼魚、知床から北上できず…海水温が上昇 (読売新聞) – Yahoo!ニュース 北海道内の河川をふるさととするサケの幼魚が2010年以降、海水温の上昇で知床半島沿岸からオホーツク海へと北上できない環境にあることを、サケ研究の世界的権威である帰山(かえりやま)雅秀・北海道大学特任教授(魚類生態学)が突き止めた。

75%の水で育つ作物、遺伝子組み換えで開発 研究 (AFP=時事) – Yahoo!ニュース【AFP=時事】収穫高の減少を最小限に抑えつつ、植物の生育に必要な水の量を4分の1少なくする遺伝子組み換え技術を開発したとする研究論文が6日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に発表された。

セール中は3980円、廉価な完全ワイヤレスイヤホンがcheeroから。環境音モニター機能も搭載 – Engadget 日本版
Amazon | cheero Wireless Earphones 完全ワイヤレス イヤホン 充電機能付イヤホンケース付属 マイク付 ハンズフリー 防水 IPX4 ノイズキャンセリング CVC6.0 左右分離型 軽量 高音質 Bluetooth 4.2 環境音ON/OFF機能搭載 iPhone Android 対応 SBC AAC CHE-615-BK | cheero | イヤホン・ヘッドホン現在在庫切れです。 在庫状況について
この商品の再入荷予定は立っておりません。
【楽天市場】完全ワイヤレス イヤホン チーロ cheero Wireless Earphones 充電機能付イヤホンケース マイク付 ハンズフリー 防水 IPX4 ノイズキャンセリング CVC6.0 左右分離型 軽量 高音質 Bluetooth 4.2 環境音ON/OFF機能搭載 iPhone Android 対応:cheero mart 楽天市場店売り切れました

ニューヨークの交通系IC事情から日本の「キャッシュレス」ブームを考察する:モバイル決済最前線 – Engadget 日本版国民の利便性をさらに追求するのか、国や金融機関が現金の維持コストを減らすためだけのものなのか、あるいは外国人にもフレンドリーな環境を目指すのか、それとも単に他国のフォロワーとなっているのか……。

アマゾンEchoスピーカーが唐突に笑い出す不具合発生。各地でAlexaに怯えるユーザー続出 – Engadget 日本版Amazonのスマートスピーカー Echo が前触れもなくクスクスと笑い出し、ユーザーを怯えさせるという冗談のような出来事が発生しています。

CP+2018 会場でみた興味深いアイテム オリンパス、ピークデザイン編 – Engadget 日本版また、多くの既存モデルがファームウェアアップデートによって機能が向上しました。オリンパスは、積極的なファームウェアアップデートと長い製品サイクルで開発、販売をしており、一度購入した機種を長く使い続けることができます。メーカーとしては買い替えサイクルが早い方がビジネスとしてメリットがある部分もあるのでしょうが、1、2年で買い替えする人は実際には少ないと思います。一度購入した機種がファームウェアアップデートなどで機能向上して長く使えるとなれば、思い切って一つ上の上位機種を購入して長く使うという選択肢も生まれます。

なぜ日本のおじさんは「世界一孤独」なのか? (文春オンライン) – Yahoo!ニュース もう一つ、「男性の孤独」の裏にあるのが、「男のプライド」という厄介な代物だ。特に、終身雇用、年功序列制度という「タテ社会」の中で、上意下達の「ポジショントーク」を40年間続けると、フラットな立ち位置で胸襟を開いたコミュニケーションがなかなかできなくなってくる。話すこと自体を目的とし、地球が滅びるまで面と向かって営々と話し続けることができる女性と、コミュニケーションは目的を達成するための手段であり、スポーツやゲーム、お酒など、何らかの介在がないと話しづらい男性とでは、「コミュ力偏差値」に差が出やすい。

パチンコホールに再び“厳冬” 4年ぶり大型倒産 新規制導入で客離散におびえる業界 (1/4ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ) 2004年の「5号機問題」と同様に、この2月の出玉規制も客離れを招くか注目される。また、市場が縮小する中で規制をクリアした新機種への入替負担が、中小パチンコホールの経営に及ぼす影響を見極めることも必要だろう。

コメントを残す