今日のリンク

Rippleの技術を使った銀行間送金アプリ「Money Tap」–コンソーシアムは61行が参加 – CNET Japan また、「2000年代前半は、日本がおサイフケータイでリードしてきた。ここ数年はスマホ対応の遅れで、キャッシュレスに向けた取り組みは、欧米・アジアに対して周回遅れに近い形になっている。ただし、ブロックチェーンや分散台帳技術は世界のトップランナーとして日本が走っているといっても過言ではない。各国が実現していない分散台帳技術を使ったサービスは、遅れを取り戻すだけでなく、テクノロジでリードするチャンスになるのでは」とした。
続きを読む 今日のリンク