今日のリンク

政治主導により日本は「政治は三流、官僚は四流」になったか 2009年の民主党政権発足時には、民主党の大臣たちが財務省や厚労省に乗り込み、政治主導の断行を目指したが、徒手空拳の「三流の政治家」は「一流の官僚」の反抗に屈し、あるいは簡単に籠絡された。醜態を野党の立場で見ていた自民党は、こう考えた。
「三流の政治家が官僚を支配するには、官僚を“四流”にしてしまえばいい」
 その手段として内閣人事局は、霞が関に対する最強の暴力装置となった。官僚の能力を公平に見ない三流の政治家は人事権を濫用してお気に入りの官僚を出世させ、出世欲に取り付かれた官僚は政治家の一段下にへりくだって忖度に走る。
 まさにそれが投影されたのが佐川宣寿・前国税庁長官、「佐川」という一官僚の栄光と転落の人生だったのではないか。
 敗戦後から高度成長期まで財界人として日本の経済復興の基盤をつくり、オイルショック後のハイパーインフレを大幅賃上げの自粛という荒治療で沈静化させた桜田氏が今の政官の実情をみれば、「日本は政治は三流、官僚は四流だからもたない」と嘆くに違いない。

続きを読む 今日のリンク