今日のリンク

「転勤」が時代遅れになった、これだけの理由 – 「文春オンライン」編集部 転勤のルールを明文化していない企業が、4分の3を占めることも問題です。転勤する期間がわからないケースが半数を超え、行き先もタイミングも教えてもらえないのでは、社員の側は、いつ結婚し、いつ子どもをもうけ、いつどこに家を買うか、といった人生設計を立てることができません。さらに、本人の意向を無視して下される突然の転勤命令は、会社の内外ともに培ってきた人間関係を断ち切ってしまいます。


修士・博士:日本だけ減少…研究力衰退あらわ 7カ国調査 – 毎日新聞 日本の博士号取得者は、06年度をピークに減少に転じた。取得後も多くが雇用が不安定な任期付き研究員にならざるを得ず、敬遠されたことも背景にあるとみられている。【酒造唯】

画像診断ミスは熟練医も 情報過多、追いつけず 見落とし阻止へ進むAI開発(産経新聞) – Yahoo!ニュース 画像診断でがんなど病変の見落としが続発している問題で、見落としは医師の経験年数に関係なく発生していることが22日、医療事故情報を収集する日本医療機能評価機構の調べで分かった。背景には、画像診断技術が高度化したことで医師が扱う情報量が著しく増加し、ベテラン医師でも追いつけていない現状がある。人の目に全面的に頼らず、人工知能(AI)による診断開発も進んでおり、厚生労働省は抜本的な再発防止対策に乗り出した。

世界で「ウーバー」規制の動き=タクシー保護、ロンドンも検討(時事通信) – Yahoo!ニュース 「ブラックキャブ」の愛称で親しまれるロンドン名物の黒塗りタクシーを保護するのが狙い。米ニューヨーク市が規制を導入したのに続く動きで、世界の主要都市でタクシー業界と新興の配車サービスの対立が先鋭化している。

携帯料金引き下げなど23日から検討=19年末に報告書―総務省審議会(時事通信) – Yahoo!ニュース 総務省は23日、携帯電話料金の引き下げ検討などを情報通信審議会(総務相の諮問機関)に諮問する。2020年の商用化が見込まれる次世代通信規格「5G」時代の到来などを見据え、電話やインターネットを取り巻く環境について幅広く議論する。19年末に報告書としてまとめる。

<アジア大会>バドミントン女子が48年ぶり団体優勝(毎日新聞) – Yahoo!ニュース ジャカルタ・アジア大会は第5日の22日、バドミントン女子団体決勝があり、日本は中国を3-1で破り、1970年バンコク大会以来、48年ぶりの優勝を果たした。長年王者の座にいた中国を破っての価値ある金メダルで2020年東京五輪への勢いを加速させた。

ドクター江部の糖尿病徒然日記  がんと血糖値とインスリン。発症予防には糖質制限食。4) 1)2)3)を考慮すれば、あくまでも仮説であるが、糖質制限食により、西欧型癌の予防効果が期待できる。

カメラを止めるな!の著作権問題この判決は翻案権の事案であるが、「本質的な特徴」「直接感得」基準は著作権侵害のスタンダードになっている。
この本質的な特徴基準はなかなかハードルが高い。実際に、江差追分事件最高裁でも翻案を否定している。
著作権侵害を認めた記念樹事件(東京高判平成14年9月6日)は、音楽著作権が問題になった事案であるが「メロディーの音の72パーセントが同じ高さの音」等の事情から「表現上の本質的な特徴の同一性」がみとめられた事案である。
で、本件についていえば、本当に著作権に詳しい弁護士であれば、非侵害と即答である。

コメントを残す