今日のリンク

【岡山から伝えたい】真備住民の84%「水害に備えず」 第三者に「救助された」42%、地域防災力の低さ露呈(山陽新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 200人以上の死者が出る「平成最悪」の水害となった西日本豪雨。被災地の地元メディアである山陽新聞社が、甚大な浸水被害を受けた倉敷市真備町地区の住民アンケート結果をまとめた。それによると、被災住民のうち42%が水害発生時に自ら避難したのではなく第三者に「救助された」ことが判明。真備町地区は過去に複数回、大規模水害に見舞われたことが各種文献や記録に残されているが「備え」をしていなかった人は84%を占めた。
続きを読む 今日のリンク