今日のリンク

大河ドラマからそっとチャンネルを替える:日経ビジネスオンライン《薩長イズムとは?
すべての人間を敵と味方に分類する心的傾向
数をたのんで少数者を威圧する行動原理
身内びいきと利益誘導で仲間を誘引する人事管理手法》
 という皮肉を投げかけさせてもらった(こちら)。

和同開珎って何と読む? 発行から1310年、学会を2分した「珍宝論争」の行方は…ところで、この「和同開珎」。実は何と読むのかは、正確には分かっていない。年代によって教科書の記述も変わってきたのだ。学会でも「わどうかいほう」と「わどうかいちん」の2説が激しく対立。「珍宝論争」と呼ばれている。

常識を裏返す。「撥水するジャージ」を生み出した企業の先見性その中で、「カネマス」は特許技術である特殊な編み方によって「通気性」と「高撥水」という相反する機能を両立することに成功したわけですが、「虎穴に入らずんば虎児を得ず」ということわざもあるように困難なことにあえてチャレンジすることの重要性を示してくれていると思います。
おもしろいと思ったのが「MINO」は「わら」で作られた「蓑(みの)」からヒントを得たということです。現代では、「蓑(みの)」を使われている方を目にすることはなかなか無いとは思いますが、かつて使われていた雨具の技術が現代に活かされるというのは驚きです。
MINOジャージ(希望小売価格:上下セットで6,000円)
送迎用車イス専用MINOウェア(希望小売価格:上下セットで11,000円)
→車イスの車輪に巻き込まない専用設計。寒い日には防寒着としても活用できる
介護施設職員様用MINOウェア(希望小売価格:8,000円)
→晴れの日も小雨の日も、屋内外1着で対応可能。色は選べる6色
入浴介助用エプロンMINOウェア(開発中)

不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか (講談社現代新書) | 鴻上尚史 | ノンフィクション | Kindleストア | Amazonなるほどと思ったのは、特攻は兵士の誇りを傷つける作戦だったという話。体当たりせよという命令は、それまで訓練してきた急降下爆撃などの技術を否定するものだ。だから佐々木氏らは、命令に逆らって米軍の戦艦に爆弾を投下して帰還した。

最大3日間使えるカシオのスマートウォッチ「WSD-F30」、2019年1月に発売(ITmedia Mobile) – Yahoo!ニュース カシオ計算機は、2019年1月にアウトドア向けスマートウォッチ「PRO TREK Smart(プロトレックスマート)」の新製品「WSD-F30」を発売する。カラーはブルー、オレンジ、ブラックの3色で、メーカー希望小売価格は6万1000円(税別)。
 本製品には、1回の充電で最大3日間のカラー地図とGPS機能の利用を可能とする「エクステンドモード」を新たに搭載。通常はモノクロ画面で時刻・センサー情報を表示し、あらかじめ入力したスケジュールに沿って、睡眠中は自動的にスタンバイ状態に切り替えるなどして消費電力を抑える。