今日のリンク

日本が欧州強豪のイタリア倒した! 大分で約2万6000人が興奮(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)) – Yahoo!ニュース ラグビー日本代表の6月テストマッチシリーズとなる「リポビタンD チャレンジカップ 2018」の第1戦が9日、大分県の大分銀行ドームでおこなわれ、日本代表(世界ランキング11位)は欧州強豪国の一角であるイタリア代表(同14位)を34-17で下した。
 日本がイタリアを倒したのは、4年前に東京・秩父宮ラグビー場で初勝利をあげて以来、2戦連続となった(通算2勝5敗)。

<東海道新幹線>刺され男性死亡 22歳男を逮捕「誰でも」(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 9日午後9時50分ごろ、神奈川県内を走行中の東京発新大阪行きの東海道新幹線「のぞみ265号」(16両編成)内の男性乗客から「包丁を持った男がいる。1人がけがをしている」との110番があった。新幹線は緊急に小田原駅で停車し、駆けつけた県警小田原署の署員が、切りつけたとみられる男を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。3人が刺されて小田原市内の病院に運ばれ、男性1人が首の右側を切られて死亡し、20代とみられる女性2人が頭や肩に重傷を負った。
凶器持ち込み首狙う=計画的、強い殺意か―新幹線殺傷で逮捕の男・神奈川県警(時事通信) – Yahoo!ニュース 走行中の新幹線内で3人が刺され、男性1人が死亡した事件で、殺人未遂容疑で逮捕された自称無職小島一朗容疑者(22)は複数の刃物を持ち込んだ上、被害者の首付近を中心に狙っていたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。
小島容疑者、死亡男性に馬乗り=逮捕時、無言で抵抗せず―新幹線切り付け事件(時事通信) – Yahoo!ニュース

「転勤族」はオワコン? これからの転勤改革(横山信弘) – 個人 – Yahoo!ニュース

所有者不明農地が山林化 現場「お手上げ」(日本農業新聞) – Yahoo!ニュース 所有者不明の農地が増え続け、近隣農家や農業委員会に重い負担となっている。中山間地では山林化した土地が多く調査は難航、所有者が死亡し子孫が分からないケースも多い。農水省は所有者不明の耕作放棄地を知事裁定で農家に貸し出す仕組みを始めた。ただ、開墾が必要な農地も多く「誰が管理するのか」「活用できない農地こそ問題」と切実な声が出る。条件の厳しい中山間地で、所有者不明の農地の問題が深刻さを増す。(猪塚麻紀子、尾原浩子)

<家庭食品ロス>2030年度までに00年度比半減 環境省(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 食べられるのに捨てられてしまう食べ物「食品ロス」の削減について、政府が初めて数値目標を設定する。国連の持続可能な開発目標(SDGs)に沿い、家庭での食品ロスの量を2030年度までに00年度比で半減させることを目指す。環境省が改定中の「循環型社会形成推進基本計画」に盛り込み、月内にも閣議決定する見通し。

頭を切断されて10分後にガブリ! ガラガラヘビ驚異の生命力(日刊ゲンダイDIGITAL) – Yahoo!ニュース 専門家によると、ガラガラヘビは冷血動物で、温血動物の哺乳類などと比較して新陳代謝が遅いため、頭部を切断されても少なくとも1時間は、かみついて毒を注入することができるという。

「ダサい武勇伝」をやめない限り、メディアのセクハラ体質はなくならない(BuzzFeed Japan) – Yahoo!ニュース「暴力やセクハラ、長時間労働を武勇伝にするなど、破天荒であることをかっこいいとみなすような伝統がありました。飲み会で全裸になって踊るのが破天荒でおもしろい、と後輩にも強いてきましたが、今はそれはダサいってこと、わかってないですよね」

4mのワニが襲撃、散歩中の日本人女性?死亡(読売新聞) – Yahoo!ニュース 【ニューヨーク=吉池亮】米南部フロリダ州の自然保護当局は8日、同州フォートローダーデール近郊の公園で池のほとりを散策中だった女性が体長約4メートルのワニに襲われて死亡したと発表した。

歴史が予見する"北朝鮮はまた必ず裏切る" (1/2)中国との連携を強め、米副大統領を罵倒したかと思えば、「トランプ大統領を内心評価してきた」と手のひら返し。その一方でロシアにも接近し……。金正恩・朝鮮労働党委員長のあからさまな「コウモリ外交」について、著述家の宇山卓栄氏は「強大な中華帝国に隷属し続けた朝鮮半島の過酷な歴史がその背景にある」と指摘する――。
■米中ロの間を渡り歩く北朝鮮
■反故にされるとわかっている「合意」
■19世紀末李氏朝鮮の「コウモリ外交」
■国の創始者が「事大主義」を国是に
そのときどきに力を持つ者にすり寄り、状況が変わればすり寄る相手を乗り換えることは、「事大主義」という名のもと、儒教によって大義名分を与えられた立派な倫理規範であるのです。長きにわたる属国としての歴史の中で受け継がれた彼らの価値観は、「コウモリ」的な振る舞いを悪しきものとするわれわれの価値観とは異なります。
■トランプの「ディール」の真の意味
■日本も「裏切り」を前提とした対応を

ついに法律用語となった「霊感」商法。「霊感商法」を規制する消費者契約法改正案が成立マスコミでは、今回の消費者契約法の改正で、霊感商法の問題はほとんど報じられず、もっぱら「デート商法契約の取り消しが可能に」、という文脈で大きく報道されていることもあり、今回、僕の方で、「霊感」という文字が加えられた経過について、簡単ではあるが、解説を加えることにした。

不祥事続きの今こそ考えたいスポーツ本来の存在意義 スポーツは「運動を通して競争を楽しむ真剣な遊び」だと中村氏はいう。その際、ルール、相手、審判を尊重することが求められる。勝つことを追求するのは当然ではあるが、そのプロセスが重要だ。監督、コーチの命令に従う、言われた通りにこなす、あるいは忖度する、ことのみが求められている現状はないか。それでは、自主的な判断、リーダーシップはうまれない。スポーツ界の課題は、今の日本社会がかかえる問題と相似形にも見える。

このまま行けば2800年には200万人? 深刻な日本の人口減少 最後の可能性は移民受け入れだが、2007年には30万人だった外国人労働者の数が2017年にはほぼ130万人と激増しているにもかかわらず、政府は永住資格の付与をほとんど行わず、長期滞在をさせないよう、家族の呼び寄せをほとんど許可しないとクオーツは指摘する。人口問題の解決には移民受け入れは必要であり、それを拒めば、いつの日か日本人はほとんどいなくなるだろうとしている。

アングル:かつては「死の島」、米朝会談の開催地はどんな所かセキュリティーは、世界で最も安全な国の1つと位置づけられているシンガポールにとって最優先事項となるだろう。同国は近年、テロ対策を強化している。

激安!防衛省のドローン5機を日立が9018円で入札していた – 「週刊文春」編集部「一般論ですが、林野庁の1円入札と同じように複数年度の契約を前提に収益があがるビジネスモデルであれば独禁法に抵触しないと思いますが、昨年度の落札部分だけを見れば独禁法の不当廉売の恐れがあるとは言えるでしょう」

インテル、28コアの5GHz駆動CPUを年末までに投入へ – Engadget 日本版インテルの18コアCPUの「Core i9」は今でも鮮烈ですが、それは去年のニュース。本日Computexにて、インテルのグレゴリー・ブライアント(Gregory Bryant)上級副社長は、28コア搭載プロセッサが5GHzで動作するデモを公開しました。

より遅く危険になる台風、上陸後の速度は30%減 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト コーシン氏は今回の論文で、熱帯低気圧の被害が拡大している別の理由を突き止めた。論文によれば、熱帯低気圧は1949〜2016年に、全体の移動速度が平均で10%低下しているという。上陸後に速度がより低下する地域もあった。特に、太平洋北西部では上陸後の台風の速度が30%も低下していた。熱帯低気圧が抱える水蒸気の量が増え、同じ場所に雨を降らせる時間が長くなっていたということだ。

コメントを残す