今日のリンク

都税 クレジットカードお支払サイト


移民は国民の雇用を促進? 米で新たな研究結果(Forbes JAPAN) – Yahoo!ニュースザボドニーの研究結果は、移民と経済をめぐる主流派の考え方に属している。カリフォルニア大学デービス校のジョバンニ・ペリ経済学部長は「何十年も研究が行われてきたが、移民が米国人労働者と競うことで給与が下がる、という主張を支持する結果はほとんどない」と語る。「工業国を対象とした研究の大半で、平均的に言って、移民は先住労働者の賃金には何ら影響を及ぼさなかったという結果が出ている」。ペリは30年間の実証研究を検証した上で、「移民が、低学歴の先住労働者の賃金を下げているという証拠はほとんどない」と結論付けている。

低栄養が招く衰弱、筋肉減少 =「フレイル」「サルコペニア」の恐怖(時事通信) – Yahoo!ニュース しかし、実際にフレイルやサルコペニアの兆候があっても、医療現場で施せる治療は少ない。「基本的には、十分な栄養の摂取と散歩など低負荷の運動の励行が一番の対策だ。その意味では介護分野との連携が重要になってくる」と羽生教授は話す。このため「介護予防」「転倒予防」などを目的に地域で開催されているイベントに参加してもらうことも有効だ。羽生教授は「フレイルやサルコペニアは、適切な対応を取れば回復することができる。できるだけ早期に発見して対応することが大切だ」と指摘する。

<石川県警>「効率重視」で1件あたり被害増 広域化も(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 「金融機関と連携した水際対策の強化と、『だまされたふり作戦』を入り口にした中枢の容疑者逮捕。この二つが重要になる」。5月21日に石川県警本部で開かれた特殊詐欺対策の担当者会議で、河原淳平本部長が訓示した。水際対策で特に強調したのは「全件通報制度」の徹底だ。

IT人材獲得競争 モテる会社はここが違う:日経ビジネスオンライン 人手確保が課題のいま、特に企業が不足を訴えるのがIT人材だ。IT系企業に加えてネット企業や事業会社が同じ人材を求め、獲得競争は熾烈を極める。給与以外にも魅力をアピールできるかどうかがカギを握る。

「あの人、逮捕されたらしいよ。」痴漢撲滅の警察ポスターに弁護士が「誤解を与え偏見を助長する」と批判「逮捕の段階で、すでに裁判で有罪が確定したかのような反応をする表現が、あちこちで使われている」

「軍事」と「邪悪」:グーグルがAIの軍用提供を中止する理由AI時代の国防調達をめぐる、一断面のようだ。

日本人の給与が永遠にショボい深刻理由3以上のような「3つの理由」を踏まえると、これから日本人の給与が劇的に上がることは、残念ながら想像ができないのが現状である。

過労死は誰の責任かついでに言うと、同じ構図は“少子化”や“男女間の賃金格差”にも当てはまる。一度離職してしまうと非正規雇用にしか就けず、生涯賃金が2億近く減る、という事情がそうした問題の根っこにはある。

効かないのに…診療所の6割、風邪に抗菌薬 学会調査:朝日新聞デジタル 抗生物質などの抗菌薬はウイルス性の風邪には効かないにもかかわらず、約6割の診療所は患者から強く求められると処方していることが、わかった。日本化学療法学会と日本感染症学会の合同調査委員会が1日、岡山市で開かれている学術集会で発表した。抗菌薬を誤って多用すると薬が効かなくなる耐性菌が増えることから、国は適正処方を求めている

コメントを残す