河津桜とメジロ

東京初雪の翌日は快晴。木場公園横河津桜の咲き始めでメジロが元気。

今日のリンク

住民が尊敬していた中国の名僧、なんとその正体は? サイバー監視で『水滸伝』的物語が成立しなくなった中国 | JBpress(日本ビジネスプレス) いまや中国は国民のデータベース化に加え、全国に1億7000万台の監視カメラが設置されたサイバー監視大国となっている。監視カメラのうち2000万台は顔認証機能で指名手配中の犯罪者を自動認識するアプリが組み込まれた最新型だ。
 2015年ごろから整備されるようになったこの徹底した犯罪者追跡システムは「天網工程(スカイネット計画)」と呼ばれている。犯罪者が出家して僧侶になることで過去をごまかす手法も、いよいよ通用しなくなってきたというわけだ。
 昨年末にはBBCの記者が貴州省貴陽市の公安局でハイテク制御室を取材した際に、このスカイネットの性能がどれほどか試す企画をおこなったところ、犯人役の人物が「逃亡」してからわずか7分間で居場所を突き止められてしまったことが報じられた。

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

姫路に仏観光客急増 城や安い滞在費など要因か (神戸新聞NEXT) – Yahoo!ニュース 兵庫県姫路市を訪れるフランス人観光客が急増している。世界文化遺産・国宝姫路城の知名度に加え、都心ほど混雑していない都市環境がバカンスに最適と現地でも評価されている。フランス人に人気の広島に近い地理的要因もあるとみられ、市はアジア偏重だった観光戦略の練り直しを始めた。(三島大一郎)

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

LINEなどが監視されるAndroidマルウェア「Skygofree」が見つかる、周囲の音や会話も自動的に録音 (Impress Watch) – Yahoo!ニュース ハリウッド映画ばりのスパイ活動を行うマルウェア「Skygofree」が発見されたことを、Kaspersky Labが報告している。監視ソリューションを提供するイタリアのIT企業が開発したものとKaspersky Labではみており、サイバー監視を目的に設計された極めて高度なモバイルマルウェアだとしている。大手モバイル通信事業者を装った偽のウェブサイトにおいて、モバイル通信速度改善のためのアップデートを装って拡散されていたという。
 マカフィーによると、国内の通信キャリアをかたって偽のシステムアップデートのインストールを促すような偽のウェブサイトは、現時点では発見されていない。「しかし、脆弱性を突くためのターゲットデバイスの多くが日本で発売された端末であり、さらに日本で有名なメッセージングアプリ『LINE』がその監視対象であることから、このスパイウェアの標的は日本のユーザーであると推測できる」と指摘。今後、Skygofreeをインストールさせようとする偽サイトが作成される可能性があるとして、日本のユーザーに気を付けるよう呼び掛けている。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

ローソンが「低糖質コンビニ」に込める狙い | コンビニ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準ローソンは1月16日から40日間、期間限定で健康関連商品に特化した実験店舗「ローソンMC FOREST(エムシーフォレスト)店」を三菱商事ビル(東京都千代田区)の1階で展開する。
同店には管理栄養士の資格を持つ店長がおり、商品選びや食生活の相談に乗ってもらえるほか、糖質からできる老化物質を指先で測定できる機器「AGEs(エージーイー)」も設置されている。

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

刑法犯、昨年91.5万件=3年連続で最少更新―誘拐や詐欺など増加・警察庁 (時事通信) – Yahoo!ニュース 警察庁の担当者は「官民一体となった犯罪抑止への取り組みのほか、住宅や自動車のセキュリティー向上、ドライブレコーダーを含む防犯カメラの増加などが功を奏したためではないか」と分析している。
 罪種別では、全体の7割以上を占める窃盗が前年比6万7607件減の65万5541件、強盗も同480件減の1852件だった。13年以降の過去5年間でそれぞれ窃盗が約33%、強盗も約44%の大幅減となった。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

重い地元負担…復興借金、いまだ4386億円 東日本被災地は地元負担ゼロ「不公平」の声も (神戸新聞NEXT) – Yahoo!ニュース 収支不足が1120億円に達した2008年度からは、職員の給与や定数削減など11年間の行財政構造改革(行革)に着手。18年度には、震災後初めて収支不足を解消する見通しだが、震災関連の借金残高は4386億円(16年度決算)。将来の借金負担の重さを示す将来負担比率は324・7%(同)と都道府県別で10年連続のワーストとなり、「すぐに脱するめどは立たない」(県財政課)とする。
阪神・淡路大震災から23年 「あの日」を胸に祈りの朝 (神戸新聞NEXT) – Yahoo!ニュース 命と触れ合う17日の朝は雨で明けた。6434人が亡くなり、3人が行方不明となった阪神・淡路大震災から丸23年。発生時刻の午前5時46分に合わせ、被災各地で追悼行事が営まれた。神戸市内では昨年、犠牲者鎮魂のモニュメント2カ所が傷つけられる被害が発覚し、記憶継承の難しさが指摘された。自治体が賃貸で被災者に提供する「借り上げ復興住宅」は2018年度、20年の契約期限を迎える団地数がピークの60を数え、「終のすみか」と入居した高齢者が退去を迫られる問題も起きている。あの日凍えるような寒さの中、助け合い、声を掛け合い、共に泣き、励まし合った。生かされた私たちは原点に立ち戻り、次なる災害への備えを進めたい。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

<国交省>公用メール、1年で自動廃棄 政策検証が困難に (毎日新聞) – Yahoo!ニュース NPO法人「情報公開クリアリングハウス」の三木由希子理事長の話 メールが自動廃棄されれば、本来なら公文書として保存すべきものまで消えるのは確実だ。メールを選別して保存するには手間もかかるし、どのメールを保存するかの判断は個々の官僚の能力や意識、職場の文化によっても異なる。導入すべきは、重要なメールを確実に保存させるシステムと言える。国交省は森友学園問題に関するような都合の悪いメールを大量に廃棄してしまおうとしていると疑わざるを得ない。
続きを読む 今日のリンク