今日のリンク

草津白根山噴火 生かされぬ御嶽の教訓 周辺5町村、避難計画未整備 (産経新聞) – Yahoo!ニュース 23日に噴火した草津白根山の本白根山(群馬県)の周辺5町村で、噴火時に住民や観光客をどう逃がすかなどの避難計画がいずれも未整備だったことが24日、各自治体への取材で分かった。避難計画は、戦後最悪の火山災害となった平成26年の御嶽山(長野、岐阜両県)噴火を受けて国から策定が義務づけられているが、過去の教訓が十分に生かされていない現状が浮き彫りとなった。
 もっとも、この状態は全国でも同様だ。内閣府によると、28年度末時点で計画の策定を終えたのは、40市町村にとどまる。東大大学院総合防災情報研究センター長の田中淳教授(災害情報論)は「比較的噴火経験のない自治体も、特に想定外の噴火に備え、緊急避難的な対応を視野に入れて避難計画策定を急ぐべきだ。多数が関わる火山防災の枠組みには国や専門家の強い支援が必要」と指摘する。
続きを読む 今日のリンク