月食

今日のリンク

東西線の「はやりそうな駅」、2位は「神楽坂」 1位は……? – ITmedia ビジネスオンライン 東西線沿線に住む人が「これからはやりそう」と考える駅は、「門前仲町」が13.8%でトップ――不動産情報サービスのLIFULLの調査でこんな結果が出た。回答者からは「下町の雰囲気があり、通勤にも便利」「カフェなどができ、おしゃれな街に変わりつつある」などの意見が集まった。
2位は「神楽坂」、3位は「南砂町」
 4位以下は「妙典」「浦安」「日本橋」「西船橋」「大手町」「東陽町」――という結果だった。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

1月31日は皆既月食。ちょっと道具を揃えてスマホできれいに撮影してみよう! – Engadget 日本版今回の皆既月食の欠け始めは、20時48分より。21時51分に完全に欠けた皆既食となります。皆既食が終わり戻り始めるのが23時8分。食が終わりもとの姿に戻るのが0時12分頃になります。実に3時間半以上の長丁場ですので、寒さ対策はもとより、椅子などの休憩できる装備や暖かい飲み物なども用意しておきたいですね。
皆既月食を観察しよう 2018

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは? (ハフポスト日本版) – Yahoo!ニュース1位「手洗いをする」
2位「人混みに行かない」
3位「睡眠・休養をとる」
4位「予防注射(ワクチン)をうつ」
5位「加湿をする」
小中学生のワクチン集団接種 をやめたら、インフルエンザ で亡くなるお年寄りが増えた。なぜ? (ハフポスト日本版) – Yahoo!ニュース皮肉なことだが、日本では集団接種をやめた後に、初めて集団接種でもたらされる「社会の免疫」が実感されるようになり、一方で海外で集団接種に進めるきっかけになったのだ。

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

まだある! マンション「共用部」が超絶進化 (東洋経済オンライン) – Yahoo!ニュース 住友不動産やプレサンスコーポレーションのように、共用部には力を入れない、と最初から明言するデベロッパーもいる。専有部は購入した後でもおカネさえかければ、どれだけでも変えることはできる。だが、共用部は後から新たに作ることはほぼ不可能だ。金食い虫で負の遺産となるような共用部は問題外だが、ユニークな共用部はきっと生活を豊かにするはずだ。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

ギャンブルの「科学的必勝法」とは? – 東嶋和子(科学ジャーナリスト・筑波大学非常勤講師) <運は私たちのキャリアや人間関係全般にかかわっている。私たちは隠れた情報に対処したり不確実な状況もうまく切り抜けたりしなければならない。リスクと見返りのバランスを取る必要がある。楽観主義は確率と照らし合わせてみなければならない。>
完全無欠の賭け―科学がギャンブルを征服する | アダム クチャルスキー, 柴田 裕之 |本 | 通販 | Amazonギャンブルで儲け続ける科学者が、存在する!
宝くじ、ルーレット、競馬からポーカー、果てはサッカー、バスケなどのスポーツベッティングまで。
「運」に頼らず「科学」で勝つ、科学的攻略法の最前線。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

インフルエンザが大流行 患者数283万人、過去最多 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース インフルエンザが大流行している。厚生労働省が26日発表した全国約5千カ所の定点医療機関から報告された最新の1週間(15~21日)の患者数は、1医療機関あたり51・93人。前週から2倍近くに急増し、警報レベルの30人を大きく上回った。現在の調査方法となった1999年以降で最多という。

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

草津白根山噴火 生かされぬ御嶽の教訓 周辺5町村、避難計画未整備 (産経新聞) – Yahoo!ニュース 23日に噴火した草津白根山の本白根山(群馬県)の周辺5町村で、噴火時に住民や観光客をどう逃がすかなどの避難計画がいずれも未整備だったことが24日、各自治体への取材で分かった。避難計画は、戦後最悪の火山災害となった平成26年の御嶽山(長野、岐阜両県)噴火を受けて国から策定が義務づけられているが、過去の教訓が十分に生かされていない現状が浮き彫りとなった。
 もっとも、この状態は全国でも同様だ。内閣府によると、28年度末時点で計画の策定を終えたのは、40市町村にとどまる。東大大学院総合防災情報研究センター長の田中淳教授(災害情報論)は「比較的噴火経験のない自治体も、特に想定外の噴火に備え、緊急避難的な対応を視野に入れて避難計画策定を急ぐべきだ。多数が関わる火山防災の枠組みには国や専門家の強い支援が必要」と指摘する。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

<草津白根山噴火>気象庁ノーマーク まさに寝耳に水…  (毎日新聞) – Yahoo!ニュース 23日に噴火した群馬・長野県境の草津白根山の火口は、従来警戒を強めていた「湯釜」ではなく、気象庁が3000年間も噴火していないとみている2キロ南の「鏡池」付近だったと考えられる。火山活動の高まりを示す事前の現象もなく、まさに寝耳に水の災害。噴火警戒レベルは5段階で最も低い1(活火山であることに留意)としていた。それだけに気象庁も驚きを隠せない。死者・行方不明者63人という戦後最大の火山災害となった2014年9月の御嶽山(長野・岐阜県境)の噴火を契機に、「噴火速報」が導入されていたが発表できず、改めて火山監視の難しさを突きつけられた。【飯田和樹、荒木涼子、岡田英、千葉紀和】
殉職の自衛官は49歳陸曹長 草津白根山噴火 (産経新聞) – Yahoo!ニュース 隊員はスキー場で約30人がスキー訓練をしていた訓練予定だったコースが雪崩の危険で閉鎖されていたため、別のコースへ向かう途中に噴火が発生したという。

続きを読む 今日のリンク