今日のリンク

サインなしでもクレジットカードの利用は安全か?(森井昌克) – 個人 – Yahoo!ニュースクレジットカードの利用者にとって、不正利用された場合、一般にクレジットカード会社がその被害額を保証します。予めクレジットカード会社が被害を想定して保険をかけているのです。しかし被害額が大きくなれば、その保険料が多額になり、クレジットカード会社の業績に響いてきます。業績を上げるためにはクレジットカードの利用を促進することと、不正利用の被害額を抑え込むことが重要なのです。利用を促進するためには使い勝手を良くすることが希求されます。その第一歩がサインを廃止することによって利用者及び店側双方の手間を減らすことなのです。

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

映画『ダンケルク』を見れば分かる「福祉国家」誕生の秘密 (ダイヤモンド・オンライン) – Yahoo!ニュース しかし、国民に団結を求めることは国民の平等志向を刺激し、必然的に福祉国家のレールが敷かれることになったわけです。
 殺人という非人道的な行為を組織的かつ効率的に進める戦争と、病人や障害者、貧しい人の人権を保障する福祉国家。一見すると縁遠いように思うかもしれませんが、その草創期には「総力戦体制」というフィルターを通じて不思議な相性の良さを見せたのは事実であり、国民の団結を描いた『ダンケルク』にも一端を見ることができます。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

「やせたいなら肉と卵を食べなさい」予約が取れない運動指導者の代謝アップの10か条 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する そんな言い訳ばかりの方に朗報です! 食べ方関連の書籍を続々ヒットさせているダイエットのプロであり、モデルや女優からの信頼も厚い運動指導者の森拓郎さんに、本当に効果がある、「やせる食生活」を教えていただきました。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

2018年の「箱根駅伝」は足元が厚くて熱い!:日経ビジネスオンラインミズノの牙城にNIKEの刺客「超厚底」が
 今回の中継規模は、テレビカメラ82台・移動中継車2台・移動バイク4台・固定中継車13台・ヘリコプター2機・中継スタッフ約1000人というとてつもない規模の機材、スタッフを投入。聞くところによると、年末にダウンタウンの「絶対に笑ってはいけない」シリーズのために集められたカメラが、収録終了後は全て箱根駅伝に投入されるのだとか。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

年末年始の海外旅行で犯罪に巻き込まれないために – 小宮信夫 (立正大学文学部教授) (1/2) 例えば、絶景ポイントはどうだろう。そこにたどり着くのが容易なら「入りやすい場所」で、周囲に展望レストランなどがなければ「見えにくい場所」だ。しかし、幹線道路まで遠いなら「入りにくい場所」で、土産の売り子が多ければ「見えやすい場所」となる。その場の景色を見て、「入りやすさ」と「見えにくさ」という物差しで、今現在の危険性を測ることが必要なのである。
 こうした誘拐の手口は、強盗の場合も同じである。日本語の旅行ガイドブックを広げていると、日本から来た観光客であることが分かってしまう。さらに、歩きスマホをしていると、無防備であることをアピールするだけでなく、その場所の景色を無視しているので、二重の意味で、危険を呼び寄せてしまう。誘拐や強盗に遭わないための最強の武器は、景色の中で安全と危険を見分ける「景色解読力」なのである。
 次に、テロの第2のパターンについて考えよう。この場合は、最大の恐怖(テロ)を生むのが目的なので、その視点から、大量殺人が可能となる多数の人が集まる場所(ソフトターゲット)が選ばれることが多い。そこは、人々が集まりやすいので、当然「入りやすい場所」である。また、人が多すぎると、注意や関心が拡散し、「見えにくい場所」にもなる。言い換えれば、不特定多数の人が集まる場所は、「入りやすく見えにくい場所」なのである。
観光スポットや繁華街は、基本的にそうした場所である。もっとも、入場料が必要な場所、手荷物検査機が設置されている場所、一人ずつしか通れない場所などは、「入りにくい場所」になる。監視カメラが設置されていたり、警備員が配置されていたりすれば、少しは「見えやすい場所」になる。海外の監視カメラは、モニター室からリアルタイムで注視しているので、録画だけしている日本の監視カメラよりも心強い。
 観光スポットや繁華街で、車の暴走を防ぐには、自動昇降式ボラードが有効だが、どこにでもあるわけではない。一般論を言えば、車が入れない道を歩く、万一のときに逃げ込める路地やビルを確認しながら歩く、身動きが取りにくい群衆の中に入らない、レストランは入り口や窓から離れて座る、といった対策が有効だ。
 不特定多数の人が集まる場所では、スリや置き引き、痴漢も多い。強盗犯が不特定多数の人が集まる場所でターゲットを物色し、尾行を始めるかもしれない。「人が多いから安全」ではなく、「人が多いから危険」なのである。なぜなら、「人が多い場所」は、テロリストや犯罪者にとっては、「獲物がたくさんいる場所」にほかならないからだ。海外旅行には、パスポートや薬だけでなく、「景色解読力」も忘れずにお持ちください。

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

あおり運転「暴行罪」適用視野に捜査を指示、法制度上の課題も(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース 現在の法制度では、死傷者が出るまでに至っていない事故は危険運転致死傷罪の対象にならず、執拗なあおり運転などを直接的に規制する法律が存在しないということです。
あおり運転:暴行容疑で立件検討 警察庁が全国に指示 – 毎日新聞 警察庁によると、あおり運転を暴行容疑で適用した事例は集計していないという。しかし、あおり運転を巡る1975年の東京高裁判決は「交通上の危険につながることは明白で、刑法上、相手ドライバーに対する暴行罪にあたる」と判断している。
 このため、警察庁は今月12日、各都道府県警に対する文書で、同高裁判決を示すとともに、あおり運転の取り締まりの強化を指示。あおり運転をした後に、被害者を殴ったり脅迫したりした悪質なドライバーについては、刑法での立件とともに免許停止処分にすることも求めた。【川上晃弘】

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

コンピューターで全漢字使用可に 6万字コード化 | NHKニュースこのためIPA=情報処理推進機構は平成14年から、経済産業省とともに外字を含めたおよそ6万字の漢字1つ1つに、コードを割りつける作業を進めた結果、このほど15年越しでようやく完了し、国際規格として登録されました。
この結果「日本語の壁」の1つが取り払われ、外字が使われた名前を正確に表示できたり、地名を含むビッグデータを正確に分析できたりするなどの効果が期待されています。
IPAの田代秀一参与は「日本人にとって、名前は大事なアイデンティティーで、戸籍では尊重されているがコンピューターが追いついていなかった。文字を正確に扱えるようにすることは、今後ますます重要になる」と話しています。

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

出生数、2年連続の100万人割れ 自然減は過去最多:朝日新聞デジタル 2017年に国内で生まれた日本人の子どもは、前年より約3万6千人少ない94万1千人の見込みとなった。厚生労働省が22日に公表した人口動態統計の年間推計で分かった。100万人割れは2年連続で、統計を始めた1899年以降で最少となりそうだ。一方で死亡者は増え、出生数を引いた自然減は過去最多の40万3千人になる見通しだ。

続きを読む 今日のリンク