今日のリンク

<サイバー被害>五輪控え基準策定へ レベル0~5想定 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース 政府は、鉄道や電力、金融といった重要インフラがサイバー攻撃を受けた場合に、被害の「深刻度」に応じ、政府がどのような態勢で危機管理対応を行うかの目安となる基準を、来年3月に策定する方針を固めた。レベル0~5の6段階を想定し、一定のレベルで首相官邸に対策本部を設置するなどの対応を行う。政府内の各部署や民間企業、国民が事態の深刻性について共通の認識を持って対応できるようにする。
 米国も同様の6段階の基準を策定し、昨年公表した。危機レベル「5」では、「インフラ、政府の安定、米市民の生命が切迫した脅威にさらされている」事態を指す。「公衆衛生や国家の安全保障、対外関係、市民の自由に明らかな影響を与える可能性が高い」事態と定義されるレベル3以上なら、米国家安全保障局(NSA)が中心に対応する。
続きを読む 今日のリンク