今日のリンク

「謎水事件」日本システム企画社のNMRパイプテクター問題 – I_Yamamoto – Medium株式会社日本システム企画(以下、日本システム企画社)が販売している商品で、マンションなど集合住宅において水道管に外側から「NMRパイプテクター」と名付けられた装置を取り付けると、管の中の赤錆が黒錆に変わるため配管設備を更新しなくても数十年保たせることができる、という通称「謎水装置」と言われる機器が販売されています。


泉佐野市の除外決定、見直しを勧告…係争処理委(読売新聞オンライン) – Yahoo!ニュース 総務省の第三者機関「国地方係争処理委員会」は2日、ふるさと納税制度から外された大阪府泉佐野市からの審査申し出に関する会合を開き、市を除外した石田総務相の決定を見直して30日以内に結論を出すよう石田氏に勧告することを決めた。

菅長官「安全安心の確保を」…危険なバス停、全国調査へ(読売新聞オンライン) – Yahoo!ニュース 交差点のそばにバス停があるため、路線バスが停車中に横断歩道を塞いだり、道路を渡る歩行者が対向車の死角に入ったりする「危険なバス停」が各地に存在する問題で、国土交通省は、全国のバス事業者を対象に、事故の危険性の高いバス停があるかどうかを確認する調査に乗り出した。早急に報告を求めるという。

週刊ポストが「韓国は要らない」特集を謝罪。「誤解を広めかねず、配慮に欠けていた」(ハフポスト日本版) – Yahoo!ニュース9月2日発売の週刊誌「週刊ポスト」で「韓国なんて要らない」などと題する特集を掲載し、小学館から関わりのある作家らから「差別的だ」と批判を受けた問題で、発行元の小学館は「誤解を広めかねず、配慮に欠けていた」と謝罪した。ハフポスト日本版の取材に対し、メールで回答した。

国のキャッシュレスポイント還元PRサイト、「使えるお店一覧」から18万店を網羅した3608ページのPDFに飛ばす(ねとらぼ) – Yahoo!ニュース ポイント還元制度の公式サイトURLは「cashless.go.jp」という政府系ドメインで、運用は同事業の事務局業務を担当している「一般社団法人キャッシュレス推進協議会」(会長:鵜浦博夫NTT相談役)が行っているようです。同協議会は産官学の連携でキャッシュレス化を推進するとして2018年に設立され、7月末時点で368企業・団体が参加しています・

「京都芸術大学」名称めぐる争い法廷へ 市立芸大、使用差し止め求め造形芸大側を提訴(京都新聞) – Yahoo!ニュース 京都造形芸術大(京都市左京区)が大学名を「京都芸術大学」に変更する方針に対し、京都市立芸術大(西京区)が「混乱を招く」と反発している問題で、市立芸大が2日、京都造形芸術大を運営する学校法人瓜生山学園(左京区)を相手取り、「京都芸術大学」の名称使用差し止めを求めて大阪地裁に訴状を提出したことが分かった。

東日本大震災 津波で漂流、岩手の漁船が8年半ぶりに沖縄で発見(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 中城(なかぐすく)海上保安部(沖縄市)は2日、2011年3月の東日本大震災による津波で流された岩手県釜石市の漁船が、約1900キロ離れた沖縄県金武(きん)町の海岸で8年半ぶりに見つかったと発表した。

「秀吉から拝領」伝承の十字型洋剣、400年前に国内製造が判明(京都新聞) – Yahoo!ニュース 滋賀県甲賀市水口町の藤栄神社に伝わる十字形洋剣「水口レイピア」が、約400年前にヨーロッパ製のレイピア(細形洋剣)をモデルに国内で制作されていたことが分かった。水口歴史民俗資料館(同市)などが共同研究成果を3日の国際博物館会議(ICOM)京都大会で発表する。

現実を見ない「財政検証」が奪う定年後のラストチャンス:日経ビジネス電子版 結局のところ、できる限り働き、できる限り稼ぎ、なるべく若い世代に迷惑をかけないよう健康に留意すること。それでいてあまり長生きしないでほどほどにあの世にいけるくらい不健康に生活することも必要だってことを、国がご丁寧にケース分けまでして示してくれたということなのだろう。
 だが、「最後の仕事」という働き手の主観は、何ごとにも代えがたい財産となる。米国の心理学者、エリク・H・エリクソンが言うところの、「ジェネラティビティ(generativity)」だ。
 「次世代の価値を生み出す行為に積極的にかかわっていくこと」と定義されるジェネラティビティを、壮年期に受け入れることができた人は、創造性が高まり、自分の人生の居場所を得ることが可能になり、スムーズに人生の最終段階である成熟期を迎えることができる。

ドクター江部の糖尿病徒然日記  脂質摂取比率上昇、糖質摂取比率減少、糖尿病予備軍減少。こうなると、炭水化物摂取が減って脂質摂取が増えて、
糖尿病の激増に歯止めがかかったという事実は、
糖質制限食の影響の可能性がありえますね。(^^) 

4回戦でベンチッチに敗れた大坂なおみ ユーモアで爆笑を誘う – ライブドアニュース 次戦は地元・大阪で16日に開幕する東レ・パンパシフィック・オープンの予定。「正直に言うと、今はテニスをすることすら考えていない」と言った大坂だが、続くなおみ節で爆笑を誘った。
 「私が考えているのは、たこ焼きだけです。巨大なタコの看板の通りに行きたい。お好み焼きも食べたいです。食べ物のことだけ考えている」
 ニヤリと笑ってまさかの食い倒れ宣言だったが、その後は真顔に戻り「ほんの冗談よ。大阪は久しぶり。たくさんの人が来てくれることを願っています」と、応援を呼びかけた。敗戦直後に、このユーモア。精神的な成長を証明する一場面と言えるのかもしれない。

敗戦74年の夏の終わりに思う〜疾(やま)しき沈黙に水をさす言葉を〜 (1/2) 父のとった態度が含む問題は、「昨日までの敵にぺこぺこする人間としての卑しさ」という「一般的道徳」の問題だけではない。肝要なのは、こうした思想的転換を精神的な苦悩や葛藤を全く生み出すことなく成し遂げ、様々なイデオロギー的な衝突をすべて瞬時に「棚上げ」にすることができる、その精神構造である。そして、これは「忖度と萎縮による沈黙」と、コインの裏表の関係にあるだろう。

週刊ポスト「韓国なんて要らない」特集に作家らが批判の声2日発売の同誌では「韓国なんて要らない」と題した特集を展開。軍事、経済といったテーマの記事のほか、「怒りを抑えられない『韓国人という病理』10人に1人は治療が必要(大韓神経精神医学会)」という内容の記事も見られた(追記:この記事について後に謝罪)。

Amazonの偽レビューや偽値下げ・偽セールを簡単に見破る2つの方法:世永玲生の電網マイノリティ – Engadget 日本版
サクラチェッカー | やらせ・サクラレビューを見抜けるレビューチェックシステム
ReviewMeta.com Review Analyzer – Chrome Web Store

日本が世界トップの論文不正大国になってしまった理由 | ニュース3面鏡 | ダイヤモンド・オンライン「このままだと、スコアやランキングに頼る構造は過熱していくでしょう。日本では研究内容を理解していない文系出身の官僚が予算だけつけて、『さあ結果を出せ』と迫ってくる。理系の官僚が少ないため、科学の視点が政策などに入らないのです。だから、短絡的に数値指標を重視する場面が増えてくる。海外では、理系の博士号取得者が省庁のトップや首相にまで出世できる仕組みがあります。そこも、海外と日本の構造的かつ決定的な違いです」

コメントを残す