今日のリンク

「レベル感の違いがすごい」78歳のIT担当相が爆誕→台湾の38歳天才プログラマーIT大臣が話題にカッコいいな、台湾…。
Yukihiro Matsumoto
@yukihiro_matz
オードリーは、18歳のときに独学でHaskellでPerl6コンパイラを書いた人なので、周囲の人が「天才プログラマー」と呼びたくなる気持ちもわかりますし、むしろこの人を「天才プログラマー」としなかったら誰を、という感じの人です。
入閣前から、オープンガバメントや政治の透明化に意欲を持ち、Webサイトを運営していました。自身も「政府が求めるものと、自分の研究テーマに重なるところがあった」と語っています。まさにIT担当大臣の適材適所ですね。
3つの“史上初”
タン氏が独学でプログラミングを始めたのは12歳の頃。IQ180とも推測される天才ですが、学校に馴染めず中学卒業前にドイツへ留学。学歴でいうと「中卒」の彼女を閣僚に抜擢した点でも、当時台湾国内で大きな驚きを呼びました。
そしてもうひとつ、性別適合手術を受けたトランスジェンダーでもあります。
史上最年少、史上初の中卒、そして史上初のトランスジェンダー――3つの“史上初”を持つ、まさに異色の経歴の閣僚です。
2019年1月には、米国の外交政策研究季刊誌『Foreign Policy』で「世界の頭脳100」に選出されました。
もちろん、彼女のような才能は特別。Twitterでは、こんな声もありました。「オードリー・タン氏はかなり特別で、探して見つかるレベルの人材ではないので、比べられる竹本大臣がお気の毒」

続きを読む 今日のリンク