今日のリンク

母追い詰める? 液体ミルクに「母乳は最良」表示義務、「傷つかないで」と医師(岡田有花) – 個人 – Yahoo!ニュース 母乳をあげられないと「母親失格だ」と自分を責める人もいる。森戸さんは、「母親の役割は授乳だけではない。抱っこしたりおむつを替えたり遊んだり……授乳以外にできることはたくさんある。母乳をあげられなかったと悩みすぎるのは、子供にとってもいいことではないと思う」とアドバイスする。

仏デモが過激化しシャンゼリゼで放火や略奪、約240人を拘束(ロイター) – Yahoo!ニュース[パリ 16日 ロイター] – フランスで16日、マクロン政権に抗議する黄色いベスト運動のデモが過激化し、パリのシャンゼリゼ大通りの銀行や店で放火や破壊行動、略奪が繰り広げられた。

笑う顔には当選来たる? =選挙写真6000枚分析-「候補者多いと得票増」拓大教授(時事通信) – Yahoo!ニュース一方、17年衆院選に立候補した新人464人を調べると、一つの選挙区で立候補者が多いほど笑顔度が得票につながる傾向が見られた。候補者2~3人の選挙区では無関係だったが、4人以上の場合、統計的な処理を施すと、同じ候補者が笑顔度0点から100点になった場合は得票率が数パーセント伸びる傾向が示された。

低調続く児相の臨検 児童の安全確保に二の足 保護者の反発も懸念(産経新聞) – Yahoo!ニュース 対応の遅れから幼い命が奪われる児童虐待事件が各地で相次ぐなか、児童相談所(児相)が裁判所の令状を受けて実施する、強制の立ち入り調査「臨検」の件数が平成20年度の導入以降10年間で、17件にとどまっていることが17日、分かった。臨検は児童の安全確保を最優先するための切り札とされるが、児相側は保護者の反発などのリスクを懸念して二の足を踏んでいるとみられ、与えられた権限が虐待児童の救出に活用されていないと言えそうだ。(村嶋和樹)

玄界灘に巨大シャチ。船に寄り添って泳ぎ、ジャンプを披露 | ハフポスト専門家によると、玄界灘でシャチが目撃されるのは珍しいという。

パチンコ業界から北朝鮮に金は流れているのか?・他にも警察がパチンコ業界の業界団体の主流派から北朝鮮系の財界人を追放したことなど他の要因もあるのだが、いずれにしろ「パチンコ業界から北朝鮮に資金が流れている」というのはもはや過去の話で、現在は当たらないだろう。
・北朝鮮への資金流出を警戒するならばむしろコインチェック 案件ではないが仮想通貨業界を警戒すべきように思う。
パチンコ利権 – 瀕死の業界に未来はあるのか? – | 宇佐美 典也 |本 | 通販 | Amazon「三店方式」めぐる「警察」と「ヤクザ」の歴史、「在日」と「北朝鮮」と「お金」の誤解と真実、凋落を招いた「AT機」と「MAX機」の大罪、「カジノ法案」と「ギャンブル依存症」の関係 ―― 元官僚でパチンコユーザーでもある著者が国、ホール、メーカーの利権争いにメスを入れ、〝グレー産業〟からの脱却を提言する!!
また、パチンコの明るい未来を語るべく、『ギャンブル依存症問題を考える会』代表・田中紀子氏と、AV女優で作家でもある紗倉まな氏との対談も掲載!
「この本ではさんざんパチンコ業界の問題点を指摘していくことになるわけだが、私としてはなんとかパチンコ業界の方々に、ユーザーにとっても業界にとっても持続可能な21世紀のビジネスのあり方を見つけてほしいと外部者ながら願っており、この本が彼らにとって何らかのヒントを与えられるものになれば誠に幸いである」(著者より)
序章 私とパチスロの出会い 〜AT機、ST機が生んだ破滅への道
第1章 パチンコ利権の構造 〜三店方式をめぐるヤクザ、そして警察との関係
第2章 パチンコと在日と北朝鮮 ~朝鮮総連の暗躍と日本人の誤解
第3章 パチンコ業界の病理 ~カジノ法案とギャンブル依存症
第4章 数字から見るパチンコ業界の凋落 ~大逆風に見舞われた21世紀
第5章 パチンコ業界はこれからどうすべきか ~〝グレー産業〟からの脱却を提言

独自通貨を持つ国はいくらでも借金できるとの理論は正しいのか MMT(Modern Monetary Theory、現代金融理論)と呼ばれる理論が注目を集めているそうである。
 MMTの提唱者の1人である、ニューヨーク州立大学のステファニー・ケルトン教授によると、ユーロという共通通貨があり、独自の通貨を持たないギリシャなどは、独自の判断で無制限の流動性供給を行うことはできない。それゆえデフォルトリスクがある。しかし、独自通貨を持つ米国のような国では、政府債務の増加がマクロ的な供給不足からインフレを起こすような場合でなければ、経済成長と雇用の増加が続いている限り、政府債務の増加自体は問題ないというのが、ケルトン教授の説明するMMTのコア部分だとか(3月8日のロイターの記事より)。
 これによってMMTに対して注目が集まり、FRBのパウエル議長は2月26日の議会証言で「自国通貨での借り入れが可能な国にとって赤字は問題でないという人もいるが、私は間違っていると思う」と明確に否定することになる。クルーグマン氏もMMTに対し「支離滅裂」と一蹴し、サマーズ氏もワシントン・ポストのコラムで新たな「ブードゥー経済学だ」と批判した(ロイター)。
 MMTの考え方が正しいとすれば無税国家が成立しうる。しかし、現在の日米の長期金利が低位安定しているのは、政府や中央銀行に対する信認があればこそである。その信認がいったん毀損すると市場は安定感を喪失することになる。信用は築くのはたいへんだが、いったん崩れると取り戻しが効かなくなる。ギリシャは自国通貨でなかったので危機が生じたのではなく、信認が毀損したために危機が起きたのである。

"墓じまい"樹木葬や海洋散骨など自然葬への関心高まる 遺族に迷惑がかかることも – (1/3)|ニフティニュース墓選びが多様化し、海や山などへの遺骨や樹木葬など自然葬への関心も高まっている
海洋散骨は、天候によって船が出航できないこともあり、親族が長時間待機することも
都内の樹林墓地は人気があり、何百体もの遺骨を一緒に納骨することもあるそう

コメントを残す