今日のリンク

東京大空襲から74年、あの夜何が いちから学ぶQ&A 一晩で首都が焦土に…100万人が家失う(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュースQ 東京大空襲はいつ起きたの?
 A 1945年3月10日未明、東京の下町一帯が米軍の空襲を受けて、すさまじい火災が起きた。東京は42年から45年まで約130回の空襲を受けたが、この日の被害が最もひどい。だから、この日が「東京大空襲」と呼ばれている。
 Q どんな様子だったの?
 A 作家の早乙女勝元さんらがつくった「東京空襲を記録する会」の資料などによると、米軍の爆撃機B29約300機が、上空から炎をあげて火災を起こす「焼夷(しょうい)弾」約1700トン分を2時間半、落とし続けた。現在の墨田、江東、台東区はほぼ壊滅した。東京全体で27万棟が焼けて、約100万人が家を失った。
 Q 何人亡くなったの?
 A 東京都の戦災誌では約8万3千人とされている。ただ、川に飛び込んで亡くなり、海に流された人など、確認できない死者がもっといるかもしれないんだ。早乙女さんたちの資料は、墨田区の都慰霊堂にある遺骨の数などから「推定10万人」としている。子どもやお年寄り、女性がたくさん亡くなった。
続きを読む 今日のリンク