今日のリンク

一流大学行く価値あるか?ないかも | The Wall Street Journal発 | ダイヤモンド・オンライン エリート大学出身であることが将来の収入にほぼ響かないのであれば、そのどれかに子供を押し込もうと多額の金を費やし、不安にさいなまれるのは理不尽なのではないか。あるいは単に親が経済以外の要因に重きを置くことも一因かもしれない。例えばパーティーで自慢話ができるとか、子供が特定の社会集団の中で結婚相手を見つけるチャンスがあるとかいうことだ。
 そうした大学に入学するのは、宝くじを買うのにも似ている。ビジネスや政治の世界でトップに上り詰める可能性は常にかなり低いが、もし未来のフォーチュン500企業経営者や米大統領と同じ大学の寮にいたとなれば、その可能性が少しは高まるかもしれない。
 ただ、富裕層の利点ばかりに目を奪われると全体像を見失うだろう。デール・クルーガー両氏は次のような事実にも気づいた。アフリカ系米国人やヒスパニックの学生と、両親が大学卒ではない学生は、一流大学に通ったことで実際に収入が大きく伸びていた。それは恐らく、他の方法では得がたい貴重な人脈を広げるチャンスに恵まれたためだと両氏は分析している。
続きを読む 今日のリンク