今日のリンク

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ららぽーと豊洲の緋寒桜と雀

大リーグ夢見て15歳から磨いた菊池の英語力:日経ビジネスオンライン スポーツにおけるグローバル化とは、単に国際感覚を磨くことではない。もちろんそれも大事なことだが、その本質は、戦う相手を知ることにある。そして、そうした思考や経験がアスリートとしての自信を深めることになっていく。
 だからこそ語学が必要になるのだ。

直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 阪神大震災の直前、神戸市東灘区の自宅敷地に「胸騒ぎ」を感じて井戸を掘った男性がいる。1944年と46年に相次いだ南海トラフ地震を疎開先の和歌山県で体験した大島太郎さん(92)。家の補強や食糧備蓄も怠らず、井戸は当時、断水に見舞われた地域の人を助けた。毎年、地元自治会で講演し、将来の南海トラフ地震について「今できるのは備えです」と呼びかける。

「100%PKだったと思う」日本の第2戦、主審の判定に海外メディアもオマーン監督も疑問符|アジア杯(SOCCER DIGEST Web) – Yahoo!ニュース そしてハーフタイム直前、長友佑都の“ハンドブロック”でシュートを防がれたオマーンが主審によってペナルティを否定された際、オマーンは穏やかでいられるはずもなかった。試合後に、オマーンのピム監督は『100%ペナルティだったと確信している。日本のようなチームに対しては運も必要だが、我々は何も得られなかった』と語っている。

悪趣味な地下鉄駅改修案に府民仰天、大阪メトロ迷走に批判殺到(ダイヤモンド・オンライン) – Yahoo!ニュース 立命館大学教授の岸政彦さんと作家の柴崎友香さんは、リニューアル案は「私たちが慣れ親しんだ、あのレトロな、かわいらしい、落ち着きのある大阪の地下鉄の駅とは懸け離れた、安っぽい、派手な、悪趣味な、そして駅のある場所とはむしろつながりの薄いデザイン」であるとして、インターネット上で反対署名を開始。12月22日から25日まで、わずか3日間で2万人近い署名が集まった。

市原悦子さん 希林さん最後の主演映画「あん」で親友役 ファン沈痛「今観たら、号泣」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース テレビドラマ「家政婦は見た!」シリーズなどで人気を博した女優の市原悦子(いちはら・えつこ、本名塩見悦子=しおみ・えつこ)さんが12日午後1時31分、心不全のため東京都内の病院で死去した。82歳。千葉市出身。

梅原猛さん死去 イデオロギーを嫌い、学問を愛した人生(毎日新聞) – Yahoo!ニュース
哲学者の梅原猛さんが死去 93歳 文化勲章受章 – 毎日新聞 日本古代史への大胆な仮説や「森の文化」の復権を唱え、日本文化や現代文明の在り方を問い続けてきた哲学者で文化勲章受章者、国際日本文化研究センター顧問の梅原猛(うめはら・たけし)さんが12日、肺炎のため京都市の自宅で亡くなった。93歳。葬儀は近親者のみで15日に営む。後日、お別れの会を開く予定。

本当は学校に行きたくない…“隠れ不登校”の実態(読売新聞(ヨミウリオンライン)) – Yahoo!ニュース 「登校しても教室には入らない」「教室にはいるが、授業に参加していない」――。学校に通ってはいるものの、居心地が悪い、授業がつまらないなどの理由で苦痛を感じている「不登校傾向」の子どもたちの実態が、日本財団の調査で明らかになった。こうした傾向を持つ中学生の数は、文部科学省が定義する「不登校」の生徒の約3倍に上るという。このデータは何を意味するのか。調査を行った日本財団職員の枡方瑞恵さんが解説する。

政府、顔認証システム導入へ 2月の陛下ご在位30年式典で初実施(産経新聞) – Yahoo!ニュース 政府が2月24日に開催する天皇陛下ご在位30年記念式典で、会場の参列者と事前登録した顔写真を自動照合する顔認証システムを導入することが13日、分かった。政府主催の行事での導入は初めて。世界最高水準の日本の顔認証システムを活用することで、入場時の大幅な時間短縮だけではなく、参列者になりすました侵入者を防ぐテロ対策の柱にしたい考えだ。

小学4年生へ検診→受動喫煙が激減 「保護者が禁煙する動機に」 埼玉・熊谷市(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 熊谷市の取り組みを他の自治体も評価する。群馬県太田市は熊谷市の検診を応用し、3歳児検診での実施を検討中。千葉県君津市も、効果的な施策として近く導入する予定だ。子どもの受動喫煙に詳しい鈴木修一・国立病院機構下志津病院小児科医長は「検診は保護者が禁煙する動機になっている。通常の検尿で調べることができ負担も少ない。他の自治体でも取り組んでいくべきだ」と話している。【斎藤義彦】

指定避難所の38%が浸水想定域 豪雨時 東京23区は5割(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 全国20政令市と東京23区で、災害後に被災者が避難生活を送る指定避難所(指定予定も含む)の38%が洪水の浸水想定区域にあることが、毎日新聞の取材で分かった。大阪市は淀川や大和川の氾濫で8割超が浸水する可能性があり、東京23区も海抜ゼロメートル地帯が広がる東部を中心に5割が浸水想定域にあった。多くの自治体は浸水被害後の避難生活先の確保を課題とし、他自治体への広域避難の検討に乗り出している。
 国は温暖化による水害の激甚化に対応するため2015年に水防法を改正し、想定最大規模(1000年に1度の降雨量)の浸水想定域を公表するよう定めた。以前は100~200年に1度の雨で想定していた。
 毎日新聞が指定避難所の状況を自治体へのアンケートで調べると、想定最大規模の豪雨の場合、新潟市は7割の避難所が信濃川など複数河川の浸水想定域にあり、川崎市も7割近くが多摩川などの氾濫で浸水する想定だった。この他、浸水想定域にある避難所は、京都市が5割、さいたま、名古屋、浜松、熊本の4市が4割だった。
 東京23区では、足立、葛飾両区が全て▽荒川、江戸川、墨田の3区は9割超▽江東、台東、中央の3区は8割超――に達した。

スマホゲームで位置把握か 捜査にGPS利用可能性(共同通信) – Yahoo!ニュース 捜査当局がスマホゲームの運営会社を通じ、GPS機能を使って事件関係者の位置情報を取得している可能性が高いことが13日、分かった。検察の内部文書に取得方法を示した記載があり、当局が捜査上必要な場合に企業などに令状を示さず報告を求める手続き「捜査関係事項照会」で取得できるとされていた。

三角関数「生きるのに必要ない」「絶対いる」で議論沸騰(LIMO) – Yahoo!ニュース「役に立つ」とわかっていることだけを行うことが、これからの教育のスタンダードとなってしまうのでしょうか。教育に実用性をどこまで求めるのか、今一度、問い直したいテーマです。

コメントを残す