今日のリンク

「テクノロジーナショナリズム」はサイバー攻撃者を利するだけ。透明性向上による信頼関係の再構築を | 広告企画 | ダイヤモンド・オンライン「国家間の対立が深まり、協力関係が失われれば、国境を越えて暗躍するサイバー犯罪者を利することになる」。そう警鐘を鳴らすのは、世界中の政府や民間企業に高度なセキュリティソリューションを提供するKaspersky Lab(以下、カスペルスキー)パブリックアフェアーズ担当バイスプレジデントのアントン・シンガリョーフ氏だ。同社は、各国の政府機関や企業がセキュリティソリューション企業に対して抱く疑念を払しょくするため、ユーザーから収集した脅威に関するデータを処理する施設をスイスに移転し、加えて製品のソースコードを規制当局に公開するなど、透明性向上への取り組みを開始した。その経緯と、取り組みの進捗状況について聞いた。
続きを読む 今日のリンク