今日のリンク

日経平均、2万円割れ=米株安で約1年3カ月ぶり(時事通信) – Yahoo!ニュース 24日の米国株式市場では、同国政府機関の一部閉鎖が長期化する可能性が浮上したことなどで投資家心理が冷え込み、ダウ工業株30種平均が大幅続落。東京市場でも、投資家が保有する株式を処分する見切り売りが続いている。

webページからのメッセージという画面を消す方法。 – マイクロソフト コミュニティタスクマネジャでiexplore.exeのプロセスを終了する。
そのサイトを制限付きサイトゾーンに登録すると、そのメッセージは出ない。

通信機器の不正検知、開発へ…「振る舞い監視」(読売新聞) – Yahoo!ニュース 政府機関の情報通信機器に不正なプログラムなどが組み込まれていないか検知するため、政府は来年度から新技術の研究開発に乗り出す方針を固めた。機器の製造工程が複数の国にまたがり複雑化する中、不正なプログラムが仕込まれる可能性は否定できず、検知技術の開発が急務と判断した。

エスカレーターの「片側空け」に見直し論 鉄道事業者呼びかけも賛否の声(毎日新聞) – Yahoo!ニュース エスカレーターの片側を歩く人のために空ける習慣を見直してもらおうと、全国の鉄道事業者などが呼びかけを本格化させている。片側を歩く人との接触事故が後を絶たないほか、半身まひなどで手が動く側でしか手すりがつかめない利用者もいるためだ。しかし、片側空けの習慣は定着しており、利用者側に呼びかけが浸透するかは不透明だ。

ネットを駆使し、奨学金も調達――海外の名門大学目指す「いまどき」の若者 – Yahoo!ニュース日本の高校からハーバード大学、プリンストン大学へ――。近年は帰国子女や経済力のある家庭の子どもだけでなく、留学経験のない人や地方の高校生も海外名門大学へ羽ばたいている。海外留学で壁になりがちな「お金」と「情報」。種類が増えてきた奨学金を活用し、ネットを駆使して情報を集めることで、障壁を自らクリアした若者たちがいる。(ジャーナリスト・秋山千佳/Yahoo!ニュース 特集編集部)

茅ケ崎沖海底にプラごみ堆積 横浜の写真家ら発見(カナロコ by 神奈川新聞) – Yahoo!ニュース 神奈川県茅ケ崎市の沖合約1キロの海底に大量のプラスチックごみが堆積しているのを、写真家の豊田直之さん(59)=横浜市港北区=らが見つけた。豊田さんはごみは相模川などから流れ出て海中を漂い、海流によって運ばれたとみており、「“ごみの巣窟”は海底に数え切れないほどあるのでは」と指摘している。

出土品急増で収蔵庫パンク寸前、廊下も置き場に ホテル開発ラッシュの京都(京都新聞) – Yahoo!ニュース 京都市内で近年急増している埋蔵文化財の発掘調査に伴い、出土品の収蔵庫が容量超えになる懸念が高まっている。保管する遺物を絞り、施設内の廊下を置き場にして急場をしのいでいるが、収容可能なスペースの使用率は9割を超える。温度・湿度の管理など機能性や、耐震性に課題を抱える現状もある。

気づけば、「弱者切り捨て」が一層進んだ2018年:日経ビジネスオンライン希薄化する「共感」や「うしろめたさ」

各国で続く測位衛星の打ち上げ。米国依存からの脱却目指す – Engadget 日本版かいつまんで言えば、世界は1つのシステム(GPS)から、おそらく7つのシステムに移行したのだ。中国のメーカーは、GPS、GLONASS、そしてBeidouを1つのチップに実装することを促進しているが、それは中国という国家規模でしか成立しないだろう。たとえば日本では、スマートフォン市場は飽和状態にあり、人口は中国の10分の1にも満たない。そのため、価格を下げるために必要な量産効果は見いだせない。同じ理由で、英国ではさらに厳しいだろいう。
理論的には、1つの測位チップを、それらのさまざまなシステムすべてに対応するように設計することは可能だ。しかし、特にGLONASSとBeidouに関しては、米国の国家安全保障法に抵触する可能性がある。つまり、インターネットが異質な極に分断されているのと同様に、スマートフォンの測位チップも、そうした地域ごとの市場に対応するため、細分化を余儀なくされることが、すぐに明らかになるだろう。それは最終的には、消費者にとって、より高い価格を意味し、製造業者にとっては、より厳しいサプライチェーンを意味することになるのだ。

人類は小麦に騙されていた!?人類が小麦の奴隷に至るまでの漫画がめっちゃ分かりやすい – Togetter

【南青山児相】南青山の住人「町内会の人は満場一致で賛成。反対してるのは青山に住んでない人…」南青山児童相談所の建設の件、その町の人とお話したら
「町内会の人は満場一致で賛成でした」とのこと。
古い人も新しい人もみんな賛成だったそうで。
「え、そんじゃ誰があんなコト言ってるんですか?」
と尋ねたら
「それが、実は青山に住んでない人なんですよ」
みたいな怖い話だった。

縄文人に「上下意識」があまりなかった理由 | 平成の終わりに縄文愛を叫ぶ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

性暴力の大罪を犯す腐敗国家が滅びない真因 | アフリカ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準国連の弱腰姿勢にノーベル賞医師が怒り心頭
コンゴやルワンダの無責任な国家元首の招聘や政府開発援助を通して、市民の税金が間接的に紛争下の性暴力を助長している実態に向き合い、日本人のわれわれも「無関心であることにノーと言うべき」(ムクウェゲ医師)だろう。

コメントを残す